320: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 21:08:04 ID:JKnm4DJt
月並み?だが、自分が養子だった事。
高校の修学旅行でパスポートが必要になり、戸籍謄本を取った時に愕然とした。
その日は何も手に付かず、夕飯で両親が揃った時、思い切って問いただした。



スポンサーリンク

最初は鳩が豆鉄砲食らったような顔をしてた父が、みるみる目と口を開いていき。
「忘れてた!!」
今度は私が豆鉄砲を食らいました。

結婚当時、子宝に恵まれず、まだ赤ん坊だった私を施設から引き取った事。
年頃になったら説明しなきゃいけないなあ…と思いつつ、3人で生活している内に
養子という意識も薄れ、私が中学生になった頃にはすっかり頭から抜け落ちていた事。

「いや、小学校卒業した時に説明するかどうか悩んだ記憶があるから、それまでは覚えてたんだよ」
などとしどろもどろで言い訳する両親を見てると、ああ、二人は間違いなく私の両親なんだなあと
思えて、なんだか泣き笑いになってしまった。

あれから10年近く経つけど、私たちの関係に変わりはない。
今日が両親の結婚記念日だったので、ふと思い出した。

321: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 21:29:16 ID:tlaB9/P9
>>320
なんかいいな。「忘れてた」くらい自然に親子になってたんだから。
322: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 21:35:14 ID:S4tCRnHm
>>320
それ、本当にあなたの両親だよ
実の親子でもなかなかそこまでいかない
チとか、関係ないね
323: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 22:02:38 ID:vR/eXGKu
 ドロドロドラマの影響か何かで「養子=不幸」みたいな構造を
思い描く人もいるだろうけど、すべてがそうではないな。

 普通に自分の子供に思われていたのは、
実は自然なことだったのかも?

324: 320 2009/12/07(月) 22:17:28 ID:JKnm4DJt
>>321-323
ありがとうございます。
本来は事実をどう説明するかで四苦八苦するだろうに、
まさか忘れていた事への言い訳に四苦八苦されるとは思いもしませんでした。

ちなみに、私は施設の前に置き去りにされてた様で、
本当の素性やチ縁は一切分からないんだそうです。
名前も誕生日も両親がくれました。

高校生という多感な時期、ともすれば道を誤りかねない事態だったかもしれないのに、
こうして真っ当に生きていられるのは、間違いなく両親のお陰と感謝しています。

それではこれにて引っ込みます。

328: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 22:24:07 ID:yRy1BWlZ
>>320
生みの親に会いたいとは思わない?
329: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 22:28:30 ID:CgXuPIqr
>>328
余計なこと言うもんじゃないよ
339: 320 2009/12/07(月) 23:18:43 ID:aXU+2JAz
すいません、引っ込むと言っておきながら何ですが、酔った戯言と聞き流して下さい。

>>328
当時、ちょっと興味がありました。そこで正直に両親に伝えました。
そこで私の拾われた当時の事を詳しく聞きました。

結婚当初、近くに私が拾われた施設があり、従来子供が好きなのもあって
母はよく近所付き合いがてらボランティアでよく通っていたそうです。
その日、朝から施設内が忙しなかったので「どうしたの?」と尋ねると、
生後間もないであろう赤ちゃんが捨てられていたと。
職員にあやされている所に会わせて貰い、抱かせて貰ったら、その赤ちゃんは
ひしと母にしがみついて離れようとしなかったそうです。
自分を頼ってくれていると思った母はその場で引き取る宣言をし、後日父を伴って
正式に養子にする手続きを進めました。その日が私の誕生日になりました。

私はバスタオルに包まれ、大きなバッグに入れられていたそうで、
名前はおろか書置きすらなかったそうです。
「何も分からなくて済まない」と当時は謝られましたが、もう何も気になりませんでした。

近所や付き合いが頻繁にある親類はごまかせない為に真相を話し、他の多数には
ようやく授かった一人娘という事にしてたそうです。
この事実を知っていたのは母方の祖父母(父方は既に他界)と母の兄の3人だけだったそうです。

本当に周囲に恵まれていました。
こんな内容なので今まで話した事はなかったのですが、ちょっとすっきりした気分です。
長々すいません。本当にこれで最後にしますね。ありがとうございました。

345: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/08(火) 01:15:17 ID:ySIAiM2a
>>339
あなたが会いたいのか会いたくないのかはわからないけど
ようは手掛かりが何もないってことなのかな。
失礼な質問してすいませんでした。
ご両親を大切になさってください。
337: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/07(月) 22:55:24 ID:5HZ1cSfi
>>320
ありがとう。衝撃的にいい話だった。
ほんのり目頭熱くなったよ。
ご両親といつまでも仲良くね^^
349: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/08(火) 05:22:49 ID:MhlCfxbX
ええ話やのう
無い子に泣かされん、ちゅうくらい子育てで揉める世の中
あっぱれな一族
どうかお幸せに、(という必要もないわな)
350: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/08(火) 06:29:53 ID:ydLN52r8
320ほどドラマティックではないけれど、
俺も時々、母や姉とはチがつながっていないことを思い出して笑ってしまう。

妻に先立たれたオッサン(俺の父)と、夫に先立たれたオバハンが子連れどうしで再婚したんだ。
俺は継母に、姉は親父に似ていると言われることが多い。チはつながってないのにな。
(ちなみに、姉と言っても同い年だが)
家族ってそういうものなんだろうと思う。一緒に暮らしていると似てくるところもあるだろう。
産んでくれた母のことを忘れたことはないけれど、それはそれ、これはこれだな。

最近は歳をとったこともあって顔が親父そっくりになってきたし、
姉も母親に似てきたけど、性格はやっぱり異性の親のほうに似てるな、と感じる。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 63度目