68: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)03:35:29 ID:???
どうでも良いっていえばどうでも良いことなんだけど、リアルでこんなこと言う人がいるのか!? ってなったことがある。

姉妹そろってオタクなもので、毎年クリスマスの少し前に行われる千葉の某イベントに行っている。
そこの海賊王な漫画のステージは開催二日間の両日とも最後の時間にプログラムが組まれている(他の作品はどちらか一日だけ)。
立ち見の前の方で見るのであれば何回も前のステージからそのエリアに居て、目当て作品が終わって抜けていく人のところへ少しずつ詰めていくことになる。
前方は少しでも前へ前への気持ちが強いので、これ以上押せないよ! 動けないよって状態でもぐいぐい詰めてくるので自分の立つ場所すらキープするのが厳しい。

長くなったがここまでが前提。



スポンサーリンク

その年は前年までが完全招待制(事前抽選で当たった人のみが見れる)が続いていて、久方の立ち見有りな年だった。
その所為なのか元々なのか海賊王目当ての多いこと多いこと。
私と姉は選んだ位置が良かったのか、一番前のエリアの前から三列目くらいまで詰めることができた。
踏ん張れるだけの肩幅の足場も確保し、あとは始まるまでの三十分ほど待つだけと言う時に、姉の斜め前に居た男が急に下がってきた。
おそらく詰めすぎたせいで、前方の人が荷物置く→そのスペース分押し戻される。
ではあったんだと思うけど、姉が足を思いっきり踏まれた。
姉もオタクだが、オタクだからこそ好きな作品の前に嫌な気持になりたくないとやんわりと踏んでますよー、と注意したんだが……その時に帰ってきた言葉が

「うっせー。黙れよこのメス豚!」(舌打ちオプション付き)

姉と二人でぽかーん。周囲にいた声が聞こえた範囲らしき人たちもポカーン。
思わず

「めすぶた……?」
「って言った気がするけど、気のせいじゃないよね?」
「あぁ、うん。間違いじゃないと思うけど……メス、豚?」
「それ、どこの工○ゲの世界?ww」
「しかも鬼畜系?ww」

と、お互いに耳打ちで話してしまった。
今思うと、年頃の女二人でで何という会話をしてるんだと思うんだが。
その時には本当に雌豚って、人相手に使う人がいるんだ! ってことで頭が一杯だった。

ちなみにその男はその後、連れらしき女性にものすごく無表情に睨まれてました。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験1