211: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/21(土) 14:38:54.34 ID:sUDDekRd
公園でボケーっと座っていたら、子供が2人で喧嘩を始めた。
若い父親が1人いたし、「兄弟喧嘩かー」と思ってある意味微笑ましく見ていた。
歳の差2つくらいの子達で、やはり大きい方が有利だけど父親は小さい子に向かって「やり返せ!やれ!やれ!」と。
まぁそれでも小さい子はやっぱり負ける訳で、大きい子が馬乗りになった所で父親がストップをかけて終了。
「子育ても大変だなぁー」と思っていた瞬間、父親が大きい子に思いっきりびんた。吹っ飛ぶ大きい子。
更に小さい子に気の棒を持たせ、「やれ!やりかえせ!」と。



スポンサーリンク

「ええ・・・やりすぎだろ・・・」と思ったが、小さい子は泣きながら棒を拒否。
棒を投げ捨てるけど父親がそれを拾い、また持たせる。

そうしているうちに母親が駆け寄ってきて泣き叫ぶ大きい子を抱き、何やら夫婦で口喧嘩が始まった。
母親も暴カを振るわれ、さすがにタダ事じゃないと俺が必タヒに止めに入った。
結局俺もヒートアップしてしまって、他の人が警察を呼んだみたいでパトカーが到着。

まぁ、他人の家庭に首を突っ込んだ俺が悪いんだけどね・・・。
と思っていたら、警察との話が進むうちに、なんとその子供達2人は兄弟じゃない事が分かった。
若い父親の子は小さい子だけで、大きい子は後から駆けてきた女性の子で、俺は「えええええ・・・」と。
女性は鼻の骨がオれたんじゃないか、っていうくらい鼻チが出ていたので救急車で運ばれ、
若い父親はパトカーに乗って連れていかれた。

俺は残った警察に引き続き事情を聞かれ、双方の子供達は近所の人が連れて帰ったけど
父親がパトカーに乗せられる所を子供に見せちゃってもいいのかな、と思った。
DQNの英才教育を見た気がした。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 102度目