↓↓続編リンク↓↓

27: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/26 00:15 ID:???
>>983 前スレの続き
青木「そんなの無理ですよ」
青木「だって何時でも良いと言ってたじゃないですか」
男「お前が1週間とか言うからだ ずうずうしいにも程がある」
男「俺が待ってやると言えば別だがな」
男「おう お前なめとんのか とりあえず借用書を書けや」
なんと青木さんは 脅されて借用書を書いたらしい
男「この借用書を何処に回すかな 場合によっては お前腎臓を1つ取られるぞ」
青木「そんな勘弁してくださいよ」
男「なら俺の知合いの所で1月働けや 借金はチャラで+20万だ」
そんな理由で青木さんは来たのだった

【また明日書きます】
おやすみなさい



スポンサーリンク

62: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/26 21:41 ID:???
>>27の続き
結局青木さんの給料は
給料330000円
税金10%-33000=297000円
部屋代2000X30=60000円
食事代2000X30=60000円
作業道具及び作業着レンタル500x27=13500
寮雑費10000円
残153500円
購入費150000円
給料残 3500円
欠勤-150000円
貸し付け金-100000円
貸し付け金利子 10日X3=30000円
パーティ費用-40000円
トータル-316500円
これはあくまでも予想金額ですが 詳しくは見てません
ちらっと見せて貰いましたが・・・・・・・・
青木さんは自分の借金-10万と購入費-15万円でも5万は残ると思ったらしい

そして給料日当日 また紛らわしいパーティの日でもあるのだ

65: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/26 21:46 ID:???
そしてパーティが始まる・・・・・・・・・
なんと今日は寿司&焼酎を持ってきたらしい(あてにはしてないが)
そして 驚く事に女性は20代の女性が来るそうだ
極楽浄土おばさんで痛い目にあったので 信用できないが・・・・・
聞く所によるとFカップだそうだ(聞いてはないがDQNが勝手に喋る)
Fカップと聞いたらみんなの目の色が違う(やっぱりみんな男なんだ)
そしてDQNと女が登場 みんな一同におお〜と歓喜をあげる
そこには 今くるよを20歳位若くした女が立っていた
みんなの目はFカップに釘つけだ 僕は思ったがFで若いならなんでも良いのだろうか
84: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/26 23:15 ID:???
そして・・・・・・・
DQNが吐き捨てる おまえ等高級寿司だ 感謝しろよ
でも 寿司を見れば 変色した回る寿司よりお粗末な代物だ
でもみんな 久々の御馳走に心が踊るみたいでした

ここで事件発生(事件と言う程大袈裟なものでもないが)笑
ウニとィクラが3個ずつあったのだが 鈴木さんがウニを2個一気に食べた
そして鈴木さんがィクラに手をかけた瞬間に
山「おい鈴木 お前だけ美味しい物を食べるな」
鈴木「ば〜か 早いもの勝ちだ 遅い癖にガタガタ言うなよ」
山さんが 飲んでた焼酎を鈴木さんにぶっ掛ける
鈴木「山 お前表に出ろ」
川口「お前等 いい加減にしろよ 今日は楽しい宴会だろ」
川口さんの一言でみんな大人しくなる
宴も後半に突入した 飲んだ後の次の感心は女だ
鈴木さんが先陣を切ったのですが・・・・・・・・5分後

86: 私事ですが名無しです 04/05/26 23:17 ID:???
ィクラとウニは高級品なのか。
なんか、食べ物を奪い合う家庭で育った人みたい。
89: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/26 23:21 ID:???
>>86
この飯場では超高級品ですから(笑
過去ログを読めばわかると思います
109: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/27 00:08 ID:???
女「きゃ〜なにこれ あんたダメダメできないよ」
鈴木「そんな事言うな 付けるから」
女「ダメなものはダメ 気持悪い」
鈴木「なんだと 気持悪いだと・・・・・」
女「誰か来てよ」
僕が行ってみると 陰ぶを丸出しにした鈴木さんが・・・・・
その陰ぶを見て天を仰いだ・・・おおぉなんと言う事だ
その陰ぶを見てみると(紅天狗茸とマイタケをMIX)したみたいな代物が

