335: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)15:40:07 ID:rvs
※工○注意

大人になった今なら、ありがちで終わるけど
子供の頃でかなり衝撃的だった出来事。

小学校の中学年の頃だったと思う。
実家の数軒先に廃屋があって、友達数人とそこに探検しに入った。
わー、広いねー、とかいいつつ、残されているものを観察してた。
ふと戸袋を開けると、そこに数冊の本がある。
なんとかの川、という本を手にとって表紙をめくったら
1通の手紙が挟んであったの。



スポンサーリンク

何だろう、と読んでみた。

中身は大人のラブレター。
その廃屋の右斜め向かいの家のおばさんが、
左斜め向かいおじさんに宛てたラブレター。
あなたが好きでたまらない、とか
あの夜のあなたの温もりが、とか
割って入ったなんとか、とか
もう、どっひゃー!なことが書いてあった。
あまりの内容に、他の友だちに気付かれないように
手紙を隠して、後日ひとりで見にいった。

帰省したとき、ふたりとすれ違うこともある。
にこやかに挨拶はするが、この人達がねぇ、となんとも複雑。

親にも兄弟にも誰にも話せない秘密の出来事。

336: 名無しさん@おーぷん 2015/11/18(水)15:56:31 ID:0Xp
それってつまり一見挟んだお隣同士のおじさんおばさんが
廃屋の書籍を介してラブレター交換してって事?
それとも廃屋に住んでいた主がラブレター拾って保管していたのかな?

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 3