15: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)17:36:51 ID:???
中学生時代の話
私の学校は仲の悪い同士くらいはいたが、特にいじめなどはなかった
他の学年ではまれに揉め事もあったけど、ちゃんと教師が介入して解決してたようだ
よその学校は大変だな、うちは平和で良いな。と思ってた

1年の終わりくらいの授業参観の時
チャイムが鳴って授業始まる…という時、いきなりA子母が「お話があります!!」と始めた
「このクラスでA子がいじめにあっていますね!!」
いじめの断罪!反省しろ!みたいなことをベラベラ言ってた
しくしく泣きだすA子(無言)



スポンサーリンク

とりあえず先生が「お話はあとでお聞きしますので…」という感じで収めてたが
ずっと後ろからブツブツ言う声が聞こえて怖かった
A子は目立たない無口な子だったし特に話したこともなかったけど、
いじめられているようなところは見たことはなかった
個人面談があって色々聞かれたが、いじめという事実はなかった
全員から「特に友達というわけではないけど嫌いでもないし…よく知らない子」という印象
だからといってシカトするわけでもないし、
グループ割なんかはクジ引きが多かったからハブられるということもなかった

その後、A子の母が来て担任や校長や学年主任と話し合いをした
覗きに行った奴曰く(覗かなくても廊下に声が響きわたっていたらしいが)
A子母の主張は
「A子が何も言わなくても察しなければいけない」
「A子は主張が苦手なんだからそれをサポートするのは当然」
「クラスメイトがそれらをしないことでA子はひどく傷ついた、それがいじめだ!」

16: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)17:37:30 ID:???
例えばグループで何か調べて発表をするとき、
普通にサクサク話し合いが進んでテーマが決定した。
その時A子は何も言わない。しかし不満だった。テーマは周りが決めてしまった。
例えば課外授業に行った時、
班ごとに見たいところは事前に話し合って決めていた
A子は見たいところがあったが何も言わなかった。その場所は順路に入らなかった
そういう時にA子様いかがですか?と誰も言わなかったことがいじめなんだと

A子はそれにうんうん頷いていたらしい
つまりA子は無言のワガママ女だったわけだ
それから後は、何か決める際には担任がいちいち「A子さんどう?」と聞くようになった
それにも無言で頷いてるだけだったけどな
グループは相変わらずクジ引きだったが、なぜか一度A子と当たると次は当たらないという
A子当番交代制状態になっていた。たぶん先生細工してたな
A子母はそれからも度々フンガーフンガーしに来ていたが
学校側がどうにかなだめておさめてやって無事卒業になったようだった
卒業後、A子は高校でも同じようなことをやらかし
部活をクビになったとかで、不登校から退学となって以降はひきこもりという噂

最初のA子母の怒鳴りこみも衝撃だったけど、無言のワガママってのが更に衝撃だった
そんなの無理に決まってんだろ!
A子はその件から「嫌いじゃないが特に関わりのない子」から
「面倒くさい嫌なやつ」にグレードダウンし、
卒業後の同窓会などには一切呼ばれていない。本当にハブになっちゃったな

23: 名無しさん@おーぷん 2014/08/30(土)20:52:31 ID:???
>>16典型的なキチママかと思ったら娘もキチだったのか
50: 名無しさん@おーぷん 2014/09/01(月)08:35:09 ID:???
>>15
クラスメートは仕方がないけど、教師って
・問題を起こさない子がいい子
と、もう一つ
・いい子いい子どうでもいい子
だからな。
学校ってのは子供を社会適合者に育てるための施設だろ、
何をどうやっても言うことを聞かないガキだって体罰の必要性が議論されている中で、
何も言わない=何の不満もないって、教師のレベルが低すぎるんだよ。
いま何人学級だよ。
この教師は甘え。
51: 名無しさん@おーぷん 2014/09/01(月)08:54:51 ID:???
>>50
小学校の低学年くらいまでなら
「引っ込み思案で自己主張ができずに悩んでいる子」の
気持ちを酌んで対応してあげるのも教師の仕事のうちかもしれない。
しかし>>15のケースは中学生。
百歩譲って思春期の中学生本人が「何も言えないアタシの希望を酌むべき!」
なんて考えているだけで、それに対して親も教師もマトモな対応であったなら
アホな方向の中2病かとも思えるけど親子揃ってキチ入ってるから
それはちょっと教師の仕事の域を超えてるように思うわ。
52: 名無しさん@おーぷん 2014/09/01(月)10:43:50 ID:???
>>50
>学校ってのは子供を社会適合者に育てるための施設だろ、

そうなの!?Σ(゜Д゜)

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験3度目