588: 休憩所812 2006/09/05(火) 15:17:02

この週末の出来事投下しまーす(´∀`)

電車で1時間~1時間半くらいかかる距離に住んでる彼とつきあってます。
でも、生活も仕事も違うエリアだったから、普段の生活でバッタリ会ったり
共通の知り合いがいるっていうことが全くと言っていいほどなかったんだよね。
だけどお互い干渉し過ぎないでいい距離でつきあえてると思ってんだけど・・・。



スポンサーリンク

一昨日の日曜の朝、前の晩から彼の家に泊まってて、
コンビニに行ってくると彼が出て行き、ベッドでごろごろしてた私は
ふと、出窓に置いてあるデジカメに目が留まった。

590: 休憩所812 2006/09/05(火) 15:19:21
私は本当は(?)すっごいヤキモチ焼きで心配性なので、
一度疑いだしてしまったら、普段(生活圏が違うから)どうしてるかわからない彼を
無条件に信じてつきあっていくことはできないだろうと思っていたので
携帯を勝手に見たり部屋を調べたりしたことはなかった。

でもその時はなぜか、ためらわず、何も考えずにデジカメの中の写真を見始めた。
今思えば女のカン?みたいなものが働いたのかもしれない。

二人で撮った写真とかがあって、あーそういえばこんなところ行ったなー、とか
また旅行行きたいなぁ、みたいに思いながら次々ページをめくって見ると
一瞬何も写ってない真っ黒?みたいな写真だった( ゚д゚ )ナンダコリャ?

部屋が明るくてモニタに写りこみをしてしまってよく見えなかったので
カメラを持って起き上がり、バスルームで見ることにして移動。

591: 休憩所812 2006/09/05(火) 15:23:19

暗いところで見るとかすかに人物が写っていて、明らかに女の人・・・(゚Д゚)
でも、顔は映っておらず、首から下だけの写真で、背景はこの家、
というか私のいるバスルームに間違いなかった。
(窓際の植木が一緒だったので)

女の人はキャミソールとしたぎ姿で、キャミのすそを持ち上げてて
したぎをわざと見せるようなポーズを取ってた。
誰コレ?これはいつの写真?なんで?日付は??と
パニクりながらも確認すると2週間ほど前の平日の夜。

確かに週末はいつも一緒にいたけど、本当に週末だけだったし
約束もしてないのに部屋にいきなり行ったこともなければ、
夜中に電話に出なくても仕事だったと聞いたら問い詰めたりもしなかった。
平日なら絶対バレることはない・・・。
私は頭の中が真っ白になり、その場に座り込んでしまった。

597: 休憩所812 2006/09/05(火) 15:31:07

自己防衛のためか、脳内アドレナリン?が出まくって
『でも、待て待て。落ち着け私。女友達とふざけてただけとかかもー?』とか
それでも許せねーだろアフォかと思えるようなことを考えながら
とりあえず落ち着いて彼を問いただそうと思い、彼の帰りを待った。

彼が帰ってくると、私がデジカメを手に持ってるのを見て
「あれ、それバッテリー切れてなかった?」と事も無げに言うじゃないですか。
焦るとか、そういう雰囲気は一切なしで、フツーに。

私「ううん、普通に再生できたよ。それよりちょっと座ってよ」
 
彼「なに?どうした?」

私「最近さ、この部屋に友達とか、来た?」

彼「いや、来てないけど、なんで?」

私「でも誰か来たでしょ?」

彼「??来てないって。何の話?」

私「じゃあ聞くけど、これ!誰なの?少なくとも、私じゃないんだけど」

彼「デジカメ・・・?何のはな・・・って、あ?・・あっ、あえっ、
ちっ、ちがっ、違う、違うんだよ!!」←ここで彼正座

598: 休憩所812 2006/09/05(火) 15:35:27

私「なにが違うの。誰よコレ。浮気してんの?二マタ?どういうことか説明してよ。」

彼「いや、違うよ!あっ!そ、それ男だって!男の友達!!いやマジで!!」

それまでは、比較的冷静に話してたつもりだったんだけど、
その言い訳のバカバカしさに私はキレてしまい、
私「はぁ!?( ゚д゚ )友達なんか来てないってさっき言ったじゃん!
それになに?あんたの男友達はムネがあってキャミソール着てしたぎ見せるの!?
バカにしてんの?ふざけるのもいい加減にしてよ!!
そんな風に言ってごまかせると思ってるんだったらもういい!!帰る!!」

