863: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)20:37:42 ID:TU8
今日体験したてほやほやの修羅場。

観光地Aの売店で車の鍵を落としたら観光バスの運転手さんに持ち去られたでござる。
道理でダンナと二人で必タヒこいて探しても無いはずだよ!
その前に何で観光バスの運転手さんが私の車の鍵を持ってるの?っていうか今何処へ向かってるんだよ!!
混乱している中、話を聞くに落とした鍵を拾ったはいいがどうやら運転手さん、お客の車の鍵だと勘違いしたまま次の目的地に向かってしまったとのこと。
(……普通は出発前に確認するよな…)



スポンサーリンク

とりあえず、ダンナが連絡先として携帯番号を売店の事務所に残してくれたおかげでそこを通じてダンナに確認の電話を入れた運転手さんから次の移動先を聞き出し、JRでそこへ向かうことに。
次の目的地である観光地Bを出ていた運転手さんから鍵を託された売店の人から鍵を受け取り、ダンナの友達を拝み倒して足になってもらいなんとか一路観光地Aへと向かうことに。

そしてやっと自分の車で家へ帰れる事になったのだが…せっかくのドライブが…青い空、青い海、白い砂浜……。
海のバカヤロー! ダンナのバカヤロー! バスの運転手さんのバカヤロオオオオオオ!!

865: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)21:05:13 ID:dGN
適当な運転手からすると沖縄?
うちの親も沖縄の人だけど、考えが発展途上国みたいな感じだから
日本の会社みたいにきちんとできないんだよね〜
866: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)21:07:40 ID:aW1
>>863
お疲れ様。。
まぁ、せっかくの旅も台無しだわなぁ。
すべては鍵を落とした旦那さんが悪い。
持ち去った方も如何なもんではあるが、悪意の人間じゃなかっただけマシ。
下手したら鍵は返ってこなかったと思うよ。
かと言って、旦那さんを責めてもどうにもならんので、どっかで消化するのが良いかと。

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その9】