BlogPaint

154: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/31(月) 02:24:11 ID:h1aULtEU
プチ武勇伝。嫁と電車で帰宅中、向かいの席の
じいさんが隣の女性に寄りかかって寝てた。たまに起きて謝ってるけど、
しばらくするとまた寄りかかって寝る。それを何度か繰り返していた。



スポンサーリンク

嫁: あのじいさん痴漢だよ、さいてー。
俺: え、単に眠いだけじゃねーの?
嫁: 言い訳のために決まってるよ。あれは痴漢だね。間違いない。

俺は多分痴漢じゃねーと思ってたんで生暖かく見守っていた。
電車が駅についてその女性とじいさんが降りたとき、なんとなく
目で追っていたら、なんとじいさん別のドアからまた乗ってきて、
違う女性の隣に座った。んで、また寄りかかって寝だした。
嫁もじいさんを目で追っていたようで、「ほら、やっぱり痴漢じゃん」

俺はなんかじいさんに信頼を裏切られた気がしてムカついたんで、
即座に席を立ってじいさんのところに行った。

155: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/31(月) 02:24:48 ID:h1aULtEU
>>154 続き
「おいちゃんさぁ、さっきはあっちで違う女の人に寄りかかって
寝てたよね。なんで席わざわざ移ってんだよ。おい、寝たふり
してんじゃねーよ。こっちはずっと見てたんだよ」

強い口調でじいさんの肩をつかんで揺すった。じいさんは寝たふり
のままで起きようともしない。さらに揺すろうとしたが、隣の女性は
じいさんを痴漢と認識してはいなかったようで、俺をDQNを見る眼差しで
見ている。え、もしかして周囲から見たら俺が悪漢かよ orz

そのとき、嫁がその女性に改めて今まで見ていたことを説明してくれたんで、
俺がDQNじゃないことは理解してくれたようだ。ほっとしたが、そうこう
してるうちに降りる駅についてしまった。幸いその女性もそこが降りる駅
だったので、「ありがとうございました」とにっこり笑って降りていった。

その後におよんでまた寝たふりしてるじいさんに、「ふざけたことしてんじゃ
ねーぞ」と強い口調で言うと同時に軽く頭をはたいて俺たちも降りた。

173: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/31(月) 14:25:00 ID:iu3bK+fT
>>154
電車で寄り掛かられるぐらいよくあることでしょ。
席も1回しか変わってないみたいだし。

あなたたち夫婦は正義の!ってなつもりかもしれないけど端から
見たら老人虐待だよ。なんかモヤモヤしたけどうまく言えないわ。
でもこんな話を武勇伝!手柄みたいに勘違いしないでほしい。
腹が立ってしまった。

194: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/31(月) 21:18:15 ID:2aXJ6YoW
>>154はJOY夫妻かとオモタ…
200: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/31(月) 22:38:15 ID:0FekgHqd
>>199
今このスレには「とりあえずなんかケチつけないと気がすまない病」の患者さんがたくさんいらっしゃるので
あまり気にしないほうがいいよ
202: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/31(月) 22:56:39 ID:s1sbX0DB
>>199
じいさんが被害者なわけないし、わざわざ注意したのは十分乙だ
だが俺は個人的に、最後にアタマ小突いたのはイクナイといいたい
手を出すとその瞬間に悪者になっちゃうこともあるしな
203: おさかなくわえた名無しさん 2005/10/31(月) 23:06:15 ID:yAjdYsQw
爺が何にも言ってこなかったから良いけど、
降りる駅を間違えたとでも言われたらオシマイだよね?

別に>>154を否定するってんじゃ無いですよ。

215: 154 2005/11/01(火) 06:52:28 ID:p23qU5uG
>>200 >>202 >>203 レスありがとう。
確かに軽くとはいえ頭はたいたのは良くなかったかも、反省。
「降りる駅間違えただけ」という言い訳は想定外でした。
じいさんの行動が故意と確信してたから、言われたら
「うそつくな」とは思っても、論理的にきちんと反論できたか微妙。

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(26)
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1130258382/


スポンサーリンク