参照 紅天狗茸
http://www.gingin.ne.jp/ng/g_data/uploaded_file120010721152620.jpg

その後にみんなにボロクソに
一同「お前病気 無理 お前やったら俺達まで移るだろ」

今日は忙しかったのであまし書けませんでした
【明日に続く】

112: 私事ですが名無しです 04/05/27 00:10 ID:3+dqN2p8
お疲れ様でした。
719: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/29 21:09 ID:???
そして宴は過ぎていく ・・・・・そして

久々の女にみんな獣のように雄叫びを ぐぉぅ はうっ んが〜
デラ・ベッピンンンン(←これはネタだがまた叩きの材料になるか)笑
流石に若い巨乳の女だ みんなは秒刹された
青木さんは侵入の前に暴発したみたいだ

みんなが秒刹されたので女は 此方の方へ
Fカップの女「お兄さんも来てよ」
僕「ぼ、僕は遠慮します」
Fカップの女「あら どうして 好きにしていいのよ」
うう・・ 好きにしてといわれても 動揺を隠せない僕
平常を装ってたが 目の前でプルプルとたわわに揺れるのを見ていたら
僕は心の中でこれは緊急非難だから・・・と 心に言い聞かせる
これこからの事はご想像にまかせるが・・・・・・・・・・・・・
行為の前と その時は良いのだが 後ですごい後悔が残るし 覚める
これは男の永遠の課題だろう 

734: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/29 21:58 ID:???
宴は終了したが 庄田さんが元気ない 20代の女も抱かなかったみたいだ
山さんに聞い話しだと この前のパーティは極楽浄土おばさんと2回戦頑張ったそうだ
部類の女好きだった庄田さんが 何故?
そう言えば最近 突然笑い出したり ボソボソ一人事を言う
そして夜中に 絶対許さんと 寝言を
僕は気になったので直接聞いてみる事にした
僕「庄田さん どうしたんですか?女も抱かなったそうですね」
庄田「ああ」
僕「聞かせてもらえませんか 力になれるかも」
庄田さんは半泣きの顔になり 語りはじめた
庄田「この体を見てくれ これで女が抱けるか?気持悪いと言われるだけだ」
見てみると無数に刺された傷跡がある
普通は月日が経過すると消える筈なんだが?
 稀に消えない体質の人 刺された虫により消えない事もあるのか
736: 私事ですが名無しです 04/05/29 22:00 ID:???
庄田さん意外とシャイ
737: 私事ですが名無しです 04/05/29 22:01 ID:???
何となくわかるな。
見に覚えのある事でつくった傷なら、開き直れるかも知れないが、
あの経緯だけに、自分でも受け容れられないでいるんだろう。
753: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/29 23:22 ID:???
>>734の続き
庄田「笑ってくれよ こんな体に もう俺の人生は終わりだろ」
庄田「だから俺は 毎日復讐をするのを楽しみに生きている」
庄田「近じか小林(DQN)を刹る」
庄田「その時はおまえさんも自由だ」
その方法を 庄田さんは熱く語りはじめた
庄田「ボウガンみないな物を作るんだ」
僕「はぁ?なんですかそれ」
庄田「引きがねを引くと刺さるヤツ 竹とゴムで作るんだ」
庄田「それであいつの股間を狙う 見事に命中したら玉が潰れる
庄田「それがダメならば もう1つの方法を考えてる」
僕「もう1つですか」
庄田「今度鍋を要望する 有料だが餅も頼む」
僕「はぁ?餅を頼んでどうするんですか」
一体何を考えてるんだろうか?餅をなんに使う さっきのボウガンも無理な話だ
757: 私事ですが名無しです 04/05/29 23:24 ID:???
餅を喉に詰まらせてやる作戦か
やるなぶらイト
762: 私事ですが名無しです 04/05/29 23:32 ID:???
鳥もちでDQNを動かせなくする作戦だな。
やるなぶらイト
768: 私事ですが名無しです 04/05/29 23:35 ID:???
結局憎しみは憎しみでしか癒せないのか・・・・・
777: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/30 00:04 ID:???
>>753の続き
庄田「鍋を始めたら 鈴木が暴れてる等と 適当な事を言って小林を呼ぶ」
庄田小林が入ってきたと同時に この鍋を小林の頭からぶっ掛ける」
庄田「ヤツはまともに目も開けられない筈だ」
庄田「溶けた餅は熱を含んで 体に張りつく
庄田「怯んだところで鉄パイプでメッタ打ちだ その後で木に括る」
庄田「そして油をかけて火をつけるんだ ははははは」
庄田「丸焼きだぞ 丸焼き くくくっ」

