10037051678
248: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 01:03:34.74 ID:MphOWN9N
小学生のときに嫁姑舅関係がこじれて両親が離婚しかけた。
父実家は農家でまぁ土地持ち。父は農家は継がずに違う職業に。
母は父子家庭の末っ子で結構苦労人。二人は高校時代に出会い、卒業後に再会し交際。

ここから結婚までが両親第一の修羅場。
父方の親戚が家の格が違うと大反対。
ただ一人だけ発言力のある爺様が母に会い、これは良い嫁!と太鼓判を押して認められる。
しかしすぐ結婚はできず、父の姉が結婚するまでは待ったらしい。
その後結婚し、団地に住む。一年ほどたち長男出産。
跡継ぎ生まれた→同居しろ→同居
その後に私生まれる。ごめん続きます。



スポンサーリンク

249: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 01:04:29.38 ID:MphOWN9N
続き
約10年後、母がパートに出ることに。
当時は祖父母と母の関係がどうとかは全く知らずに、母がいないのでおなかがすいたら祖母に訴えたりしていた。
そうしたら祖母が母に、子供の世話はきっちり見ろ。母親だろう的なことを言う。
さらに母方の祖父にどんなしつけ方をしたのか電話する。
ここから両親第二の修羅場&私達兄弟にとっても修羅場
色々限界だった母は泣いて泣いて家出をした。多分母方の祖父の所だったと思う。
すぐに帰ってきたが、その後は父の姉と何度も電話をしたりしていた。
父の姉と母は比較的仲は良くて、色々相談していたらしい。
で、そんな事が続いていたある日、両親に離婚するかもしれないと言われた。
ぶっちゃけその頃は大人の間の事情とか全く理解できていなくて、ただ両親の仲は絶対に悪くないと知っていた。
だから余計に理解できずに泣き喚いた。
泣きながら「好きなのにどうしてばらばらになるの変だよ」とは言っていた気がする。
もう少し続きます。長くてごめん。

250: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 01:05:03.96 ID:MphOWN9N
終わりです
その後、離婚話はなくなった。
多分、私達兄妹は引き取れても愛犬は連れて行けないし、苦労させるだけだと思った母が思い直したんだと思う。
当時は愛犬がいなかったら本当に崩壊してたんじゃないかな。
私達は母に、些細なことでは祖父母は頼らないと約束した。
他にも色々あったと思うが、よく覚えていないんだ。

変わったことは、私の父方の祖父母に対する態度が若干冷たくなったことかな。
母は、私にとっては祖父母なんだから仲良くして構わないと言ったが、私マザコンなんです。
祖父が亡くなったときは、母の辛さを思い知らせる前に死なれたと悔し泣きした。
それから、恋愛に全く興味を持てなくなった。
好きな人ができて結婚しても、第三者の所為でそれが破綻するかもしれないのが気持ち悪くなった。
今も独身街道まっしぐら。
先日、祖母の持ってきた見合い話をないわーの一言で一蹴した記念に書き込んでみた。

251: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 08:11:59.17 ID:XGaqIhXt
>>250
>当時は愛犬がいなかったら本当に崩壊してたんじゃないかな。

何言ってんだお前、犬な訳ねーだろ

252: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 08:40:28.79 ID:m0UyQG5b
>>250
そりゃ祖父母が悪いんじゃないね
悪いのは父親だ

253: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 08:41:51.69 ID:m0UyQG5b
あ、祖父母も悪いが、一番悪いのは
母親や子供に余計な苦労と修羅場を味合わせた父親だね

255: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 09:16:37.64 ID:NmDy7tif
父親が悪いに同意。
この手の争いは結局間に入る人間次第なんだよね。

256: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 11:43:46.70 ID:qJ87Kkkh
聞かされたくないだろうが、こういうのは父親が一家の大黒柱としての器量のなさが災いする
そもそも嫁だけが他人なんだからそこをあなたが守ってやれないでどうするんだと思う
優しい事だけが男の良さではない

258: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/02(木) 23:02:03.02 ID:wx/p2Myu
当時の私は自分でもあれだと思うぐらい、実年齢よりも幼かった。
ただ泣きわめくだけの子供より、静かに寄り添ってくれた愛犬の方が母には有り難かったと思う。
もちろん、思いとどまった理由がそれだけじゃないって解っているよ。
それでも、今の家族があるのは愛犬のお陰だって思っている。

父が悪いとは思っていなかった。目から鱗が。
父は子供には大人の問題を見せないようにしていた。
水面下でちゃんと対応はしていたんだと思う。
だから、脳天気な私はそれまで家庭円満なんだと思っていたんだ。
母は自分が片親だから、父には両親を大切にして欲しいと言っていたので板挟みだったのかも。
後にも先にもあんなに落ち込んでいる父を見たのはあの時だけだったので、そう思いたいだけなんだけど。
大黒柱としては失格だったんだね。

今は父も母も仲良く暮らしているので、もう良いかなと思っている。

長々とごめんなさい。これ以上は書き込みません。

引用元:今までにあった修羅場を語れ
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1336225476/



スポンサーリンク