172: おさかなくわえた名無しさん 02/10/24 03:21 ID:eUB0c6Bk
今日、いらしたお客様・・・
パンツをお求めになり、お裾直しを承りました。
試着していただいたうえで、出来上がりの寸法を確認して、 納得されていたはずなのに。
仕上がり時間に取りにお越しになった際、 いきなり「さっきの、短すぎたと思うの」
「・・・(・・?)」 「やりなおしてちょうだい」やりなおしてって言ったって切っちゃってるんですが。
再度試着していただいて見ると、ちょうどよく思えるんです。 (素足でかかとすれすれくらい)
ってゆぅっか、さっきあわせた時は、お客様ご自身もこれくらいでいいって言ってらしたのに・・・。



スポンサーリンク

でもまぁ、ヤだってゆぅなら再修理するしかない・・・。
「切ってしまってるので、ロックミシンをかけてもらって縫い代を短くして股下を伸ばしますね」と説明すると、
「ちゃんと余り布を継ぎ足してやり直してくれないと困るわ(怒声)」
でも、それだとお直し代がかなり高くなってしまうんです・・・。 普通のお直しの5倍くらい・・・。
「私、こういう場合、いつも無料でちゃんと継ぎ足して修理しなおして
 もらってるんです!!!(超怒声)」

いつもなんかぃ(  ̄ ▽  ̄ ;)
仕方ないので、お客様のご要望通りにすることに致しました・・・。
(値段のことだけじゃなく、生地の厚いパンツだったので、 継ぎ足すと、すそがモコモコしてしまう感じだったんだけど。)
「出来上がり、明日になるんですけど」
「家が遠いからまた取りにくるの、いややわ。配達して。」
「・・・その場合、宅急便をご利用頂くことになるんですけど」
「あんたが悪いのに、私に宅急便代払えってゆうの(超怒声)」
結局、宅急便代も踏み倒され・・・。未だに自分が悪かったとは思えません・・・(; ;)ホロホロ

家が遠いのであれば、もう二度とお越しにならないで下さいね・・・

174: おさかなくわえた名無しさん 02/10/24 21:13 ID:jHEM1A62
>>172
そりゃただの嫌がらせとしか思えんな。

引用元: あなたが遭遇したDQN客