なんと言う恐ろしい事を 人間は復讐の為なら鬼になれるのか
庄田さんは DQNをなぐってこんな事態になったのだが
あれだけの事をされたのだから 気持はわかるが・・・・・・・
(現場で働く人間は気が荒い ハン罪に手を染めるのも珍しくない)
(よく現場で刃傷沙汰が多いのも実態だ)

【明日に続く】
明日は用事があるので少し遅くなるかも、でも書きますのでよろしく
おやすみなさい

778: 私事ですが名無しです 04/05/30 00:08 ID:???
乙です〜 いい感じで毒男的妄想来てますな庄田氏。
またよろしくっす
780: 私事ですが名無しです 04/05/30 00:13 ID:???
庄田さんすげぇ
781: 私事ですが名無しです 04/05/30 00:15 ID:???
庄田やるな。
858: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/30 23:51 ID:???
>>777の続き
その後・・・・・・・・・・・
川口さんが来てから少し 待遇が良くなった気がする
以前は塩湯に葉っぱを入れただけのスープも 普通の味噌汁に
(どうして塩湯なのか?飯場では塩分補強の必要があるからだそうだ)
本当に塩だけの湯は勘弁して欲しい すごく不味い

(どんな味なのか?試してみて欲しい)

女も極楽みたいなおばさんではないし なにかがかわりつつある
(極楽おばさんは倒れたらしい 聞いた話では)
僕は川口さんに意見を求めてみる
僕「最近待遇が 少し良くなったみたいなんですよ」
川口「その他に変化はあるか?」
僕「そう言えば100キロの男はみないし 監督も交代しました」
僕「以前はヤクザ風の男だったが 普通のおじさんみたいな人です」
なにかがかわる・・・・・・・・・・
川口「そうか人が代り そして居なくなるのか」
川口「それは上層部変化があるのかもしれないな」
僕「上層部に変化ですか?」

860: 私事ですが名無しです 04/05/30 23:53 ID:???
新展開キタ━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━ッ!!
864: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/31 00:09 ID:???
>>858の続き
川口「そうだ 多分組織の勢力が弱くなってるのかも知れない」
聞いた話だと 上の組の引退とか 破門で力は弱くなるらしい
丁度この頃に バブル崩壊 暴対法ができたみたいだ
(その頃はそんな話とか知らないが 今思えば納得できる)
川口「出るなら今か 最低でも10月の半ば頃までに決行しないとな」
僕「そうですね 冬がくる前になんとかしたいです」
明日休みと言う事もあり 川口さんと語り明かした
そして休みの日だ・・・・・・・
1日寝ていたい所だが 朝からDQNがやってきた
DQN「お前等 変な相談してるんじゃねえぞ」
DQN「今後変な動きをしたら お前等の小屋の前に監視所を作る」
DQN「勿論お前等が 日曜日に制作する」

もう限界です【明日に続く】
(´・ω・`)カ、カスですか・・・・・・・

865: 私事ですが名無しです 04/05/31 00:15 ID:???
1さん、乙
ヴァカは気にせずにこれからも書いてください
続き期待してますよー♪
866: 私事ですが名無しです 04/05/31 00:16 ID:???
乙〜 何やら相談してるのを聞かれたってことなの?
867: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/31 00:22 ID:???
>>865
ありがとうございます
>>866
続きに書きますので

