865: おさかなくわえた名無しさん 2014/06/23(月) 18:47:45.04 ID:jU0g+G1r2
私がいた元職場の話。
私がしたというより周りの人がほとんどやった話ですが….
私がいた元職場は飲食店だったのですがそこにいた実質副店長だった人がピークの時以外仕事しなくて新人いびりする最低な人でした。
ピークの時もしょうがなく仕事する感じでなんでこんな人が副店長なんだろう?って思うぐらい仕事しない人でした。
私も新人いびりされて絶対にこの人より仕事できる人になろうと思ってテンプレのいびりにも負けずにがむしゃらに仕事しました。
店長に私の思いが通じたのか熱心に教えてくれて一ヶ月ぐらいで全ポジ覚えて入って二ヶ月目には発注や食材管理など社員がする仕事を覚えました。
覚えるのは大変でしたが充実していました。



スポンサーリンク

そんなある日かなり目上の上司から私に電話かかってきて電話に出たらいきなり「○○(副店長)は仕事しよるか?」って言われて
ピークの時以外全然していませんってありのまま言いました。
しばらくたった頃に副店長の金魚のふんみたいにいつも横にいた人に睨まれるようになって、それまで普通に話していたのになぜだろう?って
思っていたら私が入って三ヶ月目には副店長は消えました。
後から店長に聞いたら私が入る少し前に店長として配属されて
副店長が働かなすぎて上司に辞めさせたいって言っても人がいないからってはぐらかされて
そんな時に私が入って上司に私が一人前になったら考えるって言われたから
一生懸命教えたら覚えてくれてそれでやっと辞めさせれたんやって言われました。
副店長の取り巻きも副店長が辞めたら居づらかったのかみんな辞めてしまってしばらく大変だったけど人間関係が少しマシになったのでよかったです

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(125)