716: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)20:57:34 ID:???
もう多分10年以上前の話ですが当時の私はとてもデブだった。
デブネタを振られても痛くも痒くもないレベルのデブだった。
とはいえデブだが、鏡を見さえしなければあまりどうでもいい。
困るのは手持ちの服が入らない事と、鏡に映るやべぇ生き物が自分と自覚する事だけ。
そんなデブだったが、夏、プールに行く事になった。
プールと言えば水着。デブの水着は見苦しい。
しかし鏡さえなければ(ry

で、行ったプールで、分厚いシートにうつ伏せに寝転がり
そのシートの両端をがっちりつかんで5人か6人横並びで滑る滑り台みたいなアトラクションがあった。



スポンサーリンク

一人用垂直滑り台は色々摩擦がヤバそうで敬遠したが
コレなら楽しめそうだと、うつ伏せシートアトラクションに挑んだ。

デブだろうとナイスバディだろうと関係なく説明をするナイスバディお姉さん。
録音だかリアルだかわからない笛の音と共に滑り出した。
楽しい。
しかしスピードは思った以上。しかも滑り台の中間地点には、段差。
細い人なら・・・普通の人なら軽くバウンドする程度の段差だが
デブはデブゆえに落ちるスピードも早い。そしてデブはデブ(ry
バウンドする力もすごかった。
体感コンマ何秒レベルで視界の端には隣レーンの人が段差にかかり空に舞う。
当の自分は、自分より後に飛んだ人より長く宙に浮いていた。と思う。
なんとなく、横並びだから競争っぽい気がして
うおお抜かれた!
と悔しい気がしたが、宙を舞っている私はいつしかシートから手を離したらしい。
着地(着水)の時、もんのっすっごい衝撃に襲われたと思うや
シートは私についてこれず、体だけがすごい勢いで下り始めた。
その後は早かった。水流もあり、あっと言う間に下に着いた。
下は水というかプールの溜まり場みたいな所です。

717: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)20:58:16 ID:???
強打した胸部の痛みを感じながらも、コンタクトレンズが外れていなかった事を喜びつつ肩までぐらいの水の中、顔の水を拭う私。
柵の向こう、騒ぐ友達に「今の私すごかったよねーwww」と笑う私。
ざぶさぶとその友達の待つ柵に近寄り始めた時、聞こえました。
「胸!」「乳!」「乳房!」
それでも、おいおい若い娘さんが多いからって下品だぜお前ら?wとか思ってましたが
まぁ見えてたのは私の胸。乳。乳房、でした。
騒いでいたのは友人のみ。その隣の男の人はデブの方なんか見てはいなかったので
なんかその時、「今だ!」とか思って肩まで上がってた水着を下方向に戻した。
そうやって素知らぬ顔でプールから上がり、とりあえずみんなでご飯食べた。

今まで生きてきてい一番の衝撃(身体的な)は、それでした。
その後、咳をするのはもとより深呼吸、笑う、というか普通の呼吸だけでも胸が物理的に痛くて病院に行ったら「肋骨にヒビ」で、でも肋骨というのはわりと簡単にヒビるもので
例えオれてても場所柄、手術などはそうそうできない。ヒビなぞ治癒を待つ以外ない。「肋骨オれる人多いんですけど、それでも何もできないんですよー。とりあえずコルセット着けてください」
そう言われて終わったのは心情的な修羅場でした。

あんな痛いの、病院行ったらなんとかなると思ってたけどなんともならなかった。
他スレで痛い話を見て、私の中の一番痛かったのはと思いだした話でした。

718: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)20:59:05 ID:???
あの時、デブの見たくもない乳を
万が一にも見てしまった人がいたらすいませんと思ってる。
719: 名無しさん@おーぷん 2014/09/29(月)21:18:04 ID:???
そんなとんでもないピザなのにつけられるコルセットあったのか。

病院すげえ。
作ってるメーカーすげえ。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目