20: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/22(火) 16:09:13 ID:0WJsdbHP
モンスターというか妖怪、に遭遇した話。
うちの婆さんは、折り曲げたみたいにものすごく腰が曲がっている。
それでも足腰も気持ちも強くて働き者。趣味は鶏と畑の世話、手芸など。
冬場ストーブ付近で丸まっている姿はヌコのようで萌える、小さな婆さん。

ある日高校の帰り道に、家の近くで中学生DQNが複数で男の子を追いかけているのを見た。
軽い障害というか不自由なところがあって、いじめの対象になっていた子だった。
藪に入って行ったな、暴行とかだったら大人を呼ばなきゃ、と思っていたら(携帯も普及していなかった頃の話)奥から数名の絶叫がした。



スポンサーリンク

ヤマンバが出てきた!
曲がった腰、バサバサの白髪、老婆の手に…ナタ!!
転ぶDQN、ゆっくり近づく婆さん(歩くの遅い)、後ずさりしてまたダッシュするDQNの悲鳴。衝撃の光景…。

よく見たらうちの婆さん。
髪は木にひっかかってほどけたそうです、
ナタは趣味のクリスマスリース作りの材料、木のツル確保用。
婆さんは「この先は蜂やらマムシが出るで、危ないて言うた!怪我させたら怒られるのはうちねや!危ない!」と嘆いていました(いやそれ婆さんも危ないから!)。

うまく言えないけど、山の中であんな婆さんに遭遇したら確実にトラウマになると思う。
孫でもしばらくビクビク過ごしてました。当時八つ墓村が話題になってたんだよ…。
そんな祖母も今では鶏インフルの風評で鶏を処分し、畑と藪は道路と住宅地になり、すっかりおとなしく曾孫と遊んでいます。

21: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/22(火) 16:10:48 ID:ONgffkMY
リアルりうさんだ!
22: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/22(火) 19:07:05 ID:Xcn1O+ia
おお、リッチになったんだな婆さんは 悠々自適で幸せだね

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 104度目