ここまで一気に言うと、彼が
「ちょ、ちょっと待って!!ちゃんと説明するから!!話聞いて、お願いだから」と言うので
とりあえずどういうことか話だけは聞くことにした。

どうやら彼は、私と普段あんまり会えないことが不満で、
彼に告白してきた会社の女の子と会っていたらしい。
その子は私と彼がつきあっていることを知っていて、それでもいいから、
身体だけでいいからと迫ってきたんだそう。

でも私は正直にわかにそんな話は信じられず、その場で彼女を呼んでもらうことにした。
もう心の中では別れることは決めていたんだけど、何もしないで別れる気にもなれず、
とりあえず話をすることにした。



607: 休憩所812 2006/09/05(火) 15:54:42

その女の子(A)はビックリしたことに彼と同じマンションに住んでたΣ(゚Д゚)
Aが来るまでの間、ちょっと彼に聞いたら、Aは同じマンションなのをいいことに
帰りに待ち伏せしたり、夜遅くに部屋に来たり、やりたい放題だったよう。
「もういい加減迷惑してるけど、同じ会社だし・・・」と彼が言うので
余計頭に来て、「ヤるだけヤっといて何が迷惑なのよ!あんたが巻いた種でしょ!
嫌なら最初から受け入れるんじゃないわよ!!」とひっぱたいてしまった。

Aは多少は、といっても本当に少しだろうけど良識があるらしく、私に謝って来た。

A「あの、ごめんなさい・・・。私彼女がいること知ってて・・・
でも、それでもどうしても好きで・・・遊びってわかってても、それでもいいんです。
邪魔はしませんから、認めてください」

私「認めろって、何を?」

A「私たちのことです。平日、あなたと会えなくて寂しいって聞きました。
平日の時間は、私にくれませんか。絶対に、あなたに嫌な思いはさせません。
わがままも言いません。邪魔もしません。お願いします!!」

私「”私たち”とか言わないで。あのね、あなた頭おかしいの?
私は今、この上ないくらい十分嫌な思いしてるんだけど。
あなたは悪気はないかもしれないけど、言ってることは自分勝手以外の何者でもないじゃない。
別れてくださいっていうほうがまだ理解できるよ。」

A「じゃあ、別れてください」

私「はぁ?どうしてあなたのために、私が別れなきゃいけないの」

A「だって今、別れろって言うほうが理解できるって言ったじゃないですか。」
608: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 15:56:38
都合いい部分しか聞き取れない馬鹿女ワロスwwww
他の女と寝ること自体が嫌だって事が分からないかね。
クズは所詮クズだな。

四円
610: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 15:57:12
コントみたいなやりとりに失礼ながら笑った。いやスマン。
614: 休憩所812 2006/09/05(火) 16:09:24

もうここで私は日本語の通じなさに呆れてしまい、話をする気がなくなってしまって
「もういいわ・・・私は帰るよ。あとは好きにすれば?」と席を立った。
と、ここで彼が急に土下座して「ごめん!!」と割って入った。

彼「ごめん、本当にごめん。俺はもっと一緒にいたかっただけで、寂しかったんだ。
ただの遊びだから、許してくれないか。何かすれば許してくれるって言うならなんでもするよ。
ホントだよ。なにしても、ちっとも楽しくなかった。だから頼むよ、考え直して欲しい」

