731: おさかなくわえた名無しさん 02/12/13 20:48 ID:eysPExWj
以前勤めてた会社の窓口は、凄くきれいな先輩が座ってた。
ある日、正面玄関の自動ドアからDQNボーイが入ってきた。
そのDQN、窓口の先輩を見ると「はっ!」と声に出して立ち止まり、
一礼したかと思うと、回れ右をして勢いよくどこかに行ってしまった。
10分後、再び現れたDQNは一礼して美人先輩に近づき、



スポンサーリンク

メモ用紙を渡したかと思うと、変なブレイクダンスを踊って出て行った。
メモ用紙を見せてもっらたのですが、ケロケロケロッピのメモ用紙で
内容はラブレターだった。
「僕の名前は○○です。世界一美しい君よ。
 僕と付きあってくれませんか?
 30分後にまた来ます。
 丸で囲んでおいてください。

 YES→君の星座_________
 NO→理由__________ 」

先輩は「プライベートなことにはお答えできません」と断ったらしいが
私としてはそのDQNに、どうして「YES→君の星座_________」
なのか聞きたかった。「YES→君の名前」じゃなくていいのかな?

732: おさかなくわえた名無しさん 02/12/13 20:52 ID:H908DCZF
>>731
わろた!
それ「腹筋が痛くなるほど笑った」スレ
のほうがいいんでは

747: おさかなくわえた名無しさん 02/12/14 15:36 ID:18c505BZ
>>731
は別にDQNじゃないじゃんよ
かわいいもんだー

748: おさかなくわえた名無しさん 02/12/14 15:38 ID:FzZw5U40
>>747
>>731は個人的に、DQNというよりデンパに近いような気がする…・(w

引用元: あなたが遭遇したDQN客