942: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)11:51:52 ID:???
昔付き合ってた彼氏が太るのを極端に嫌う人だった。
自分にも他人にも。別に本人が元デブって訳でもない。
んで、炭水化物抜きドレッシング抜き調味料も控えめ、
徹底的にカロりーを含む物を排除していった。
油分糖分もってのほか!お店でも揚げ物の衣剥がすし
お寿司のシャリは残す。脂身も細かく切り分ける。
私が料理していて、
トマトにチーズのせてオーブンで焼こうとしたら
目を剥いて怒られた。何の為にカロりーあげるの!って。
んでダルくなって分かれた。その人当時30才くらい。
ちゃんと仕事してる人よ。職場が同じ。



スポンサーリンク

その後、その人どんどんどんどん痩せていった。
マッチ棒みたいになって、顔は青緑色でクマが墨、
頭も働かなくなって判断ミス連発、あげく
体力不足で動けなくなり入院したが即復帰。
理由は病院がカロりー(点滴)を無理に注入するからって。

付き合っているときは私がこっそり栄養分を与えてた。
本人は気付かず。でも別れてからもあの食生活だったんだな。
拒食症だったんだろうけど、あの
どんどんどんどん痩せていく見る度に痩せていくのは
恐怖だったし衝撃だったわー。

ちなみに今その彼(40代後半)はデブ。
相変わらずガリクソンだった時、
いよいよタヒぬんじゃないかって
社内がソワソワし始めた頃禿げ出したの。
それも散らかしてる禿げ方。きたないかんじ、
呪われたハゲ方だよ。可愛いハゲじゃない。
そしたらその人、ムシャムシャ食べ始めた。
なにかが吹っ切れただろうね。大団円かなー

944: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)12:34:46 ID:???
毛根に栄養が行かなくなって毛母細胞が枯れ果てたんだよ
951: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)17:30:58 ID:???
>>942
その彼が、今独身でそれなら、
もう自分の人生に女性を関係させるのをあきらめた=イケメンでなくてもいい、食べよう!
って心境変化かもな。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験1