850: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/18(金) 02:36:54 ID:glBi+TkL
中学時代に入ってた合唱部での話。
同じ部活に所属していたA、男子の前では態度が変わるところが少しあり
部内でもクラスでも、一時期孤立していたことがあった。
合唱部の顧問はメタボなオッサン教師(でもその地区の合唱部ではトップ的存在だった)勿論妻子持ち。



スポンサーリンク

Aは練習が終わった後、顧問のいる音楽準備室に入り浸るようになった。
当時Aと一緒に帰宅していた友人が1時間半は待たされたとキレたことがあったので、7時半くらいまで2人で密室に篭ってたことに。
他の部員で、中で何が…と色々な憶測をしていたんだが、部活を越え学年を越え
2人が密会をしているということが学校中に知れ渡った。
いわゆるナイショの放課後(笑)は結局半年くらいまで続いたが
その後も、顧問はAをあからさまに贔屓したり、2人で意味ありげに目配せしたりと、正直みんな引いてた。

私達が卒業して数年後に、顧問は別の中学を転々としたらしい。

高校になり、私は地元の合唱サークルに入ったのだが
勿論他校の合唱部出身者も多く集まってくる。なんと噂は他校にも広がっていた。
驚くべきことに、10歳近く年下の最近出会った現役高校生たちも件の顧問の噂を知っており
「教え子を食った」「いや私はレィプしたと聞いた」「ロりコンだってことはみんな知ってる」
…みたいに尾ひれがつくについてた。

ちなみにAとは未だに付き合いがあるが、高校になってリア充化。
当時の出来事は、身体の付き合いこそなかったものの、本気で顧問を好きだったらしい。

引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 63度目