3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/03(木)22:03:59 ID:PHS
>>1 スレ立て乙!

じゃあ早速俺が体験した
メンヘラ女との修羅場を。
見てる人おるかね?



スポンサーリンク

3年前の高校生の時、
別のクラスにメンヘラ女がいた。
部活の試合でうまく貢献でき
少し注目を浴びた。
だがそれが災いして
メンヘラ女に目をつけられてしまった。
学校でよく話しかけられたり
付きまとわれたり大変なことに。
更に誰から聞いたのか
俺の携帯番号を入手した。
ちなみにメンヘラ女は携帯持ってなくて
メールとかはできなかった模様。

メンヘラ女は
・病んでいますオーラ満載
・リスカしてる、たまに学校でも
・情緒不安定
・イケメンや人気者に
 媚を売りまくるびっち属性持ち
 (拒否られているが)

そんなことだから
先生に問題視され、
周りからも孤立していた。
友人達が色々励ましてくれてたのは
本当に助かった。
4: 名無しさん@おーぷん 2015/12/03(木)22:25:38 ID:PHS
正直面倒な存在だったが
あまり気にしないようにしていた。

だがある夜、メンヘラ女から電話がきて
一方的な病み話に適当に返事をしていた。
数分程話した時突然メンヘラ女が

「ねえ、俺君って弟さんいるよね?」

どこて知り得たのか、
こんなことを聞いてきた。
俺には一つ年下の弟がいる。
ちなみに別の高校に通っていた。
メンヘラ女には弟の存在は
話していなかったのに…

「いるけどそれがどうしたよ」
「弟さん、カッコイイ?」

いきなりこれかよ、と思いながら
思いついた限りのスペックをあげた。
高校名と名前は言わないでおいた。

「イケメンなほう、短髪、頭いい、
 くそ真面目、めっちゃムキムキetc」

とか言っていたらメンヘラ女が
豪速球を投げてきた。

「ねぇ…弟さん、あそこ大きい?」

( ゚д゚)………
驚くと声って本当に出ないのな。
マジでびっくり仰天よ。
会ったこともない人物の
バベルの塔の大きさ聞いてくるんだぜ?

「いや…俺知らね…」
「一緒にお風呂入ったりしないの?」
「さすがに今は入んねーよwww」

とかとりあえず誤魔化していたら、

「弟さんに会ってみたいなぁ…」

とかほざきやがったw
もちろんお断りさせて頂きました。
6: 名無しさん@おーぷん 2015/12/03(木)22:53:01 ID:PHS
そしてある日曜に事件発生。
俺が部活から家に帰る途中後ろから
「俺くーん!」
と呼びかけられた。メンヘラ女だった。
あいつは帰る道逆なのにって一瞬パニクった。
「ごめん、どうしても弟さんに
 会ってみたくて着いて来ちゃった★」
鳥肌が立った。
しかも運悪く今日は日曜、弟は学校休みで家にいる!
とりあえずとっさに嘘をついた。
「い、いや、悪ぃーな、今日は出かけてry」
「じゃあ家の中で待たせて!」
どこまで図々しいのかこの女。
そして家の前に着いてしまった。
もしかしたらいるかもー
家の前で待っててーと言って俺だけ家の中に入った。
家には両親もいたが、
ただいまも言わないで即弟の部屋へ。
勉強をしていたが構わず
今までの経路と現状を報告した。
それを知っためちゃくちゃ弟は慌てていた。
いつもは何かと冷静なのだがね。
とりあえず両親に相談することにして
両親にも経路を説明。
そこで親父がドア越しで説得することに。
「すみませんが、会わせることはできません」
あまり覚えていないがそんなことを言って
何とか平和(?)に解決しようとした。
だがメンヘラ女には通用しなかった。
「弟さんに会わせて!会わせて!」
急に怒鳴り始めた。
それと同時にドアからギリギリと不快音。
なんとメンヘラ女が包丁でドアをひっかいていた!
やばいやばいとなり即警察に通報。
警察来る間もドアを包丁でひっかいて
暴言をめちゃくちゃ言ってた。
んでその後警察きてメンヘラ女連行。
その後の展開は早くてメンヘラ女の親はまともな人で
ドアの修理代払ってもらって
俺らと二度と関わらないことを約束。
メンヘラ女はどこかに引っ越していった。
これが俺の人生最大の修羅場。

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その15】

話題の記事ピックアップ!