30: 名無しさん@HOME 2008/07/13(日) 12:50:07 0
近距離別居の長男夫婦は共稼ぎしております。
わたくしは古い人間ですので特に子どもの小さいうちは、
主婦は基本的に家にいるべきと思っておりますし、自分はそうしてまいりました。
しかしながら息子たちは息子たちの人生ですし、生活は別ですのでということで、
息子たち家族が協力して家庭を運営できるのならと、口をさしはさむのは控えておりました。
ところが嫁は近距離にわたくしたちがいるので、気軽に子守をしてもらえる、
家事も手伝ってもらって当然とあてにしていたようです。



スポンサーリンク

孫かわいさということもあり、昼間の孫の世話だけは引き受けましたものの、
孫を引き取りに来る時間がまちまちで夕食もわが家で食べさせて欲しいと言い始め、
そればかりか嫁自身も「わたしも夕ご飯におよばれしてもいいですか?」と、
夕食時を狙ったようにわが家にあらわれ、食事まで済ましていくようになりました。
(息子は営業が仕事ですので、仕事がら外で済ませてくることが多いようです)
出費は当たり前のようにすべてわが家持ちです。
せめて気持ちだけでも食費を入れるとか、皿洗いをするとか、食器を台所へ運ぶとか、
そのような気遣いは一切なしです。
たまに帰ってくる実の娘でも、ここまで横着なことはいたしません。

長くなるのでいったん切ります
31: 名無しさん@HOME 2008/07/13(日) 12:51:20 0
その上、たびたび嫁の職場から電話がありまして、
「雨が降りそうだから(長男宅の)洗濯物とりいれておいて」などと言われ、
孫を背負ってあわてて洗濯を取り込んで縁側に入れておきますと、
「ついでにたたんでおいてくれれば助かる」などと、嫁は増長する一方です。
嫁に「わたくしはあなたの家政婦ではございませんよ」と釘を刺しましたが、
「おかあさんったら、他人行儀なことを言わないで、助け合いお願いします」
などと、しれっとしています。
息子に苦情を申しましても、「嫁もたいへんなんだから手伝ってくれ」
「近くに住んでやってるんだからそのくらいしてもいいだろう」などとらちがあきません。
なにかと息子夫婦は「助け合い」という言葉を使いますが、
はっきりいって息子夫婦は助けてもらう一方で、わたくしどもが助けてもらうことは一度もありませんでした。
娘のお産のとき、長期に家をあけるので、ふだんはお世話しているのでこのくらいはいいかと、
バラの鉢3鉢の水やりをたのんでおきましたのに、忘れて枯らしてしまいました。
ちなみにそのバラはいつも見事な花を咲かせてくれていて、嫁に乞われて何度も切り花を差し上げておりました。
3日に1度程度の花への水やりすらしてもらえない息子夫婦に、老後のことなどは任せるつもりもなく、
老後は施設で暮らせる程度の蓄えなどの準備はもう済ませております。

いつまでもわが家に甘え続けるだけの態度が明白な長男夫婦に対して、
孫が中学に上がった時点で、「これ以上の世話は一切しない」と宣言しました。
孫をあずからなくなってから、長男夫婦はわが家に入り浸ることはなくなりましたが、
相変わらず嫁からの「洗濯物をいれて」「布団をいれて」の電話はやみません。
洗濯物だけならいざしらず、老いたわたくしにはふとんの移動は非常にこたえます。
梅雨明け近いある日、嫁からのメールを無視しまして、大洗濯をした長男一家の洗濯物を
取り入れずに放置しまして、わたくしは友人との観劇にでかけさせていただきました。
その日は昼過ぎから豪雨がひどくて、長男宅の衣替え後の洗濯物と、
布団・毛布一切はずぶ濡れ、泥まみれになっていたそうでございます。

長文エラーが出ましたのでここで切ります
32: 名無しさん@HOME 2008/07/13(日) 12:53:38 0
これで最後です。

「おかあさん、ひどーい」との嫁の金切り声が留守電に残っておりました。
わたくしはそもそも長男一家の家事には口も出さない代わりに手も出さない
と何度も宣言しておりましたので、その旨を息子に伝えまして以後無視いたしております。
長男嫁はその後わたくしに家事をたのむことはなくなりましたものの、
ご近所で会っても目をそらし、挨拶ひとつするでなくなってしまいました。

幼年期母親のように愛情を注いだ孫とは今でも良好な関係が続いておりますし、
息子は常識的な範囲でわが家とのつきあいを続けております。
嫁のことは残念ではございますが、嫁のペースで振り回されると寿命が縮まります。
淋しい気持ちはありながらも、これでよいとわたくしは割り切っております。
わたくしは子どもたちに干渉をしたくもないし、頼りたくもないかわりに、
世話をしてほしいなどとも思いませんので。
嫁がうるさく言ってこなくなり、正直、スカッといたしております。
35: 名無しさん@HOME 2008/07/13(日) 13:40:42 0
>>30
姑さんもたいへんですよねー。
老後もきちんと準備なさっておられるようで、素晴らしいです。
遠慮のない馬鹿には関わらなくて正解。乙でした。

引用元: 宣戦】嫁にしたスカッとするDQ返し【布告



管理人おすすめ記事! ※アンテナサイト経由で記事にジャンプします

兄嫁「この財布あげる」私「ありがとう」しばらくして…兄嫁「こいつ(私)に財布盗まれた!」親「兄嫁さんの物を盗むなんて!あんたって子は!泥棒は出ていけ!学費も払わない!」
難病で大学病院に入院!そこの医師に虐待を受け「警察なんか行きやがったらテメエ個人情報もばらまいておめえみたいな難病もんは社会に恥一生晒してやり続けるからな」と言われた
妹に「お前はこの家の子じゃない!邪魔だから出て行け!」と言われ続けていた私。中学2年になり反抗期突入。その日から6年の間、妹に復讐をしつづけた。その結果…
彼女に復讐した!二人の記念日に浮気がバレるように細工。修羅場になったら顔をぶちのめし、病院へ搬送!浮気は男の甲斐性ってのを理解できないスイーツに現実を教えてやったwww
担任「よくあの大学受かったな。俺のクラスでよかったろ」俺「先生が皆に僕が休んだ日に推薦は取らせないとか僕がクラスの癌だ!と言ってくれたお陰で推薦を諦め自力で頑張れました」
娘が病気にかかり仕事を休まなきゃいけなくなった…そしたら旦那からは嫌みを言われ!上司からは「辞めれば?」と言われたので娘の病気をうつしてやったwwwwwその病気は…


話題の記事ピックアップ!