790: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/01(金) 00:21:15 ID:LDYYabfr
小6の国語の授業で「川とノリオ」をやった時、先生に指名された私は問いに答えることになった。
「ノリオが夜に目を覚ましておじいさんを探すと、おじいさんは暗闇の中、釜の前で背を震わせていた。それは何を表しているのか」
というような問い。
前提として、舞台は戦時中の日本。
ノリオはまだ幼い子供で、父は戦争へ行った(と思う)
母はノリオを田舎の祖父宅へ預け広島に行ったまま帰ってこない。



スポンサーリンク

祖父はノリオと暮らす日々の中、広島の原爆を知ったがノリオには何も告げていない。(父も既に戦死してたかも)
私はそれらを踏まえて、
「祖父は幼いノリオに両親の死を教えられないことが苦しく、また一人ぼっちになったノリオがかわいそうだったから泣いていた」
みたいな答えを出した。
すると、全否定。
首をブンブン横に振った先生、
「違いますね!いい?思い出してみなさい、お年寄りを。
よく身体が小刻みに震えてるでしょう?息も荒かったりしますね?呼吸するのもやっと。
人間、歳をとるとああいう風になるんです、筋力も弱くなる。
ああなると、すぐ死んじゃうの。
だからこのおじいさんも、こんなに震えてるんだから、もう長くないんです、もう死んじゃうんですね」
と、さらり。
震えてるおじいさんはもう死んじゃうって、そんな答えあり!?
小学生の国語の授業よ?非道過ぎない?
聞こうにも、私の答え全否定で恥ずかしい上に、衝撃の解答で頭の中ぐるぐる。
「じゃあ、つぎのとこ読んでもらいましょうか」
とそのまま授業は続行。クラスの反応は覚えていない。この先生ヒスを起こしやすいので、皆スルーだったのかも。
授業後、友達に「死んじゃうってwww」「先生おかしいでしょww」「もう笑こらえるのは大変だった!ww」と口々に言われた。
あまりにも気になって、他クラスの子達にもその部分の答えを聞いてみたのだが、返ってきたのは皆、
「そんな質問なかったよ?」
という答え。
今でも気になってる、本当にあれが正解なのか。

卒業後、その先生と仲良くなって家にまで遊びに行ったり、漫画の貸し借りで萌え話しするほどになったが、なんとなくそのことは聞けなかったよ。
今はもう交流ないけど。

791: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/01(金) 00:42:06 ID:sMbaKkGs
>>790
どう考えてもあなたが正解かとw
792: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/01(金) 00:46:25 ID:TS+lXG4/
ギャグのつもりだったけど受けなかったから素知らぬ顔で次行ったとかw
794: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/01(金) 00:58:10 ID:sMbaKkGs
>>790
ちょっとマテw
>「ノリオが夜に目を覚ましておじいさんを探すと、おじいさんは暗闇の中、釜の前で背を震わせていた。それは何を表しているのか」
川とノリオにこんなくだりはあるのか?
ぐぐった限りだとなさそうなんだがw
807: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/01(金) 09:48:48 ID:9cvM7huZ
>>794
私も読んだことないけど
検索した感じだと、じいさんが年寄りすぎてどうとか、年老いた爺ちゃんとか、書いてあるのと
>>790
げた作りのじいちゃんの節くれだった手が、ぷるぷる震えて、まきを入れる
ぽしゃぽしゃと白くなった、じいちゃんのかみ

って書いてある本文の一部を見つけたから、790が言ってる部分がこれなら
老い先の短いじいちゃんってのを、状態で表してるのが読み取れるかどうかって問題だったんじゃ?

さすがに教師がイジワルでデタラメ言ったって勘ぐるのは無理あるんじゃないかな
後すぐ下の行に「ノリオはじいちゃんの子になった」って書いてあるから一人ぼっちではないね
その前にじいちゃんが泣いてる描写があったけど、ばあちゃんの仏壇見ながら戻らないノリオの母を思って、
幼い孫とふたりきりになって、孫を不憫に思う気持ちと寂しさと、そういうのはここかな

全文読んでないから自信はない
同じ学校同じ学年で、同じ話の授業はあるはずだけど、その話から読解力の問題や指導をしていくのは、ある程度は「これはやりましょう」ってのがあるみたいで
それ以外は時間のあまり具合や教師の意向や、参考にした学習指導の本なんかで変わってくるもんだと思う

自分も昔戦争物の朗読で「●●さんバンザーイ」とかいう部分でクラス中笑いをこらえて、授業後みんな大笑いだったけど
「爺ちゃんは死んじゃうんです」ってのが大ウケだったのもその手の現象では・・・

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 104度目