後編 17:24公開


408: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)19:16:24 ID:jfs
子供の育て方間違えた気がします。
子供は中2なんですけど、なんていうか「物語」に対する欲とか理解力っていうのが全然無いんですよね。
だから一緒に映画見に行っても、説明されない部分がいまいち理解できなくて楽しくないみたい。
だからお恥ずかしながら、子供に映画を見せたいときは家でDVDで、しかも私が横で解説を挟みながら見ることになります。

心当たりは正直あって、見るものや読むものに制限かけすぎたのかなーと。
アニメとか漫画はディズニーで、ジブリはもののけ姫とかちょっとグロイ部分もあるし、OKとNGは作品による感じ。
暴カとかエっ千な描写があるものは子供に与えたくないと思って、それが正しいと思ってました。

いったん切ります。




スポンサーリンク

409: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)19:16:55 ID:jfs
>>408の続きです。

最近子供がすごく読書家なママ友に「小さい頃どんなもの見せてた?」って
さりげなく聞いたら、「別に子供が好きなものを好きなように見せてた」って言われました。
よっぽど官能小説みたいなのじゃない限り、その子は小学校4年くらいから多少のラブシーンがあるような映画とか小説を読んでたみたい。暴カ描写についてはキリがないし基本OKって…。
私はホラーとかミステリーとかはちょっと小説として一段落ちるっていうかラノベみたいだったり、怖い部分もあるから子供に早いと思ってたんですけど、ママ友の子はミステリーとかホラーから読書好きになって今はうちの子と同い年なのに夏目漱石とか読んでるって。

子供と夕食後1時間は読書タイムって決めてるんですけど、うちの子は内容を理解できてない。感想とか聞いてもボーッとしてる。
ママ友は「子供のこれが見たい、読みたいって気持ちを大切にしてあげたかった」って言ってたけど、私はそれが出来てなかったってこと?
試しに子供と本屋行って「好きな本買っていいよ」って言われても、面白そうっていう判断すら効かないみたいでボーッとしてる。
もうラノベとか解禁したほうがいいの?でもラノベって過激なものが多いみたいだし、最近のは主人公の都合のいい展開ばかりが続くって聞くしそれって情操教育に悪そうだし…。
なんか泣きそう。
411: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)19:28:09 ID:0Eh
なんかもう手遅れ感はあるけど
子どもに「役に立つ」「役に立たない」みたいなのを親の浅知恵で考えないほうがいいよ
その子のキャパを超えるものを与えなかったらキャパが広がらないの当たり前じゃん
子どもが幼稚園行っても小学校に上がっても永遠に離乳食与えつづけてるのと同じ
栄養も足りないし歯もあごも消化能力も未発達のまま
412: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)19:37:44 ID:i0V
>>408-409
子育てに失敗したんじゃなくて、あなたが子供を人間扱いしてないんだよ
だから子供は諦めきってるんだよ
あなたの前で自分の意見や感想、希望を言っても何一つ通らないと諦めてるから自発的に何かをしようとしない
でも母親がいないところでは普通に過ごしてると思うよ
子供が無気力なのは408の前だからだよ

いい加減、子供に依存するのやめなよ
子供は母親の思い通りになる人形じゃないんだから
しかもその上「失敗した」とかさ、失礼にもほどがあるよね?
子供をいったいなんだと思ってるのよ
きちんと独立した別人だと認めないと、そのうち子供に愛想つかされて捨てられるよ
413: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)19:40:49 ID:AJV
自分で試しに読んでみて、面白いものを共有してみたら?
私は父親のお下がりで感想言い合って楽しかったけど…
あとは家で漫画は禁止されてたけど、学校の図書館にはだしのゲンとかぶらックジャックとかあって読んでたな
最近は学校の図書館にもラノベとか名作漫画は置いてあると思うから、読もうと思えばいくらでも読めるから解禁も何もないんじゃない?
てか小1くらいかと思ったら中学生…
414: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)19:57:08 ID:jfs
408です。
やっぱり叩かれますよね…。

でも実際、子供にどの程度好きなように作品に触れさせるかって難しくないですか?
私はそこの加減を間違えちゃったのかなと…。
皆さんはどのようにされていたんでしょうか?
正直私自身が読書家とか映画マニアってことでもなくて、どちらかというと無趣味な方ではあるんですけど、暴カとかエっ千なのが苦手な性格なんで、それで子供がそういうものに触れる嫌悪感があったのは認めます。

