819: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/24(火) 03:11:45.55 ID:J6rJqgeA
小5の夏休み、久々に田舎へ里帰りしたときに引っ越す前に仲良く遊んでいた幼馴染み(女)に会って楽しく里帰りを満喫した。
里帰りを終えた後も電話でやり取りしていたが、あるとき突然連絡がこなくなってしまった。
そのまま小6になってまた里帰りをしたときに幼馴染みに会ったのだが、髪を金髪にして服装もイカツクなっていたので、俺はすごく驚いた。
理由を聞いても無言だったので、質問を続けていると、向こうから数人の同い年とみられるイカツイ男が来て
男『お前なにしとんじゃ〜!!』
と怒鳴り俺を殴ったり蹴ったりした。
突然だったので俺は焦ってその場を立ち去った。



スポンサーリンク

その後、俺と幼馴染みの両方と仲が良かった友達に事情を聞くと、その辺で有名な不良に脅されてそいつらのグループにひきこまれたみたいだ、とのことだった。
俺はなにもしないまま帰ろうと思っていた。けれど、幼馴染みのまえで情けなく逃げたのがどうしてもやるせなくて、次の日にそいつらの『あじと?』に殴りこんだ。するとその噂の不良の隣に幼馴染みが少し驚いた顔で座っていた。

続く

820: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/24(火) 03:49:18.05 ID:J6rJqgeA
俺『そいつからはなれろ!』
不『お前誰だ?』
俺『幼馴染みだ!』
不『幼馴染み程度でそんなこという権利ねーよ!』
俺『てめーだってそいつの人生潰す権利ねーだろ?』
不『あるさ。だってこいつは俺の女だからな!』
不『そーだよなー?』
幼『…………。』
不『黙ってんじゃねーぞ!!』
不良が幼馴染みを数回蹴った。

すいません。あと少しつづきます。

822: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/24(火) 03:59:57.18 ID:J6rJqgeA
続き
気がつくと俺は不良に鉄槌を下していた。その後取り巻きの男達と乱闘しながら俺は頭の中で、「この状況マンガっぽくてかっこよくね?」的なことを考えていた。しばらくして、誰かの靴が飛んで、偶然幼馴染みの頭の上に乗っかった。辺りが静まりかえった。
幼馴染みが沈黙のなかで突然、
『この靴のおかげで明日はきっと晴れるね♪』
と満面の笑みでいい放った。
全員がそれを聞いて大笑いした。
その日からそいつらと俺は真の友達?になった。帰ってからも毎年いちごチョコがおくられてきた。そのチョコを食べるといつでも幼馴染みの天使のような笑顔を思い出すのだ。
終わり

長すぎてすいませんでした。

830: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/24(火) 10:32:00.60 ID:DpDzCgUg
よくこんな幼稚な妄想書き込めるなw
恥ずかしくねえの?w
831: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/24(火) 10:49:22.91 ID:waBQErRY
>>819
小学生時代の事を書き込むからって
小学生レベルの文にしなくてもいいんだよ

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(121)