58: 名無しさん@HOME 2012/11/21(水) 14:19:29.07 0
夜逃げネタで、子供の頃の話。

隣の夫婦(自営業)が夜逃げした。子供二人とばあちゃんを置いて。



スポンサーリンク

子供二人とばあちゃんは当時、学校の都合があるので、
どこか徒歩通学圏内の知り合いの家に隠れてたっぽい。←後から聞いた話。
子供の目から見ても、チャラチャラして、身の丈にあってない生活を
していた。ウチにまで隣の借金取り立て人(ちょっとコワモテ)が「隣の夫婦はどこへ行ったか
知らないか!?」と来たりとか、
隣の家の親戚も金を貸して逃げられた!と真っ青になって駆けつけて、
うちに隣の夫婦の行方を聞きに来たり、母はその人に「ちょっと奥さん聞いてよ!」
と恨みつらみの棚卸しを聞かされていた。

自分的に修羅場は、学校正門前で待ち構えていた借金取りが隣の子を
見つけて、腕をつかんで「お父さんお母さんはどこへ行ったっ!」と
言ってたその顔が鬼に見えたこと。マジ怖かった。

結局、親戚の人がその借金を肩代わりする形で、隣の夫婦は舞い戻って
しれ~っと普通の顔して生活していた。子供にあんな修羅場を体験させる
親って最低だと思った。
で、隣の子達は高卒早々、驚くような早婚をしてとっとと家を出て、
その後は絶縁らしい。里帰りしているのを見たことがないと母の言。
あんなことがあれば、早く家を出たくなるよな、と推測している。

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £68

話題の記事ピックアップ!