A「ほら、聞いたでしょ!許してくれるなら私もなんでもします!だからお願い!認めてください。」

( Д ) ゚ ゜

話が全然かみ合ってないんですけど・・・。
620: 休憩所812 2006/09/05(火) 16:18:36

もうあまりのくだらなさに怒る気力もなくなり
「うん、わかった。認めてあげる。もうそんな男好きじゃないし。お好きにどうぞ。」
と本当に帰ろうとしたら、彼が泣きながら「行かないで!頼む!好きなんだよ!愛してるんだ」と
ドラマのように足にすがり付いてきたので「悪いけどもう興味もないから」と
彼を押しのけて玄関を出ようとしたら、今度はAが「やめて!私のほうが好きなのに、
なんでそんなことするんですか!私が残るんだからそれでいいじゃないですか!」と彼の腰に抱きつき、
蛇が蛇のしっぽを食べて輪になるような状態になってしまった。

彼はAを振り払おうとし、私は彼を押しのけようともみ合ってるうちに
なんだかおかしくなってしまい声を出して笑ってしまった。

するとA「ちょっと、なに笑ってるんですか?なにがおかしいんですか?
ちょっとくらい美人だからって調子に乗らないでよ!」


再び( Д ) ゚ ゜

私「なに言ってるの?別に、あなたの顔がおかしくて笑ったわけじゃないわよ」と言うと
A「うそ!絶対今私をバカにして笑ったでしょ。どうせ私はくせっ毛だし、肌も白くないし
二重じゃないし、なによ!私をバカにすると許さないんだから!」と
今度は私につかみかかってきて、腕に噛み付かれた(゚Д゚)ギャー
634: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 16:26:16
>>620
怪我は大丈夫?
636: 休憩所812 2006/09/05(火) 16:27:45

私が悲鳴を上げると同時くらいに、彼がAを後ろから抱きかかえ、
「やめろよ!彼女は悪くないだろ!悪いのは俺なんだからやめろ!」
と言うと、Aは急に素直になり、「わかりました・・・ごめんなさい」と
私にしおらしく謝ってきた。

私はその豹変振りが逆に怖くなり、「もう今日は疲れたから帰らせて。」
と言うと、彼が「許してくれるか?」とまた聞いてきた。

私「今はわからない。とりあえず今日はもう話す気力もないし。」

彼「そうか・・・そうだよな。ごめん。許してくれるように、俺これから努力するから。
ちゃんとけじめつけるよ。また信じてもらえるように、今度こそ大事にするから」

私「だからわからないって言ってるでしょ!今は結論なんか出せない!」

A「そうですよ!焦らなくても努力すれば彼女もきっとわかってくれますよ、頑張りましょう♪」

三度( Д ) ゚ ゜

ここで今度は彼氏がブチ切れ、Aをひっぱたいた。
655: 休憩所812 2006/09/05(火) 16:38:22
さて、ラストです。

女に手を上げるなんて、彼は絶対にそんなことする人じゃない(というか私は少なくともそう思ってた)ので
私のほうが驚いていると、Aは’`,、(‘∀`)’`,、とから笑いをし、キッと私を睨んで

「どうですか?あなたは叩かれたことなんかないんですよね。
私はそれだけ心が近いんですよ。信頼されてるんです。そのことがわかりました?」

四度目( Д ) ゚ ゜

彼もあまりにガイキチぶりなこのセリフにビビったようで、
「A、あとは彼女と二人で話をしたいから、帰ってくれないか」と諭すように優しく言い私には目配せをしてきた。
でもAは「はい♪わかりました。説得できるといいですね」と笑顔で去って行った・・・。

その後は、浮気をしたことがどうとかよりも、
これからどうやってAを遠ざけるかということで話し合いになった。

でも良く考えたら私はもう関係ないし、関わるのも嫌だったので
Aとのことが片付いたら、やり直すかどうかを考えてもいい、と彼に言って帰ってきました。

まだそれから2日なので、とりあえず彼からのメールと電話しかなく
Aとどうしたかは知りません。

ご支援ありがとうございました。
今書きながら思い出すと、自分のことながら笑っちゃうよ・・・’`,、(‘∀`)’`,、
658: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 16:41:18
乙!
バロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ひでえなA。本物のキチじゃんwwwwwwwww
667: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 16:46:27
>>655
おつかれさん。
彼が保身で
Aには約束をしていたけど、ケンカになると思い手のひらを返した
のかと思ったが違うようだね。Aアホすぎ。