みなさんおやすみなさい

870: 私事ですが名無しです 04/05/31 00:32 ID:???
1さん
お疲れです

また、明日、続きお願いします。
おやすみなさい
ゆっくり休んでください。

957: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/31 21:27 ID:???
川口「くっ無駄な事をさせるんだな 俺等が逃げるとでも言うのか」
DQN「文句を言うな お前態度悪いから よし今から作れ 午後にくる」
川口「仕方ねぇ おまえ等はまず木を伐採してくれ」
川口「それと 鈴木はどうした?」
山「あの糞馬鹿 飲んだくれて寝てるぞ」
第6の男「奴さんはいい気なもんさ 小林から酒を貰ってたし」
第6の男「2人でニコニコ話してたからな」
川口「俺達の事をチクリ入れたのはヤツだろう」
山「俺もそう思う」
川口「今日ヤキを入れるか」
山「俺も手伝うぞ」
みんなもピンときてるみたいだ 鈴木さんだ 間違いない 
最近まわりの人とも喋らないし 毎日酒を貰ってる 
お金が無い鈴木さんがどうして酒を毎日?
密告の報酬として毎日酒を20本貰ってるらしい
この人は酒20本で 仲間を売るのか 常識と人間性が欠落してる
960: 私事ですが名無しです 04/05/31 21:32 ID:???
待ってました!!
961: 私事ですが名無しです 04/05/31 21:32 ID:???
おう、この続き待ちがまたたまらないね
期待してます
33: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/31 22:32 ID:???
前スレ >>957の続き

そして午後・・・・・・・・・・
DQN「おう お前等 もう小屋は作らないでいいぞ」
DQN[もう必要ないからな クククッ」
川口「どうしてだ わざわざ木まで伐採させてるのに」
DQN「それは来週になればわかる クククッ」

人にこんな作業をさせていきなり中止とは しかも来週になれば?
なんの事だろうか 理解に苦しむが どうせろくな事じゃないだろう
そして夜・・・・・・・
川口さんに起された
川口「今から鈴木を吊るしあげるぞ」
川口「おい 鈴木起きろ」
鈴木「なんか用か?」
川口「とぼけるなよ お前俺達の事を密告しただろ」
鈴木「さぁ?なんの事だか」
川口「その酒はどうしたんだ」
鈴木「買ったんだ 文句あるか」
川口「お前にそんな金ないだろう」
鈴木「大きなお世話だ」

64: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/31 22:53 ID:???
>>33の続き
川口「お前知らないと言うのか」
鈴木「ああ 知らんね」
川口さんが鈴木さんの金魂をガッシリ掴む
鈴木「痛い痛い止めてくれ」
川口「正直に話せば止めてやる」
鈴木「お 俺が密告した」
山さんが飛んできて 鈴木さんの顔に唾を吐いた
山「お前ただじゃ済まんぞ 覚悟しろよ」
鼻を摘んで口を無理矢理開けさせた そしてタオルを口にねじ込む
僕「どうしてタオルを?」
川口「声が出せないようにさ」
川口さんが前からみぞおちをなぐる 山さんが後から腎臓の所をなぐる
なんと 壮絶なリンチなんだろう
気持はわかるが ここまでする必要があるのか
僕が心で思ってたら 川口さんが
川口「2度と変な気持を起さないように 徹底的にやる」
川口「中途半端に終らしたら また密告するからな」