>>411
グサッと来ました。でもやっぱり子供が小さなうちは離乳食だし、塩分少なめのご飯だったり、スナック菓子は控えさせたりしますよね?
415: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:00:15 ID:fSV
>>414
難しくないですよ。
お小遣いだけ渡して、使い道には一切干渉しない。
>>408-409 を読むに、その基準だと小学校の図書館にある本でもNGになってしまいますよ。
416: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:05:08 ID:jfs
本当に皆さん子供の好きなようにさせているんですか?
すごく暴カ的な本やエっ千な映画を見たがったときはどうさせてるんですか!?

>>415
小学校の本も作品によってはNGにしていました。
怖いものが好きな子供になってほしくなかったので…。
417: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:09:17 ID:0Eh
> 読書好きになって今はうちの子と同い年なのに夏目漱石とか読んでるって。

あなたは本当に文化を損得でしか考えていないんだなあというのがよくわかる
夏目漱石は文豪とされてるからあなたにとっては文句なしに偉いのかもだけど
作品の中では不倫やら自刹やらニートやらいっぱい出てくるわけですが
だったらやっぱりダメ!と禁止するような親じゃ子どもは読書好きになりようがない
どうにか親の目を盗んでいろいろ読んでくれと願うしかない
419: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:15:14 ID:jfs
>>417
言っていることは分かりますけど、でもやっぱり夏目漱石って純文学ですし文豪ですし、読んでたらスゴイ!って思いますよね。
その差って、やっぱりラノベとは違うと思います…。
長い歴史で評価されてきた素晴らしい物を好むように子供にはなってほしいって普通の感情じゃないですか?
やり方は間違っちゃったかもしれませんけど、出発地点の気持ちは私も他の親もママ友も変わらないと思うんですよね。
良いものに触れてほしいんです。
420: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:15:30 ID:FLB
>>416
もしかして何かする時は親の了解を得ないとダメってことにしてる?
421: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:16:00 ID:fSV
>>416
あなたの子供の今の年齢は、200年ほど前の日本では結婚適齢期ですよ。
当然、子供も産んでいたわけで、性谷欠が無い方がおかしいです。
エっ千なものは勝手に見るでしょう。
そこから目を背けてると、逆に性癖がゆがんだりしますよ。
422: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:18:17 ID:jfs
>>420
了解とまではいきませんけど、私の好きじゃないタイプの本を読んでたら「そういうのお母さんは好きじゃないな。まだ早いよ」とは伝えています。

>>421
うちの子は幼いからまだエっ千なものは分からないと思います…。
高校ならともかく、まだ身長も低いし中学生がそういうのに興味持つってなんかグロテスクに感じます。
423: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:19:46 ID:fSV
>>422
それが間違い。
そうやって目を背けてると、性病もらってきたり、妊娠したり(男の子ならさせたり)しますよ。
目を背けずに、性教育をきちんとしないと危険です。
424: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:21:29 ID:jfs
>>423
うーん。でもうちの子、まだ女の子と身長も変わらないし、多分あなたの子(イヤミに聞こえたらすみません…)とちょっとタイプが違うから別のケースだと思います。
425: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:22:06 ID:9hS
正しく良い道だけに触れていれば、それで正しく良い道を進んでいけるというわけじゃないよ
誤っていて悪い道を知ってこそ、正しい選択を知ることができるという場合もある
暴カ的な文化に触れてこそ暴カはよくないと学ぶことができる
大人になったら親の制限なんて利かなくなるんだからありとあらゆる悪いものと接触する可能性がある
悪いものに接しないように制限するより、悪いものに接しても正しい判断をできる訓練をする方がいい
428: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:23:40 ID:zGE
子供を親が締め上げていると大人になった時の反動が必ずある
子供を信じてある程度は好きにさせておく必要はある
429: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:25:35 ID:AJV
中学生ならもう第二次性徴始まってるのにまだ幼いって…
あと、子どもは親の背中を見て育つもの
子どもに純文学を親しんでもらいたいなら先ず自分で楽しめば良い
もう遅そうだけど
432: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:28:08 ID:jfs
子供の好きに子供の好きにって皆さん言いますけど、本当に子供の好きにさせてたんですか?
キツイ言い方になりますけど、子供が欲しがったからってアレルギーの子に卵食べさせませんよね?赤ちゃんに固形物食べさせませんよね?
子供に与える本や映画を親が管理するってそういうことだと思うんです。
皆さんそういう管理はまったくゼロだったんですか?
子供がエっ千な本を読みたがった場合はどうしたんですか?
子供が読書家(ラノベ以外でお願いします)っていうママの意見、聞きたいです
433: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:32:40 ID:0Eh
>>432
あなたはアレルギー検査受けさせたわけでもないのに
子どもが卵アレルギーって勝手に決めつけて
絶対に卵は食べさせないの!って虐侍して栄養不良にさせている親みたいだね
434: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:33:02 ID:B4i
つい最近プリマに移動させられた規制差別両親の嫁みたいじゃないか。
極端で偏った親の知識だけで狭めた規制によって子供達が犠牲になってる見事な例。

