982: 名無しさん@おーぷん 2014/08/29(金)13:44:02 ID:???
知り合ったばかりの人(2歳下の男)で、話が面白く、友達になれたらいいなと思った人がいた。
一回しか会ったことはなく、メールがほとんどだったが、若いからか顔文字が多いくらいで普通の人だった。
ある日、飲みに誘われた。私は20時すぎに仕事が終わるのだが、その後に。
場所は向こうの最寄り駅。私には家からはあんまり遠く無いけど、近くもなく乗り換えも必要。

せめてその隣駅なら、お互いいい距離の駅なのに…とちょっと思うも、まぁ向こうが年下だし、と考えて向かった。また会って話してみたいと思ったから。



スポンサーリンク

駅に着くと酒瓶片手に、顔に大きな絆創膏を貼った、ヘベレケの相手が。
聞けば語り出す、不良に絡まれたけどボコってやったぜエピソード。

あまりに痛すぎて帰りたくなるも、うまく断れずBARに行った。
人目はあるから、そんな飲まないで帰ろう、と思った。

BARに入ると相手に向かって手を振る女性が。
そして近くまで行って、私に一言。
『ウチのお母さん!』
カウンターで、相手とお母さんの間に挟まれる私。
酔っ払って子供自慢を始めて絡み出すお母さん。
満更でもないが、武勇伝が止まらない相手。
二人は私を挟みながら、お互いを自慢しあい賞賛しあっていた。

終電があるので、とお金を置いて店から出るも、追いつかれてカラオケに行こうと言われた。

お母さんはこれからデートらしく、電話をかけまくっている。(バツ3で付き合ってる彼氏がいるとのこと)
なんだかんだで終電には乗れず、振り切ってタクシーに乗り、家まで帰った。

自分も迂闊だったが、最初に会ったときは普通の男の子だったので、非常に驚いた。
その後はメールも電話も拒否し、何事もなく終わった。

男の子とBARに行って

983: 名無しさん@おーぷん 2014/08/29(金)13:45:33 ID:???
途中で送ってしまった。

男の子とBARに行って、お母さんがいたのが衝撃的すぎた。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験2度目