tikan
855: おさかなくわえた名無しさん 03/06/08 21:44 ID:boitPsM2
先週仕事帰り始発に並んで座って帰った。
「ワーイワーイ寝よー」と寝る準備をし、発車した頃には私もウトウトし始めていたが
ここから異変が起きた。

隣のジジイが私の太ももに手を乗せてきた。しかも寝たふりしながらw



スポンサーリンク

855: おさかなくわえた名無しさん 03/06/08 21:44 ID:boitPsM2
先週仕事帰り始発に並んで座って帰った。
「ワーイワーイ寝よー」と寝る準備をし、発車した頃には私もウトウトし始めていたが
ここから異変が起きた。

隣のジジイが私の太ももに手を乗せてきた。しかも寝たふりしながらw
2ちゃんのコピペが頭に浮かんだよ。「もうね、アホかと。馬鹿かと。」
なんで寝てるヤツの手が勝手に太ももの山を越えてくんだよ!!!
・・と心の中で突っ込んでいると、今度はずり落ちる降りをしながら肩枕をねだってきやがった。
前に立っていたサラリーマン二人組みが見守る中、
「ちょっと。ちゃんと座ってもらえます!?」とジジイを揺り起こした。
するとジジイは「なんで起すのぉ~??ムニャムニャ」みたいな顔で(絶対嘘)
また寝始めた。手は私の太ももに置いたままで。
(ごめん続く・・)

857: 855続き 03/06/08 21:55 ID:boitPsM2
ムカついたので手をガシッと掴んでジジイの膝に戻してやった。
しかしジジイも諦めない。暫くするとまた肩にもたれ掛かってきやがった。
たまに目を開けて私の位置を確認しながら。(バレてるっつーの)

ジジイの白髪の髪を頬に感じながら自分の状況を考えた。
座って寝るためにわざわざ電車を待ったのに・・、仕事でクタクタなのに・・
なんでこんなジジイに妨害されなきゃなんないのか。
サラリーマン二人組みが(あ~またやってるよ・・)と指さした瞬間私はキレた。
「おい・・いい加減にしろよ」とジジイに言ってやった。
するとジジイは「ムニャムニャ・・」と言いながら、寝た降りをしながら正しい姿勢に戻った。w

地元の駅に着いたとき馬のごとく後ろ足で蹴りを入れて降りた。

武勇伝とはちょっと違うかも・・。長文ごめん。

861: おさかなくわえた名無しさん 03/06/08 23:08 ID:kK3M3sD1
>>855
女は辛いねぇ。 がんがれ
でも俺も蹴られる位で済むなら855の膝を触りたい。。( ;´Д`)ハァハァ
862: おさかなくわえた名無しさん 03/06/09 00:06 ID:jQJZgl7U
>>861
んじゃ俺はもっと耐えるつもりで855の・・・
863: おさかなくわえた名無しさん 03/06/09 05:40 ID:G5Kst+9x
>>861>>862
>>855の蹴り、がどこにヒットするか判らんぞ(w
864: おさかなくわえた名無しさん 03/06/09 11:33 ID:UNC+6+lH
>>855
ほんとお疲れ様。痴漢って意外とジジイが多い気がする…。
今後は安全ピンを携帯して奴らに刺してやるといいよ。
865: おさかなくわえた名無しさん 03/06/09 12:53 ID:hsA38fas
>>855
痴漢相手に、優しい態度で接してやるこたぁない。最初からキレてゆけ。
867: おさかなくわえた名無しさん 03/06/09 19:27 ID:Yw58yo6F
>>855の話にちょっと似たような状況になった。
カバンを膝の上に乗せて寝ている時にとなりのおじさんが膝に手を出し
てきた。
注意するのも面倒だったので、膝に乗せているカバンをずらし、おじさ
んの手の上に乗せ、力の限りグリグリしてあげた。寝たふりしながら。

痛かったかどうかはわからない。
やはり安全ピンにすればよかった。

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1047702977/


スポンサーリンク