1012: おさかなくわえた名無しさん 2014/07/10(木) 17:14:46.14 ID:2CHlSw3Zz
流れをよまずに書き込みます。

私の妹は90年代英国のケンブリッジに語学留学してました。
 大学を卒業して、金融機関に3年勤めてからの留学、自分で費用も賄いました。

初めての寮生活をして、いろんな国の人々と交流したそうです。
 その中でトルコ出身の少し痛い感じの女の子がいました。
なにかにつけ、
「私たちヨーロッパ人は、あなた方アジア人とはちがう文化の中でくらしてきたから」とか「あなた方には理解できないかもしれないけど、わたしたちヨーロッパ人は」
と食事にしろなにかの見学会にしろいちいち比較してはあれこれ言ってくる。



スポンサーリンク

「私は日本人だけど、日本ではトルコはヨーロッパではないと認識されているの。
オスマントルコもセルジュクトルコももちろんケマル・アタチュルクも中東史の中で学んだわ。」と妹が言い返すと、彼女は真っ赤になってその場を立ち去ったそうです。

その場にいたフィンランド人には「さすがトーゴーの国にひと」といわれ、オーストリア、ドイツ、フランス人には
「私たちも彼女の思い違いに一言いいたかった、でもそうすると、差別になりそうで・・」
台湾人、フィリピン人には「日本人だからいえるんだよねーーー」

ちなみにそのトルコ人の彼女は金髪、碧眼で中東風の容姿ではなかったそうです。

だからなおさら痛い感じだったとか。

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(125)