614: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)14:55:46 ID:Vsk
個人的な体験。胸糞わるいし自分のことではないし、長くて取り留めのない文章だから、読み飛ばしてくれてもかまわない。



スポンサーリンク

小学校の時、クラスメイトにA子とB子という二人の女の子がいた。

A子は勉強も運動もできる美少女だった。
明るくて優しいから常に同学年女子の中心にいて、でも男勝りで活動的なところもあって
時折男子と喧嘩することもあったけど概ね男子からも高評価を受けていた。

一方、B子は勉強も運動もぱっとしない大人しいやつだった。
気が弱くて、動作ものろくて、いつも俯きがちだった記憶がある。

そしてそんなA子とB子は常に一緒にいた。

616: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)14:59:42 ID:Vsk
俺の小学校は大半が同じ幼稚園出身なんだけど、二人だけはちょっと離れた場所にある幼稚園に通ってた。
だから人見知りなB子はA子以外の友人をうまく作れなかったんだと思う。

また、A子とB子は家が近くて二人の母親が非常に仲良だったらしい。
それが関係しているのかA子とB子は習い事も同じだった。
B子の家は共働きで、学校から家に帰っても誰もいない。
B子は学校から帰るとA子と一緒にA子の家に帰る。
習い事がある日はA子と一緒にA子母に送迎してもらう。
母親の仕事が終わるまでA子の家で過ごす…という日々を送っていたようだった。

そういった環境だったためか、学校生活でも放課後でもA子の後ろには必ずB子がいた。
A子を何かに誘うとB子も必ず着いてくるのだ。

617: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)15:03:16 ID:Vsk
当然、B子は男子からは馬鹿にされ、女子からは疎まれていた。

男子からは「うん子」「イソギンチャク」というあだ名で呼ばれからかわれた。
前者は金魚の糞から、後者は腰ぎんちゃくと、B子が癖毛であったことからついたあだ名だったと思う。

女子からはA子のいないところできついことを言われたり、時々物を隠されるなどの意地悪をされていた。

B子はたまに涙を流すことはあっても、基本的に俯きながら耐えていた。
A子はB子がいじめられているのを見つけたらいつも助けてあげていた。
いじめる男子には怒ったし、隠されたものも一緒になって探していた。

618: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)15:07:48 ID:X7J
続きwktk
619: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)15:12:01 ID:Vsk
しかし、A子とB子が本当に仲良しだったかというと少し違ったような気もする。

A子とB子は根本的に気が合わなかったように見えた。
俺はA子とB子と家の方向が同じだったから、二人が一緒に登下校する様子をよく見てた。
だから二人の会話が自然と耳に入ってくるのだけど、なんというか今一つ盛り上がってない様子。

A子がTVや芸能人の話題を振っても、B子は「え…そうなんだ」「知らなかったすごいね…」と歯切れが悪い。
逆にB子がぼそぼそと何か話題をふってもA子は「え、聞こえない、もう一度言って!!」
みたいな感じだったし。
放課後も「バレエ遅れちゃうから早くして!!」と帰り支度が遅いB子をA子が少し苛立ちながら急き立てるの何度も見てた。

620: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)15:23:06 ID:Vsk
そんな二人の関係も学年が上がるにつれて少しずつ変わっていった。

自分の学校は1学年2クラスで、2年に一回クラス替えがある。
3年生になっても、俺とA子とB子は同じクラスのままだった。
クラスメートの面子が変わっても、A子は相変わらず男女双方から人気でクラスの中心にいた。
B子はなんとなく下に見られていて、男子も女子も時折思い出したようにB子をいじめていた。

しかし、B子が少しずつだけどA子から離れるようになっていったのだった。

621: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)15:30:03 ID:Vsk
朝一緒に登校するのは変わらなかったけど、休み時間も外に行くA子とは離れて本を読んだり。絵を書いたり、
他の大人しい子と話したりするようになった。
放課後もA子とは別に1人で帰る姿をよく見るようになった。

それを見てた他の女子は
「暗い」「やっとA子ちゃんから離れてくれたよ」「一人ぼっちで可哀そう」「習い事下手でやめちゃったからね」
等と陰口を叩いていた。
でも俺には前よりも心なしかB子が明るくなったように見えていた。