僕はここが飯場なんだと痛感した

66: 私事ですが名無しです 04/05/31 22:55 ID:???
す・・すげぇ
69: 私事ですが名無しです 04/05/31 22:58 ID:???
川口も山さんも気性が荒いのね。
さすが土方の中でも相当アングラな人々だ。
72: 私事ですが名無しです 04/05/31 23:00 ID:???
でもそうしなきゃ自分がヤバイだろうからね
怖い世界だなぁ
88: 1 ◆8kZl85I/m. 04/05/31 23:55 ID:???
>>64の続き
鈴木「わ わかった もう許してくれ」
川口「お前の為に 木の伐採までやらされたのに お前は寝てただろ」
鈴木「あれは調子が悪くて寝てた」
山「嘘つけ お前が酒を飲む所を見てた」
山「こいつを朝までいたぶるか」
山「庄田もこいよ」
庄田「俺はめんどくさいからいいよ」

山さんは 鈴木さんに相当な怨みを抱いていたみたいだ
そして 壮絶なリンチは続いた
寝てたら 体の上を歩く タオルで鼻と口を塞ぐ
寝てる側から頭をケるなど 山さんが執拗にからむ
鈴木「いい加減にしてくれよ」
山「なにを〜お前待ってろ」

山さんが外に出て 濡れたタオルを持ってきた
そのタオルで鈴木さんをパシパシと叩く
部屋の中で悲鳴がこだまする よくこんな事を考え付くもんだ
所で外に水はないはずなんだが?

僕もやられた経験があるが 濡れたタオルで叩かれるとめちゃくちゃ痛い
【今日はここまで】 おやすみなさい

89: 私事ですが名無しです 04/05/31 23:58 ID:z2SVcpZt
水……小イ更か…_| ̄|○|||
1サソ乙ですた〜(・∀・)っ旦~~
おやすみなさい
93: 私事ですが名無しです 04/06/01 00:05 ID:???
今日の教訓

濡れたタオルで叩かれるとめちゃくちゃ痛い

94: 私事ですが名無しです 04/06/01 00:07 ID:???
今日の教訓

水がなくても尿がある

178: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/01 21:24 ID:???
>>88の続き
制裁は明け方迄も続く 一般の社会ならもう終ってるだろうが

あれから鈴木さんは大人しくなったみたいだ
まだ色々反抗的な態度だったが 川口さんの一言が効いたみたいだ
(おい鈴木 お前明日の朝は永遠に目覚めないかもな)
そして翌日の仕事が・・・・・・・・・
今日は鈴木さんの朝までリンチ事件で みんな寝不足みたいだ
仕事に精彩がなくて 小林が苛立ってる 相変わらず青木さんがなぐられてる
ほとんどなぐられ役の青木さん 気の毒だが みんな心の中で感謝してるであろう
なぐられ続けて どちらかと言えば大木凡人似だった青木さんの顔が
瞼が腫れてすごい強面の顔になってる(前歯が無いのも怖い)
多分普通に道を歩いてたら 誰も寄りつかないだろう と言うか避けて歩くと思う

205: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/01 23:20 ID:???
>>178の続き
その後は事件もらしい事件はない・・・・・・・・
そしてまた1週間が過ぎようとしてる 飯は相変わらず豚のエサ以下だ
仕事と言えば相変わらずキツイ 本格的に暑くて大変
本来なら水代がバカにならないのだが こっそり水を補給する方法を見つけた
(水道みたいな物は有るのだが 捻る所に鍵を入れないと出ない)
その鍵は小林が所有してるが 以外と単純な構造なので 水を出す事ができた
これも川口さんの知恵だ 川口さんが居ないと本当に地獄だったかもしれない

水は良いのだが 甘い物と 塩分をとらないとまずい
小林から購入すると高い でも仕方ないので購入する
今日は掘りだし物の 茹で玉子が500円(塩付け放題が嬉しい)
500円は痛い出費だが 塩湯を飲む事を考えたらマシだ

