18: 匿名 2014-03-25 20:25:41
それでは私も行きます。

あれは三年ほど前のこと、子育てと仕事の両立のためにバタバタした毎日を送っていて、神経がはりつめていた私。
それでも無理して仕事を続けていたんだけど、ある日ほんとにパニック状態になって職場でぶっ倒れてしまった。
かかりつけの医者と話をするうち、さすがにもう無理だと判断して、上司にも話して退職することになった。
夫は自炊生活も長かったし、家事全般ができる人なので、しばらくの間、子供も連れて実家で静養することになった。



スポンサーリンク

実家の母はけっこう過保護なほうなので、一か月も経ってそろそろ家に戻ろうかと私が言い出しても、
「家事とか子育てはストレスもかかるんだし、もう少しだけゆっくりしなさいよ」と引き止められる。
夫も週末には会いに来てくれるので、私もすっかり周囲に甘えて、子供を母に任せてのんびりしてた。

ある日、退職前の会社から書類のことで連絡があって、平日の昼に家に戻ったところ、とんでもないものを発見してしまった。
私のものじゃない女物の下着がベランダに干してあった。
真っ青になって何度も確かめたけど、こんなもの見覚えがない。
キッチンの椅子には、しまっておいたはずの私のエプロンがかけてあった。
女が家に入ってきてるとしか思えない。
20: >>18 2014-03-25 20:26:26
さすがに問い詰めたくなって、そのまま夜まで、夫が帰ってくるのを玄関先で待ってた。
帰ってくることは言ってなかったので、ドアを開けた夫は、ぽかんとした表情。
その鼻先に、さっきの下着を突き付けて、
「どういうことよ!」と怒鳴りつけた。
すると、夫がいきなり身をすくめて
あっ、あっ、あたしの!」と女の子みたいに叫んだ。
あたし……?
と、夫が「いやっ、やだぁ!……ご、ごめん!ごめんなさい」と
最後にはいつもの口調になって土下座した。
私は何が起きたんだかわからず、固まってしまった。

夫を立たせて、ともかく話を聞き出したら、
下着は自分が着るために買ったもので、エプロンは自分でつけていたとのこと。

昔から女装癖はあったけど、結婚を機に止めようと思っていたのが、
私の長期不在で女装趣味がムクムクと頭をもたげてきたそうだ。
つまり私がいない間は、家では女装して生活していて、
他にも女物の服や化粧も自分の部屋に隠してあるらしい。
うちはプライバシーは大切にしようということで、
お互いの部屋はいじらないようにしていたけど、そういうことになっていたとは。

まぁ、外を出歩いたり子供の前で女装するのでなければ無害といえば無害だから、
結局は不問にしたけど、開いた口がふさがらなかった。

ひとつ弱みを握ったみたいで、前にも増して言うことを
聞いてくれるようになったけど、バーゲンの時なんかに一緒についてきて、
私のものを選んでいるように見せかけて自分用に
カワイイ服を買っているのを見ると、何だかなぁという気がします。
21: 匿名 2014-03-25 20:26:43
これは辛い・・・
23: 匿名 2014-03-25 20:27:41
逆に今はそれを受け入れてるあなたも凄い

受け入れるのしかないのかもしれないけど私だったら離婚!ってなるなあ

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験

話題の記事ピックアップ!