tele

1: お魚くわえた名無し 2014-02-17 04:48:14
今から10年ほど昔、仕事で戸塚駅から大船に向かうために、東海道を使っていたときのこと、
いつものように改札を通ってホームへと続く階段を下りてったら、目の前に泣いている小学生の女の子がいたんだ。



スポンサーリンク

周りの乗客たちは見てみぬふりって言うか、係わり合いたくなさげな感じで、誰もその子を助けようとはしなかった。

んで、俺が助けてあげようと近寄ったら、その子も俺のことに気がついて、
俺のほうへ近寄ってきたんで「どうしたの?」って聞いてみたら、
「友達がいない。」って泣きながら言ってきた。

んで俺が「テレカを持っているから、そのこの家に電話
してみてごらん」って言って、テレカを渡したんだ。
そのこは20分ほど電話をしてから、俺のところに戻ってきて、こういったんだ。
「お母さんが帰ってきなさいって言ったから、帰るね。」ってテレカを渡されながら言われたんで、
「そか。じゃーお家に帰れるね?」といったら、コクンとうなずいたので、駅のホームで別れたんだ。

数日後、同じ駅のホームでその女の子に出会ったんだ。
その子のそばには、女の人がいて、その人から何かを受け取ると、俺のほうにやってきて、こういった。
「お兄ちゃん。この間はありがとうね。ハイこれ」ッといって、女の人に渡された封筒を俺に渡してきた。
女の子は元気に手を振って女の人のほうへ帰ってった。
電車が来たので、その電車に乗ってから渡された封筒を開けてみたら、

中には現金5千円が入っていた。

お礼なのだろうと思い、俺はルンルン気分で受け取った。
困っている人を助けて、いい気分になったのは今までで、そのときが初めてだったよ。

引用元:キチネタ募集!
http://kitimonogatari.com/archives/35272781.html


スポンサーリンク