290: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/02 21:52 ID:???
>>205の続き
そして週末になり 待望の日曜日が来たけれど・・・・・・・・・
また朝から小林がくるのか 最近日曜日は必ずくる
嫌な予感は的中した それどころか最悪の日曜日に
朝の8時位にお約束のドンドンドアを叩く音(最近あまりケらないが)
小林「お前等に楽しいお知らせが有ります この前の小屋作り中止に関係がある」
小林「楽しみに待ってたよいこも居るかな」
完全に人をバカにしたみたいな喋りだが すぐに生意気口調にかわり
小林「おい お前等付いて来い もたもたするな」
294: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/02 22:10 ID:???
>>290の続き
小林「それでは新しい管理人さんを紹介する 岡さんと前田君だ」
小林「岡さんと 前田君がお前等の新しい管理人様だ」
小林「とくに前田君は狂暴変な動きしたら 喉元を食い千切る」
はぁ?言ってる意味がわからない ???
小林「それでは 部屋の中に入れ 前田君の機嫌を損うなよ」

392: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/03 00:22 ID:???
>>294の続き
部屋に入ってみたら 60才位のしょぼくれたじいさんと 犬
どこで拾ってきたのだろうか  犬の名前はわからないが 
ドーベルマンみたいな犬だ もしかして前田君は犬か?
小林「前田君と言う名前は冗談だ 謙太君だ お前等忠誠を誓え」
小林「あっそれと 俺は4日程留守にするから 岡さんと謙太君の言う事を聞けよ」
小林「謙太君は人を一撃で噛み刹せるからな」

なんと言う事だろう どうして犬に忠誠を誓わないといけないんだ
そこでじいさんが立ちあがる
岡「謙太エサだ」
目の前に肉を放りなげる 唸りながら上等そうな肉を食らう 

隣りで第6の男が吐き捨てるみたいに呟く
第6の男「人間様より 良い物を食べやがって」
小林「お前等もこの肉の様になりたくないなら 変な考えは持つな
第6の男「100キロの男を見ないと思ったら 補充で犬とおっさんか」
山「逃げ出さないように監視のつもりか」
第6の男「この飯場ももう終りだな」

397: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/03 00:50 ID:???
>>392の続き
そして・・・ふと隣りを見ると青木さんがカタガタ震えてる
青木「うわ〜怖いよ 助けて」
小林「ん どうした さては犬が怖いのか」
青木「・・・・・・・・・・・・・・・・」
小林は岡の所に駈け寄り なにやら耳元でボソボソと
岡「はっはは そりゃいいな」
そして岡が言葉を放つ
岡「謙太go 」 
岡が言葉を放つと 犬はすごい勢いで僕達の方へ飛び掛ってきた
岡「謙太「rest」
寸前の所で犬は止まるが 青木さんの様子が変だ
青木さんは半分気絶して 尿を漏らす
小林「こいつ汚ねぇな 漏らしてやがる」
小林「俺様の部屋の中で 許せねえ」
小林は2度3度と青木さんをケり上げた
【明日に続く】

398: 私事ですが名無しです 04/06/03 00:54 ID:???
朝起きると、濡れてる感じで、
しかし、顔を洗ってるとそれも忘れて、
399: 私事ですが名無しです 04/06/03 01:16 ID:???
青木って麻雀で負けてきたやつだっけ?
401: 私事ですが名無しです 04/06/03 01:29 ID:???
青木・・・・・
どこに行っても駄目だろうな
466: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/03 23:48 ID:???
>>397の続き
その1発が青木さんのお腹に炸裂 途端にブリブリっと音がした
小林「お前は本当に最低なヤツだな もうなぐる気も起きない」
小林「誰かこいつを風呂場へ連れていけ 臭くてかなわん」
小林「さて 俺は出掛けるから お前等よい子にしてろよ」
小林「帰ってきたら 楽しいお知らせがあるかもしれないからな」
楽しいお知らせ?なんだろうか どうせ変な事だろう
小林「じゃぁ岡さん よろしく頼むわ 岡さんの好きにしていいから」
岡「おう 気をつけてな こいつ等と遊ばして貰うよ」
そして小林は IBXカーに乗り出掛けたのだが