ある日の帰り道、俺は前方をのろのろ1人で歩いているB子を見つけた。
今まで殆ど喋ったことはなかったけれど、俺も1人だったし、何となく話しかけてみた。
B子は話しかけられると思っていなかったらしく、困ったような顔をしていた。
あまり「うん」とか「ううん」とかそれくらいしか返事をしてくれなかった。

623: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)15:39:09 ID:Vsk
それでも諦めず、それ以降帰り道、見かけるたびにB子に声をかけてみた。
すると、B子も警戒心が解けたのか、少しずつ話をしてくれるようになった。
多分俺が他の男子と違って、B子に意地悪をしなかったからだと思う(というか関心がなかった)
ある日「最近A子と一緒にいないよな」と聞いてみた。
B子はぽつりぽつりと自分の気持ちとか、今までのことを話してくれた。

・A子ちゃんのことは好き。優しいし、強いから。でも、ずっと一緒にいるのは迷惑だとも思う。
A子ちゃんだって私がいない方が自由に遊べると思うし。

・今までお母さんが帰ってくるまでずっとA子ちゃんの家にいたけど、それもよくないと思う。
A子ちゃんのお母さんは優しいしいから好きだけど、自分があの家にいるのはちょっと違うと感じた。

・A子ちゃんと一緒にいると、いつもお母さんに比べられて辛い。「A子ちゃんはあんなにできるのに」と。
習い事も勉強も、普段の様子についても。比べてくるのはお母さんだけではない。
ピアノやバレエとか習い事の発表会(?)があると、女子たちが見に来る。お母さんがいる前では「B子ちゃん上手だね!」「頑張ったね」
と褒めてくれるけど、実際学校では「A子ちゃん真ん中で踊ってたね。B子ちゃん端っこw」「同じくらい習ってるんだよね?どうしてあんなに下手なの?」
とからかわれていた。そもそも習い事もそんなに好きではなかった。

・だから、ある日お母さんに上の事を全部正直に話してみた。
なにかあるごとに「A子ちゃんと仲良く。何かあったらA子ちゃんちに頼るように」と言っていたお母さんはとてもびっくりしていた。
でも正直に話したら納得してくれて、習い事も辞めさせてくれたし、放課後も自分の家で一人で過ごすことも認めてくれた。

・最近は休み時間も好きに過ごせて楽しい。放課後も自分の家にいるだけじゃなくて、隣のクラスの子の家とかに時々遊びに行っている。

俺はその話を聞いてびっくりした。なんかB子への印象が変わったというか。
うまく言えないけど人間って変われるんだなって。

624: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)15:53:02 ID:Vsk
他にも

・A子ちゃんみたいにハムスターや文鳥を飼いたい。でもお母さんがダメというから青虫を飼ってる。
青虫を蝶々にして外に返すのが好き。でもこの間育てたのは蛾だった…。

・習い事、次に何かするなら絵を習いたい。お母さんに言ったら算数で100点取ったらいいと言われたので
勉強を頑張ってる

とか。

ある日俺とB子が一緒に歩きながら帰ってると、たまたま出先から帰ってくる途中のおふくろと遭遇した。
おふくろは俺とB子を見ると「スイカ買ってきたからB子ちゃんも食べていきな」と声をかけた。
B子は遠慮しまくってたけど、結局俺の家についてきた。
俺は家に女子が来たことなんて殆どなかったからどうしたらいいか分からなかった。
分からなかったけど、ただスイカを食べてるだけも気まずいからゲームを一緒にやらないか誘ってみた。

星のカービースーパーデラックスをやらせたのだが、予想外にB子は喜んだ。
もちろん彼女には2Pを任せたのだが、色んなキャラクターになれるのが面白くって仕方がないらしい。
夕方までカービーをやって、B子は笑顔で帰っていった。
B子が帰った後、おふくろは「噂で聞くよりしっかりしてるし、いい子じゃない」と言っていた。

B子が俺の家に来たのは後にも先にもこれっきりだった。

625: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:00:14 ID:Vsk
4年の2学期半ば位だったと思う。
B子が学校を休んだ。1週間位来なかった。
しばらくぶりに学校に来たB子は普段以上に暗く、俯き気味だった。
そしてB子が学校に来始めたくらいにある噂が流れた。