中学生がまだまだ幼いとか思ってちゃいけないって。
それこそ昔は小さい頃TVみてたら普通に裸の女性なんてポンポンでてきたし
女の子なら小学校の時点でせーリの話もされるよね。
友人の間でもそういう性の話は少なからず何度か経験しているはずだよ。

そもそもさ。そういうものを見させて自分の子供が
簡単にハン罪おかすような間違った方向にいってしまうようなもろい育て方しかしてなかったわけ?
中学でちゃんとしていたら普通にきちんとモラルや善悪の判断がつく年齢だけど
それすらないって自分で言ってるようなもんだよ。
正直今頃子供に色んな物みていいよーっていったところで
一番興味があったころを押さえつけられた時期過ぎちゃったから手遅れ感ハンパないわ
437: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:34:53 ID:jfs
>>433
アレルギーは例が悪かったかもしれません。まだ歯の弱い子供にお煎餅を与えるようなものだと思っています。

>>434
でも寝た子を起こすって言葉はありますよね?
ダメって言ってもやりたがるのが子供ですし、変なものに興味持ってほしくなかった…。
435: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:33:57 ID:9hS
>>432
読書家の子供側の意見で申し訳ないけれど、自分は読む本を一切制限されなかった
本好きだったから学校の図書館にある本、辞書とか除けば全部読み切ったよ
旧約聖書から当時はそういう呼び方しなかったけれどラノベ的な作品までね
そういうありとあらゆる本を読む中で物事の良しあしを学んだと思う

本当にアレルギーみたいに忌避反応があるのなら
一回接触すれば自分にこういう本は合わないんだって子供でも理解するよ
読書でタヒぬことはないんだから卵アレルギーを制限するのとは全く同列に語ることはできないと思うんだけど
442: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:36:13 ID:jfs
>>435
お子さんからの意見もありがたいです。
でもやっぱりそれはたまたまで、変な本に触れたことでエっ千な子になる可能性もあったんじゃないかと心配になります。
自分のことって客観的に見れませんし…。
441: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:35:50 ID:AJV
本好きな子供(もう成人してるけど)の立場だけど
幼年→世界、日本の名作集をどかっと買ってもらう
クレヨンしんちゃんだけは禁止されてた
小学校→漫画以外は規制無し、漫画は学校で手塚作品とか読んでた
あと、父親が読書家だったから法律書とか物理書とか医学書とかお下がりで読みまくってた
中学以降は完全フリー
443: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:37:20 ID:jfs
>>441
制限をかけられていたんですね。
中学以降から変な本ばっかり読むようになりませんでしたか?
445: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:38:18 ID:fSV
源氏物語はロりコンから不倫まで何でもありだからねえ。
旧約聖書も工○いし暴カ的な表現もいっぱいあるよ。
446: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:38:24 ID:B4i
>>442
あのさ。それをやった結果、結局何も興味がわかない子供ができたんだけど
それについてどう思ってるわけ。
大きくなればなるほど面白さを知らなければ興味はわかない。
興味がわいて読んでみよう!という時期を押さえつけてしまった結果
動かない子になってしまっている現状をどう見るの?
多分今更「すきなものをみていいよ!」っていったところでかなり手遅れだよ
447: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:38:43 ID:jfs
レスが追いつかなくなってきたので最後に質問です。
納得いかない部分もありますけど、私が変だったのかなという気持ちも出てきました。
でもやっぱり「たまたまなんじゃないの?」とは思ってしまいますが…。
私の育て方が間違っていたとして、これから息子はどうさせたらいいでしょう?
449: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:41:58 ID:B4i
大体エっ千な子や暴カ的な子になってほしくないって
人間の本能であり、年頃の男の子の性谷欠なんて全否定したら
将来限りなく高い確率で性ハン罪おkすレベルの反動おこすわ。