岡「おい お前等に自己紹介だ 俺は 「岡 正徳」様だ ただしいとくと書く」
岡「俺様の名前を呼ぶ時は 様つけで呼べよ」
岡「言っとくが俺は空手の達人だ 謙太は人を食い刹した事がある」
岡「タヒ対を埋めるのは大変だっだぞ ぐはははは」
(絶対にはったりに決まってると思うが)
岡「あと お前等の自己紹介はいらないぞ タコの名前なんて覚えたくもないからな」

470: 私事ですが名無しです 04/06/04 00:03 ID:???
頭悪そうな岡様
471: 私事ですが名無しです 04/06/04 00:04 ID:???
自分で「達人だ」と言っちゃうあたりに岡の知能指数の低さがよく現れてるねw
473: 私事ですが名無しです 04/06/04 00:09 ID:???
青木、脱ぷんかよ…
474: 私事ですが名無しです 04/06/04 00:19 ID:???
待ってました。
犬ってやっぱ強いの?
475: 私事ですが名無しです 04/06/04 00:21 ID:???
地上最強だとマスターキートンに書いて有りました。
477: 私事ですが名無しです 04/06/04 00:26 ID:???
マスターキートンはどうでもいいが、ドーベルマンみたいな軍用犬なら立派な猛獣だろうな
480: 私事ですが名無しです 04/06/04 00:29 ID:???
土佐犬に噛まれたら、確実にタヒねる。
闘犬を見てそう思った。
481: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/04 00:30 ID:???
>>466の続き
なんか頭が痛くなってきた このじいさんは完全に逝かれてる
身長は160cmあるかないか 体重は45キロ位だろうか
いざとなったら余裕で勝てそうだけど 犬が問題だ

岡「お前等 はよいね「早く去ねの意味」
岡「タコが長く部屋に居たら 臭くてかなわんからな」

なんと言う傲慢な男だろうか 仕方ないので小屋に戻る事にする
今日は休みなので、川口、俺、庄田、山さんの4人でミーティングを開く事に
弟6の男、青木、鈴木は参加せず
川口「今後の事について話をしたいと思う 誰か意見とかあるか」
山「ジジーは良いが あの犬をどうするかだな」
庄田「関係ねぇ刹っちまえ 人間様に勝てるかよ」
川口「しかしな 噛みつかれたら面倒な事になるぞ」
庄田「・・・・・・・くくくっ」
庄田さんが意味不明な笑いを その目を見たら背筋が凍りそうだった

【今日はここまで】【明日に続く】おやすみなさい

544: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/04 22:50 ID:???
>>481の続き
そして翌日・・・・・・・・・・・・
今日は小林が不在なので 岡が来る予定だ
何時もより1時間も早く来た(年寄は早起きで困る)
ステッキみたいな物でドアを叩く音と 犬の雄叫びで目が覚めた
岡「おい お前等何時まで寝てるんだ 目が腐るぞ」
すいません まだ4時前なんですが・・・・・・
岡「すいませんじゃないだろう 岡様だろうが」
岡「飯の仕度してるから 直ぐに来い」
そして部屋に入る
岡「今日は 岡特製チャーハンだ 美味いぞ」
相変わらずの葉っぱと ひとかけらの肉が入ってる
1つは葉っぱが少なくて 肉が半分以上だ なぜ1つだけ?
そして1つはドックフードが1つ並んでる
岡「早く低位置につけよ」
鈴木さんが一番肉が多い所に座るが
岡「バカ野郎 そこはお前の席じゃない この肉の大盛りは謙太の分だ」
ドックフードは誰のですか?
岡「うんk漏らしに決まってるだろ ドックフードも勿体無いわい」
青木さんは泣きながら食べてた
575: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/04 23:16 ID:???
>>544の続き
そして・・・・・・・・・・・
3日目の夜に 事件は起きた
ぎゃー助けて 夜中に突然の悲鳴が聞えた
みんなは飛び起き辺りを見回す 
山「おい 青木が居ないぞ」
外に出てみると 犬に襲われてる青木さんがいる
川口「あのジジー 放し飼いにしてるのか」
山「俺達が逃げ出さないように放し飼いだろ」
それにしても青木さん どうして夜中に外にでたのだろうか?
川口さんは鉄パイプと タオルを2枚  山さんは鍋を持って青木さんの元へ 
(どうして山さんは鍋を?)
犬は青木さんの足に食いついてる(幸い長靴みたいなのを履いてるが)
その上からでも相当な痛さだろう 
川口さんがケったけど 放す気配はない
川口さんはタオル2枚を 左手にグルグル巻きにした
そして犬を激しくケる 犬は川口さんのタオルを巻いた手に噛みつく
そこで山さんが鍋でなぐる ドラの音色みたいな音がした

