840: 1/2 2014/10/03(金)17:48:20 ID:???
稲妻ロンドンハーツという番組の1コーナーの話。
もう15年くらい前の記憶なので、曖昧です。

コーナーの主旨は、番組に依頼してきた一般人男性のプロポーズデートを密着撮影し、プロポーズがうまくいくように後押しすること。
彼女以外の全員仕掛け人で、彼女にはバレないように撮影しつつ、たまにロンブーがちょっかい出して盛り上げる。
男性の親族や友人が中継見ながら応援、プロポーズにOKもらえたらネタばらししてハッピーエンド!みたいな流れ。

確か第1回目が絵に描いたようなハッピーエンドだった(楽器吹いてプロポーズ→OK)
当時中学生だった私は、この番組はやらせだろうなぁと思ってた。

でも、第何回目かの内容が、やらせならどんなにいいか…と思うようなものだった。



スポンサーリンク

841: 2/2 2014/10/03(金)17:49:33 ID:???
・依頼人男性は30代後半か40代前半くらい、地味でオドオドしている。
・女性は20代か30代、はっきりした物言いをする強気な感じ。
・水族館デートして、女性にイルカのぬいぐるみを買ってあげる(デート中、女性は結構ワガママに振る舞う)
・両親や親戚、友人が生中継を見ながら別室で応援しながら大盛り上がり
・プロポーズすると「何言ってんの?まだ付き合ってもないのに」「まずは友達からでしょ〜」と女性に笑われる
・今まで盛り上がっていた親族や友人たち、「えっ?」といった感じで固まる
・戸惑った男性が交際を申し込むも、女性は断る
・女性は男性を置いて帰宅。男性はロンブーに慰められる。お通夜みたいな空気のままコーナー終了

衝撃的すぎて言葉が出なかった。
やらせじゃないとしたら、これを全国放送された男性のその後の人生が心配だよ。

当時は「一方的に勘違いした男がフられただけじゃん」と思ったけど、
今は「付き合ってもない男にさんざんワガママ言って、ぬいぐるみまで買わせた挙げ句フる女って怖い」とも思う。

誰か見た人いないかな?

842: 名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)18:10:48 ID:???
日本のあの手の番組は全部ヤラセだと思うよ。
しっかり音声拾えてるってことは全員マィク装備してる。
マィクまで装備して「どっきり知りませんでした!」は無理だろう。

素人を騙して激怒して訴えられたらリスク高いから、売れない劇団員使ってるんだろう。
最近じゃニュース番組の何気ない街頭映像までヤラセだよ。
海開きの映像に出てる子が可愛い→モデルでした! だの
天気予報の映像に出る人が色っぽい→他の番組でも通行人やってる! だの、そんなのばっかり。

843: 名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)19:07:20 ID:???
>>840
安心しろw
稲妻ロンドンハーツのあの手の企画は全部やらせだ
従兄が昔マイナー劇団の劇団員だったんだが、あれに出てギャラもらってたw
内容書いたら身バレするんで伏せるが、素人に見せるのと役者の使い回しする為、
目元とかちょっとメィクして、髪型とか服装もいじってるから、
街で会ってもよく似た別人くらいで通せるくらいになる
その話聞いたときも衝撃的だったけど一番衝撃だったのは、
一日拘束されて顔も結構出る役で、裏方の雑用までやらされたのに、
従兄のギャラが弁当1個とお茶1本に5千円だけで、交通費は自腹だったことだw
844: 840 2014/10/03(金)21:40:16 ID:???
>>842,>>843

やっぱりやらせかぁー、そりゃそうだよね。
音声があんなにはっきり聞こえて、顔もばっちり見えて…
素人のわけがないね。安心しました。どうもありがとう。

しかし>>843の従兄弟は貴重な経験の持ち主だね。
メィクまでして別人を装うなんて、気苦労が多い…
しかも裏方までやって五千円+お弁当って、テレビ局ってケチだね。
自分たちは羽振りが良いのに。そっちの方が衝撃的!

845: 名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)22:30:03 ID:???
お笑い芸人がネタにしていたな。
下っ端時代は仕事に行くと赤字になったそうだ。
ギャラより交通費の方がかかるから。
本業だけでは食べていけないからバイトしたり、
嫁さんに食わせてもらったりする人が多いらしい。

芸能人なんてどっかおかしくないとやってられないんだろう。
つか実際、病院行ったら病名つく人多いんじゃない?
ちょっと前に石原真理が基地害じみたことわめいて狂ったと言われてたけど、
藤谷美和子はさらにヤバイ状態になってるよ。
自分は皇族と思い込んで皇居に押しかけて逮捕された。
どっちも知った時は衝撃だったけど、納得もした。
芸能人ってのは芸名のキャラを演じてると思ってたけど、中には真性の人もいるんだろうね。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目