夏目漱石だって自身の家族の背景考えたら作品に対する印象だってかわるわけ。
親の浅い知識で制限するんだから、それが成り立つのは小さい頃くらいで
中学校にいったらもう無駄だよ。だって規制する理由そのものがブレブレなんだから。
矛盾点どんどん指摘されてそのうち親の信用度がなくなっていく
454: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:48:13 ID:B4i
工○グロ暴カなど表現を嫌がったり規制する人って総じて視野がものすごく狭いよねぇ。
18禁ものはグロとか工○しかないって思って
一切自分も見ようとしないから単純に無知なだけなんだけど。
純文学が大好きなのに偏った目線しかないために面白さが大半減する感じで
実に勿体無い生き方してるって良く思うわ
455: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)20:48:24 ID:jom
なんだっけ、男の子は工○スの部分に興味を持たないと生とタヒに興味を持ちやすくてサカキバラとかはそんな例だったって聞いたことある
工○スの世界に興味を持つことは男としては正常なことだよ
463: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)21:00:36 ID:B4i
世の中誘惑なんて山ほどあって規制したってきりがないものばかりなんだよ。
絶対見せないようにするなんてやってもはっきりいって無駄。
自分が把握できない学校の友達のネットワークなりなんなり
親が知らないところで子供達は意外と色んなこと知ってたりするもん。

大事なことは子供が変なものを見ても、
きちんと道を踏み外さないように、それを自分の中で捉えられるように
親が普段説明なりフォローをしてあげることのほうがよっぽど大事。
何か異変が起きたときにしっかり教育する。
子供をきちんとみるってそういうことだよ
509: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)18:19:39 ID:HA8
昨日、子供の読む者に制限をかけすぎて失敗したと相談して叩かれた者です。

自分の書き込みがまとめられていてビックリしましたが、やっぱりそこでも叩かれていますね…。
私はずっと、赤ちゃんのときは離乳食をあげて、だんだん固形にしていって、だんだんしょっぱい物や辛い物もあげていってっていう風に本や映画も管理するものだと思っていたんですけど、そういうものじゃなかったみたいですね…。
世間の人はやっていたとしても、私よりずっとずっと緩いし、それで問題なかったんだと分かってショックを受けました。

あと、理解力が低いことについて、うちの子がアスペじゃないかと疑われていましたが、それは違うと思います。
たとえば映画とかで「悲しい」ってセリフがハッキリ無くても、雨が降ってたら「主人公は悲しいんだなぁ」と分かるじゃないですか。
でもうちの子はそういうお約束みたいなのを全然知らないんです。
あと映画では回想シーンも苦手です。絵本みたいな、時間の流れがちゃんと時間の通りに進むのは分かるんですけど、「ここから回想ですよー」みたいに言われないと、時間の流れが不自然に感じて「なんで?」ってなっちゃうみたいです。
こういうのって本とか映画に慣れてる子だとスッと入るんですよね?うちの子は嫌々見てきたから、そういうルールがいっこいっこ身についてないんだろうなと悲しいです。