彼共々捨てるのが一番良い気もするが・・・。
Aはメンヘルっぽいから彼とやり直すにしても
接触しない方がいいと思う。
679: 休憩所812 2006/09/05(火) 16:55:23
>>634
ありがとー。大丈夫です。
ちょっとまだ赤くなってるけど(ノД`)

あと、彼に戻る気は全くないです。マジで。
ただ、そうでも言わないとその日は帰れなそうで・・・。
なんかヘトヘトだったのでとりあえずそう言っただけです。

第一、あんなAとそう簡単に切れるわけがないと思うし’`,、(‘∀`)’`,、

>>672
会社で部屋単位で借り上げしてるマンションなんだそうです
まあ、希望を出したのかもしれないけど・・・
693: 休憩所812 2006/09/05(火) 17:13:49

ひ~。
今、彼からメールが来ました。
なんと今日、Aが私と同じ髪型にしてきたって・・・(゚Д゚)コエー

「どうですか?」と彼に聞いてきて、彼が「どうって?」と言うと
「彼女といるような気になりません?私も彼女みたいになれるように
一生懸命努力したいんです♪」って嬉しそうに言ったそうです。

695: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 17:15:52
>>693
もうさ、彼氏にハッキリ言ってもらえって。
そして出来れば彼氏は引っ越せ。
703: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 17:21:37
>>695しかしAは日本語が通じないんだぞ?彼氏はどうはっきり言えばいいんだ!?
709: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 17:24:44
>>703
結婚してあげるから会社辞めて、ベネズエラの教会で待っててくれって言えばおk。
710: 休憩所812 2006/09/05(火) 17:26:20
彼からのメールに返信しました。内容はコレ↓

「そっか~、よかったじゃん♪私みたいなるように努力してくれるんでしょ?
それなら私はもうここまででいいよね。Aとこれからどうするとかじゃなくて
信頼関係の問題でもう無理。今までみたいにはつきあっていけないし、
好きな気持ちもなくなっちゃったよ。楽しかった。ありがとね。」

で、返事が来る前にメルアド変えました。
これからドコモ行って番変してきます。

726: 恋人は名無しさん 2006/09/05(火) 18:05:02
>>710
GJ。
俺は男だけどそういう(Aみたいな)女はたまにいる。
彼女がいたら当然だが、いなくてかつどんな状況だったとしても
絶対に手を出しちゃいけないタイプ。
はっきり言ってサイコ。しかも同じ会社。
彼氏、いや元彼はやっちゃった時点でこれから
ずるずると地獄をみることになる。

多分そのままケコーンまでもって行かれると思う。

引用元: ◇修羅場◇part32



管理人おすすめ記事! ※アンテナサイト経由で記事にジャンプします

勧誘員「どうしても入信しないというのなら、明日の新聞に電車の下敷きになった君の記事が載ることになるよ」俺「やれるもんならやって見ろ」俺は座っていた椅子で奴の頭に叩いた!
郵便局員に「客に向かってそんな態度あるか」と言ったら「ウチは郵便局(公務員)だからお前は客じゃない」と言われあんまり腹が立ち、奥の方に座ってた偉い奴に向かって…
職場の冷蔵庫に母乳を搾乳しては勝手に保存するBBAがいた。先輩が一計を案じ、哺乳瓶の1本の母乳に唐辛子エキスを入れた。その結果、BBAの赤ちゃんは引き付けを起こして…
家に押しかけてきたマスゴミ「ひき逃げ事故の犯人はあなたですね!通報しますよ?」俺「無罪の人を通報するのか?勝手にどうぞ!」通報された俺は事情聴取を受けることに…
俺「確か創○○会って特アの在日共の金の成る木でしょ?俺からも金を搾取しようと頑張ってるんですか?ご苦労様です」勧誘「なっ!違いますよ創○○会は世界の平和をですね…」
ホームレスが「犬散歩させてんじゃねぇ!」と俺の愛犬を蹴飛ばしたので、ブチ切れてソイツに馬乗りになり顔面を殴打!小屋を破壊して「ここに二度と住むんじゃねえぞ!」と言った!


話題の記事ピックアップ!