host

633: おさかなくわえた名無しさん 04/08/17 14:27 ID:IrXphLnm
会社の帰り、少し遅くなった時間のこと。
電車の中で中刷りを見ていたら、
その視線とは少しずれたところにいた
ホスト風の兄ちゃんが因縁をつけてきた。



スポンサーリンク

ホスト風(以下ホ):
「何ジロジロ見てんだよ。あ?」

俺:
「中刷りを見ていただけですけど」

ホ:
「何なめた事いってんだてめぇ」

俺:
「事実を言ったまでです」

ホ:
「ふざけてんじゃねぇぞ、こるぁ。
 俺はなぁXXって店の▲って言ってなぁ。
 その界隈じゃ有名なんだよ」

俺:
「はぁ」

ホ:
「はぁじゃねぇよ。さっさと謝れや!」

俺:
「何でです? 理由がありませんが?」

ホ:
「俺の事ジロジロ見やがったじゃねぇかよ!」

この段階で目的の駅についたため
ホスト風を無視して下車。

ホ:
「待てよ! 人の話を聞けってんだよ!」

俺:
「お店は良いんですか?」

ホ:
「俺もこの駅なんだよ!
 イライラしたまま店行きたくねぇんだよ。
 さっさと謝れや」

俺:
「……」

ホ:
「なんか言えよ!」

ホスト風言いながらローキック一発。

俺:
「…XXってお店の▲さんでしたよね」

ホ:
「そうだって言っただろ!
 早く謝れよ! ほら!!」

俺、携帯を取り出し、
メモリである電話番号に発信。

ホ:
「何電話してんだよ!
 謝れって言ってんだろうが!!」

ホスト風、再びローキック。

俺:
「あ、もしもし○さん。
 どもー名無し(仮名)です。
 え、ああ。そのうちにね。
 で、ちょっと聞きたいんだけど。
 ▲さんって知ってる。

 …あ、そうなんだ。
 …うん。いや。目の前にいるけど。
 いや、今逃げた。

 うん。詳しいことは当人から聞いて。
 寄った時に話すから。
 え、これから?あー明日早いから。

 うん。その内寄らせてもらう。
 うん。それじゃ」

電話の相手の○さんは、
ホスト風が言っていたXXというお店の
オーナー(男)で古い付き合いの一人。

数日後、
店に寄ったら事実関係の確認をして
▲さんの嘘発覚。

土下座して謝れと○さんに言われたが、
そこまでの事はされていないので
普通に謝ってもらうだけにした。

▲▲と言う人は、
見た目オタな俺に因縁をつけて
何かをしたかったらしいが、
思わぬ反撃を受けてしまったというお話。

634: おさかなくわえた名無しさん 04/08/17 14:36 ID:ZpAKnkH6
ここは、自分の妄想を書き込んでスーッとするスレなのか?
635: おさかなくわえた名無しさん 04/08/17 14:44 ID:CybIcwjL
>634
妄想と思う根拠を挙げよ。

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!15
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1089558946/


スポンサーリンク