それは「B子が一人の時に家に不審者が入った」というものだった。

628: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:07:10 ID:Vsk
俺は当時「いたずら」という言葉の意味を知らなかった。変などろぼうみたいな人がB子の家に入って、
何か家に悪さをして帰っていったのか…くらいに捉えていた。

男子は「不審者ってどんな奴?」「何か盗まれたの??」と面白がって聞いていた。
女子は「先生から鍵は首にかけるなって言われてたじゃん!」と責められていた。(B子は家の鍵をペンダント状にして首にかけてた)
B子は俯いたまま、あまり答えず、その様子を見たA子はすごい剣幕で「面白がらないでよ!そういうこと言わないで!!」とB子を庇い、怒っていた。

家に帰っておふくろにこのことを話すと、怖い顔で「絶対そのことでB子をからかってはいけない」と言われた。

今思うとこんな話が子供の間で広がるのもおかしな話だと思う。
大人になってからおふくろから聞いたんだが、この件について保護者に向けて学校からの説明が特になかったらしく、
保護者の間で学校への不信感が募っていったし、情報共有もうまくいかなかったらしい。
多分子供にこんな話が漏れたのはそのせいなのではないかと。そしてハン人が捕まることがなかったとも。

629: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:27:18 ID:Vsk
B子が学校に来るようになって数日後、今度はA子が学校を休んだ。
俺は最初風邪か何かだと思っていたのだけど、
A子の取り巻きが俯いて席に座っているB子を遠巻きに睨み付けながら何やら話をしていた。

曰く、A子が学校に来なくなったのはB子の母が原因だという。
A子が学校に来なくなった前日、A子は他の女子たちと自宅の庭で遊んでいたらしい。
すると通りがかったB子の母が庭に入ってきてA子を詰ったという。
要約すると
「どうして今まで仲良くしてくれてたのにB子を突き放したのか。どうしてB子をA子宅においてくれなかったのか。
もし今までみたいに一緒にいてくれたらあんな事件にB子が遭うことはなかったのに!」と。
そう言われたA子は泣きだしてしまい、B子の母親はそのまま立ち去ったという。
その後、A子は自室に籠ってしまい、他の女子たちも帰らざる負えなくなったらしい。

女子たちは「A子ちゃんは何も悪くないのに…」とB子に聞こえるように文句を言い合っていた。
B子は聞こえているのか聞こえていないのか、ただただ、俯いて席に座っていた。
俺は何も言えなかった。

631: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:38:29 ID:Vsk
だが、そんな雰囲気もあることが担任から発表されて一変した。
それは「今週末の授業を最後にB子が両親のお仕事の関係で急遽転校することになった。」というものだった。
朝、朝礼でB子は担任に呼ばれて壇上に上がり、担任の発表の後、皆に一礼した。
これには皆驚いた。あまりにも突然だったから。

今考えれば理由はよく分かる。こんな事件があった土地で、こんなに噂が立ってしまって
この先B子が平穏に暮らせるわけはないのだから。

この発表のあと、手のひらを返すように皆、B子に優しくなった。
「もっと早く言えよ」「どこに引っ越すんだ?」「新しい住所教えて、手紙出すから」など等。
普段B子をからかったり、嫌味を言ってた男子女子がB子をちやほやしだした。
B子は硬い表情ながらも、久しぶりに笑顔を見せていた。

そんなとき、割と発言力の強い女子たちが
「B子ちゃんのお別れ会をやろう!!」と言い始めた。

ちょっと照れながら困惑しているB子をよそに、女子たちはあれこれお別れ会
について盛り上がり始めていた。お菓子を持ち寄ろうとか、皆でお金を出し合ってケーキを買おうとか。
お別れ会はB子が最後に学校に来る土曜日の放課後に行われることになった。
隣のクラスの女子も一部誘われるらしく、男の俺には当然声が掛かることはなかった。