切ります。
510: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)18:20:12 ID:HA8
今日子供と本屋に行きました。
好きな本を買っていいって言ったんですけど、やっぱりボーッとするばかりで…。
本当は良くないけど、ある程度選択肢を作ってあげたら選びやすいかな?と思って、ラノベ売り場に行って私が適当に何冊か取って「どれが一番気になる?」と聞いてみました。
ただ子供はモジモジするばかりで、私はずっと「これかな?これかな?」って聞いてて、中2の息子なのに赤ちゃん相手みたいだなって思ったら情けなくて本屋さんでちょっと泣いてしまいました。
結局子供は選べなかったみたいなので、ポップとか付いていて人気そうなラノベとミステリーを何冊かかってあげました。
今夜の読書タイムは緊張です…。
512: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)18:36:45 ID:KUI
>モジモジ、が正確にはどんな感じか想像するしかないけど、突然お母さんが変わって戸惑ってるだけなら、これから良くなっていくかもね
ところで、読書タイムはお子さんだけに読ませてるのかな?
今日買った本、何冊かあるならその一冊を一緒に読むといいよ
一緒の物を共有するのは子どもも心を開きやすい
515: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)18:48:55 ID:doF
アスペを否定してるけど第三者が読む限りでは発達障害等を抱えてる可能性は0じゃない気がする
ああいう障害はラインが引かれていてここから先はアスペってわけじゃなくて
グラデーションみたいにその傾向の強弱があるという感じなので
端から可能性を除外しない方がいいと思うよ

あと物語のお約束を身につけるなら漫画とかから始めた方が楽じゃない?
映像はやっぱり理解の助けになるし
映画やドラマと違って自分のペースで読み戻ったりできる
516: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)18:49:32 ID:xn1
>>509
中二にもなって親子で読書タイムとかいる?
親から離れて自分の世界や親に秘密を作る頃でしょう
そうして成長していくものだと思うけど
友達が家に来たりとかしないの?そのときの息子さんの様子はどうなの?
まさか友人関係にも口を出していないよね

読書がどうのこうより、あなたは息子さんにずっと可愛くて純粋なままの子供でいてほしいんじゃない?
男の人に何かトラウマがあるの?
旦那さんとは上手くいってる?旦那さんは息子さんにどう接している?
521: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)18:59:27 ID:HA8
また皆さんに叱られそうですが、アスペとはまた違う気がするんですよね…。
子供が中1のときに私はミステリーは好きじゃないけど、これは名作みたいだし解禁してもいいかな?と思って、試しに少年探偵団の本を読ませたことがあるんです。
何冊か読んでたんですけど、ミステリーってたまに最初に刹人シーンがあってハン人が分かってるやつあるじゃないですか。
あれに当たったときに最初の数ページで、「ママ、この本印刷ミスだよ。最初にハン人分かっちゃってるよ。ネタバレくらった!」って言ってて、びっくりしちゃったんですよね。
そこから「あれ?もしかしてうちの子ってこういうお約束みたいなの全然知らない?」って気になるようになっていったんですけど。
日常会話でおかしいと感じる部分はありません。大人しい子ですが、人間関係でアレ?と思う部分は今までありませんでした。
でも本とか映画が関わると母親として見ていて一気にアレ?アレ?ってなっちゃうんですよね。
でもそう考えると、この子がおかしいのって本とか映画が関わるときだけだから、いっそそういうのに興味が無い子なんだと割り切ってスポーツでもしてもらえばいいのかなぁ…。
夫の話は今回関係ないので割愛します。
522: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:01:24 ID:GJI
内容だけ見ると何か障害がある可能性はある気がするわ
障害がないならないでその反応は問題の根深さを感じさせる反応だけど
525: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:08:10 ID:Jlb
あー。アスペじゃないけどそういう子って確かに私も知ってるわ。
一緒に映画行くと終わった後に質問がすごいの。
その子はDQNじゃないけど、DQNが映画とか小説とか理解できないのに近いものを感じた。
527: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:10:22 ID:doF
面と向かってのコミュニケーションなら物語のような回りくどい感情表現しない
それくらいなら理解できるような程度の軽い障害かもよって言ってるんだよ

回想シーンくらいあなたのような制限をしていたとしてもこれまで接する機会あっただろうに
それでも理解できていないんでしょう?
それはもう制限の問題じゃないんじゃないかと思う
532: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:23:29 ID:HA8
>>525さんの指摘がハッとしました。
DQNという言葉は辛いですが、本当にそんな感じかもしれません…。

