432: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)18:16:14 ID:???
小学生の頃の話。
Aというクラスメイトに、イジメられてたと言うとちょっと行き過ぎな程度にやられてた。
遊びのグループの最底辺の奴隷的ポジション。グループに入れてもらえない程ではない。
当時の俺はすぐ忘れる性格で、家ではあっけらかんとし、学校も楽しんでたが、Aにケられたり
からかわれたり(華奢で女の子みたいだったので)すると泣いて鬱モードに入ってた。
たまにAやコンビ組んでるBがやらかす(ガラス割ったり)と、ハン人として差し出されたり。
泣きながら「自分がやった」と申告するのが見た目が女の子のような俺だったので、
大人はすぐハン人じゃないと見抜いてむしろイジメを心配してたが。



スポンサーリンク

あるとき、学校のそばの歩道橋の上でAとBが”爆撃”やってた。
普段は唾とかで通りかかる車にヒットさせるんだが、その日は小石使ってた。
俺は「やめなよ危ないよ」と言ったが聞き入れるわけもなく、ついに黒い大きな車に当ててしまった。
黒光りする車から運転手が降り、Aらは「ハン人お前な!」と言いつつ速攻で逃げ、俺が歩道橋上に取り残された。
運転手の人は、俺を見るなり野太い声で「こんなの落ちてきたけど、やってた子知ってるかな?」と聞いてきた。
いつもは泣きながら謝って俺がやったと言うんだが、「こんなの」が何故か一回り大きな石になってたので
なんていうか危険を感じて?思わず「A君とB君が落として逃げて…止めたのに、お前がハン人って言って」
と涙ぐみながら全部ばらしてしまった。
優しく「A君とB君の名前と住所と電話番号わかる?」と聞かれ、これも全部教えた。
それから運転手の人と歩道橋を降りて、Aの家に案内した。
このあたりはあまり覚えていないが、A君のお母さんが出てきた後Aが呼ばれ、Aが自爆して俺は帰された。
それから運転手の人はBの家にも行ったらしく、AとBは翌日(日曜日)親と一緒に謝りに来た。

AとBは親にすごく怒られたらしく、特にBは性格がガラリと変わり。イタズラはなりをひそめた。
Aはそれでも俺に当たろうとしてきたが、「Aの家に○さん(運転手の人)呼ぶ」と言うと
みるみるうちにあおざめて大人しくなった。
Aの玄関前のやりとりで運転手の人の名前は知ってたが、連絡先も知らないのに…。
だいぶ後になってふと思い出した時、○さんの○は○組の○じゃないか?と思ったのが衝撃。
ただ、AもBも引っ越してしまった(クラス替えまでは間違いなく一緒だったが、中学の時には確かに居なかった)
ので確かめることも出来なかった。

433: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)21:38:12 ID:???
>>432 ちょっとした勇気でいじめ回避 ( ´∀`)bグッ!
この「ちょっとした」勇気ってなかなか出せないのに頑張ったじゃん!

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験1