でも、B子が最後に主役になれるみたいで良かったと思っていた。

土曜日、HRでB子は皆に別れの挨拶をした。皆と長い時間過ごせて楽しかったと。
皆もB子に拍手をした。A子はまだ学校を休んでいたけれど…。

俺は帰り際、B子に「じゃあな、お別れ会楽しめよ。」といって去った。
それがB子を見た最後だった。

632: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:40:55 ID:Vsk
その後、A子は普通に学校に来るようになって、何事もなく小学校生活は過ぎていった。
A子は地元の私立のお嬢様学校に進み、俺は普通に地元の公立に進んだ。
胸糞悪い話はここから。
635: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:48:22 ID:Vsk
中学校で俺はある同級生の女子と親しくなった(仮にC子とする)。
同じ部活で、ゲームや漫画の趣味が近くてよく話すようになった。
実はC子とは小学校も同じだったのだか、一度も同じクラスになることはなく、
当時はほとんど面識はなかった。

ある日、何気なく小学校の時の話になって、B子の話が出てきた。
もうこの頃は俺は、あの事件がどんなものか分かってた。
「B子元気かな」「うん、ちょっと気が弱いけど上手くやれてるといいね、あの子」
「でも、最後に女子がお別れ会開いてあげてたんだろ。あいつうれしそうだよな」

俺がそういった瞬間、C子は暗い顔をした。そして言った。
「…お別れ会、やってないんだよ」と。

636: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:51:50 ID:Vsk
C子は話してくれた。
当時、C子はB子と時々遊ぶ間柄だったが、隣のクラスだったしお別れ会の中心となっている女子たちとあまり仲が良くなく、
お別れ会に誘われることはなかった。
お別れ会が開かれる当日、C子は学校に帰ってから、一人で家でゲームをしていたらしい。
すると、誰かが家の呼び鈴を鳴らした。
扉を開けてみるとそこにいたのはB子だった。
637: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)16:57:16 ID:Vsk
あわてて家に入れて、C子はB子に「お別れ会は?」と聞いた。

当初、女子たちはB子のお別れ会をしようと計画を立てていた。
しかし、誰かが「A子のお見舞いをしたい」と言い出したらしい。
それで「B子のお別れ会とA子のお見舞い」を一緒にしようという話になった。
だが、途中で「A子が学校に来れなくなったのはB子のお母さんが原因だから、B子が行くのはよくないんじゃないか」
と当初の主旨がねじ曲がっていってしまったらしい。

俺は絶句した。何故なら、確かにあの日、近くのスーパーから楽しそうにお菓子をもって出てくる女子たちを見ていたから。

638: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)17:03:46 ID:BRr
まさかお別れ会をしなかったことが衝撃というオチ?
そのためにセカンドレィプしたってその方が衝撃だわ。

てか4年生で土曜も学校があったってことは、立派な大人で下手したら30代以上の人だよね?
クズに失礼だけど、クズすぎない?

639: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)17:06:58 ID:Vsk
あれはB子の為じゃなかったんだ。

B子から事情を聞いたC子とC子母は戸惑いながらも、お菓子を出した。
でもB子は泣くこともなく淡々と事情を話、いつものようにお喋りをしたり、少しゲームをして帰っていったらしい。
別れ際、C子は「なにか欲しいものはないか」と聞いたらしい。
B子は遠慮したらしいが、C子が強く「お別れだから」というと、カービーのゲームソフトを持って行ったらしい。

「…なんかひどくない?だから私××達(当時のA子の取り巻きの女子達)嫌いなの」

以上です。いまだに時々思い出してなんとも言えない気分になる。
なんというか、そこまでする必要ないじゃないか。彼女が何をしたんだろうって。

スレ汚しすみませんでした。

640: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)17:11:04 ID:BRr
>>639
>彼女が何をしたんだろう

本当にそれ。
創作じゃないならイジメられてレィプされて嫌がらせとも思える別れをされ
大人になってからお前みたいなクズにセカンドレィプされるなんてB子が可哀想すぎる。
下手くそな創作でありますように。
ID:Vskがこれからも不幸であり続けますように。

641: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)17:15:14 ID:X7J
wktkして待っててかなりの長文でおおーっと思ってたのに
なんというどっちらけな…夏休みの創作活動乙
644: 名無しさん@おーぷん 2015/07/27(月)20:48:53 ID:hLo
>>639
なんだこのしりつぼみ。時間の無駄だった

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その8