実は今年の春くらいにアレ?と思ったタイミングで、担任の先生に一度相談したんです。
そしたら「お子さんは発達障害というより、純粋に理解力が育っていないのかなという印象です」とはっきり言われちゃったんです。
恥ずかしいんで隠していましたが、後だしになっちゃいますかね?すみません…。
先生の印象でちゃんとした診断を受けたわけじゃないんですけど、理解力を伸ばさなきゃ、そのためにはもっとたくさん本とか映画を見せなきゃって思ってました。
537: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:33:31 ID:buf
>>532
本や映画に絞った話にしてるあたりもう間違ってる気がする
何が違うかと言われると説明出来ないが
538: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:34:25 ID:lcE
>>532
読ませて改善するならそれでよし
けれど発達障害だった場合、どれだけ読書させても改善しないからね
そして発見が遅れれば遅れるだけお子さんにはマイナスになっていくことも付け加えておきますよ
539: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:34:39 ID:0Fg
>>532
素人判断は一番危険だよ
なんの障害があるか診断下すのは医師であってあなたじゃない
ここに書き込むより1日も早く精神科に予約とれば?
なにここのレスくれてる人を説得して同意が欲しいだけ?
何で親としてやるべきことを先延ばしにするの?
それに、父親は関係無いって、訳がわからん
子育ては自分一人だけでやってると思ってんのかー
540: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:37:38 ID:HA8
耳が痛いですが医師の診断を本気で考えようと思います。
でも発達障害だったら理解力が低いのは当然ですよね。
それだったらラノベ解禁する必要なかったなって思っちゃうけどそれも間違いなんでしょうね…。
541: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:40:39 ID:KUI
自分は成人してから発達障害が発覚した人間だけど、
ラノベとか大衆小説、アニメその他諸々で会話パターンやら感情パターンを覚えたから、今は医者でも迷うレベルの普通さだよ
無駄ではない
てか、解禁とか必要ないとかほんと止めてよ
いつまで精神的虐侍するの?
542: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:43:08 ID:HA8
なんか本当に私のやってたことって間違ってたんですね…。子供の読書とかに制限かけるのって百害あって一利なしって感じですか?
今日は色々やる事もあるのでおしまいにします。また明日報告に来るかもしれません。
543: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:44:33 ID:lcE
>>540
本はどんなジャンルであれ読んで悪いというものじゃないよ
本人の努力とは関係無しに理解が難しいのに、努力させようとするのが問題なの
成功体験に繋がらない努力を重ねると、最終的に子供は意欲そのものを失う。本屋でボーっとしてしまうのはそのサインだと思うよ
抵抗あるかもしれないけど、早めに専門の医師の診断を受けるべき。なによりもお子さんのためにね
547: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:55:43 ID:P8r
いい加減中学生になってまで相手に見る物制限させる幼稚な教育やめなよ・・・・
548: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)19:59:16 ID:Cj2
>>547
本人が本読まないからね
もしかしたら読めないのかもしれないけど
単純に自分の理解できない物は気に入らないレスみたいに排除したいんでしょ
550: 名無しさん@おーぷん 2016/10/27(木)20:05:52 ID:P8r
>>548
だよね。母親自身が本や物語の本当の楽しさや読み方を分かってないんだから当たり前だわ。
本当は友達とかそういうのに詳しい人からのオススメとかをキッカケに
自身が読みたいと思うことが大事だったなのに

引用元: スレを立てるまでに至らない愚痴・ 悩み・相談part53



後編 17:24公開




管理人おすすめ記事! ※アンテナサイト経由で記事にジャンプします

義実家に「こじきの子は卑しい」って言われたので毎月10万の仕送り止めた結果…
俺「今何時や?」クロネコ「13時35分ですね」俺「不在者票では14時30分に来たことになっているが、お宅ではタイムマシンでも導入したのか?」
突然、ホテルで彼女に「私の本当の姿を見ても、絶対嫌いにならない?」と言われた→バスルームから出てきた彼女はゆっくりターン→衝撃の事実判明…
毎月20万家に入れて家庭を支えてたのに、母と兄夫婦に「スネカジリは出て行け!」と言われた!→母と兄夫婦は家事ができず、薄給だったので次の月にSOSがきて…
夜中の2時に娘と寝てた旦那が隣の部屋から叫んで私の事を呼んでいたのでこんな夜中にうるさいなぁとノソノソ行ったら…
私有地に毎回カラーコーン跳ね飛ばして勝手に駐車する迷惑な車がいた。コーンの中にセメント詰め込んで設置。しばらく観察していると…


話題の記事ピックアップ!