577: 私事ですが名無しです 04/06/04 23:20 ID:???
犬鍋〜〜〜〜〜〜〜
578: 私事ですが名無しです 04/06/04 23:22 ID:???
おー面白くなってきたぞワクワク
590: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/04 23:55 ID:???
>>575の続き
川口「おい そこの鉄パイプで犬をなぐれ 思いっきりだぞ」
僕「え 僕がですか」
川口「早くしろ かみ刹されるぞ」
僕はおもいっきり鉄パイプを振り下ろす
犬はギャンギャンと泣き声をあげて 右に左に転げ回る
川口「そんなんじゃ効かない 貸せ」
鉄パイプで犬を滅多打ちの川口さん 横から庄田さんが大きな石で頭をなぐる
しばらくするとピクピクと痙攣してる 犬は半分目の玉が飛び出て絶命した 
川口「この犬をどう処理するか」
山「穴を掘って埋めるしかないだろ」
山「それは良いが 岡が騒ぐぞ」
川口「みんなしらを切りとうすんだ」

犬の事件は終ったけれど 青木さんが噛まれた傷が酷いみたいだ
傷口はかなり深い このままでは足は役にたたないかも

591: 私事ですが名無しです 04/06/04 23:56 ID:???
続きまだかな〜。ワクワク
早くケンタくんが犬鍋になるところが読みたい。
593: 私事ですが名無しです 04/06/05 00:02 ID:???
犬好きとしては心苦しい
594: 私事ですが名無しです 04/06/05 00:03 ID:???
>>593
俺も犬は好きだけど、噛み刹されそうになったら、刹されるより刹すよね。
603: 1 ◆8kZl85I/m. 04/06/05 00:30 ID:???
>>590の続き
川口「青木 お前の足をこの鉄パイプを熱して焼くからな」
青木「嫌だ嫌だ 許してください」
川口「お前 足が腐って落ちても良いのかよ」
青木「それは困るけど 熱いのとか痛いのは一寸」
川口「男なら我慢するんだ その我慢が将来につながる」

青木「どうしても焼かないとダメですか」
川口「このままでは 足が腐るし ここは山の中だ」
川口「当然虫とか蝿も多い 卵を植付けられたなら 足に蛆が涌くぞ」
青木「わかりました」
川口「山さん 青木の口にタオルを噛ませろ」
押し刹した叫び声が小屋中に響き渡る
そして人間を焼く匂いが 辺り一面に漂う
僕は外にでて えずきまくった
【明日に続く】

604: 私事ですが名無しです 04/06/05 00:34 ID:???
1さん乙です。
うわっ…。かなり予想外の展開になってきた…。
逃げるときに青木さんは即効で見捨てられそうor脱落しそうだな。
605: 私事ですが名無しです 04/06/05 00:35 ID:???
川口さんスゲェ・・・
658: 私事ですが名無しです 04/06/05 20:46 ID:???
1氏マダかな
ヽ(・∀・ヽ) ワクワク!! (ノ・∀・)ノ ハヤク!! ヽ(・∀・)ノヨミタイヨ!!
661: 私事ですが名無しです 04/06/05 21:04 ID:???
1コォ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━イ!!!!  

つづき

引用元: タコ部屋から逃亡してきました3冊目

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪
女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】



スポンサーリンク



タグ: 長編