172: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)21:37:36 ID:???
10年以上前の話。
我が家のはす向かいにあるラーメン屋のおばさんはすごい子供好き。長い休みには親戚の子供預かって面倒みたり、近所の子供も自分の子供の様に構ってた。私もよく配達や買い出しに連れてって、ジュース奢ってもらったり、学校帰りに家まで乗せてもらったりした。

ある日、(いつもみたいに)買い出し帰りのおばさんが「〇〇(私)ちゃん乗っていかんね?」と声がかかって家まで乗せてもらった。そしたらおばさんがいきなり、



スポンサーリンク

「よし!〇〇(私)ちゃん、乗車料金600円ね!」

えっ!( ; ゜Д゜)

咄嗟に「小学生は半額だよ!」と主張した。
「じゃあ、300円ね!」

私は冗談だと思って、いつもみたいに駐車場で降りてそのまま忘れてしまった。

翌日、学校から帰るといきなり、お母さんに怒られた。
「あんた昨日、前のおばちゃんに車に乗せてもらった?」
(我が家の真向かいはよその家の畑なので、ラーメン屋はこう呼ばれてた)
なぜいきなり怒られたのかわからなくて、素直にうんと答えた。
「おばちゃんから電話があって、〇〇ちゃんを昨日乗せて300円払うと言ってたのに、持って来ない!と言われたのよ!」
だからお母さんが払ってきた。もうおばちゃんの車に乗っちゃ駄目よ!と言われた。

まさか本気とは思わなかった orz

それまでは、お店が忙しい時にお母さんが手伝いに行ったり、足りないものの貸し借りとかよくやってたんだけど、その一件以来疎遠っぽくなった。

その後、おばさんが体壊してラーメン屋は閉店。ほどほどの付き合いをしてるらしいです。

174: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)22:20:30 ID:???
>>172
白タクだめぜったい

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目