63: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)03:51:06 ID:iIB
数年前母が整形外科関係で入院した際に偶然胃がんが見つかった
幸いどちらの手術も成功したんだけど、退院が決まった矢先に
熱を出して意識が朦朧とした状態になった

私の事も時々は認識するけど看護師さんと勘違いする状態…
トイレに行きたいと言うのでナースコールを押したんだけど
それと同時に…このような状況が初めてだった私は何もできなかった

速攻で来てくれた看護師さんはすぐにベッドの処置や母の着替えをしてくれて
汚れたパジャマや下着を袋に入れて渡してくれた

病院のランドリーで洗濯機にそのまま放り込むわけにはいかないから
下洗いをしてたら涙が止まらなくなった
母は良妻賢母でとにかく器用で私に色々教えてくれた
何があっても私の味方をしてくれて亭主関白で怒鳴り散らす父から守ってくれた
このまま母が私の事を忘れたらどうしよう、万が一死んでしまったらとか
まだ恩返ししてないのに…と思ったのが修羅場

幸い母は熱が下がった後、惚ける事もなく無事退院しました



スポンサーリンク

64: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)03:52:28 ID:iIB
ちなみに亭主関白で気に入らない事があると怒鳴り散らす父は
母の入院中毎日お見舞いに行き、洗濯物や必要な物を差し入れしてました
母が熱を出しておかしくなった日はどうしても抜けられない用事があって
私に絶対様子を見に行ってくれと頼んできてた…何か予感があったのかな?

母の退院後も父は母のために胃に優しい食事を作ったり
母の体温や血圧を時間通りに計って記録したりして正直びっくりしてます
母も最初は病人だからと甘えて食べない、動かない日があったそうですが
父の逆鱗としまった!母さんは病み上がりだ!からの優しくするコンボで
父さんも頑張ってくれてる!ってのを再確認して今では洗濯や食器洗いをしてるらしい

昨日この週末に久々に二人で旅行に行くと電話があった
父も母も楽しそうな元気な声だったのが本当に嬉しい

65: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)09:02:26 ID:Awi
よかったやん
66: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)09:55:44 ID:Km6
いい父だね
修羅場の最後ハッピーエンド珍しいなおい

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その9】