yakuza

※一部の表現を修正しました
※エネ夫 = 嫁の敵である義実家の味方をする夫(敵)

1: エネ夫を〆た話① 2014-02-22 16:00:31
やっとエネ男と無事に縁が切れたので記念にカキコ。

エネ=23歳♂。無職。
私=20歳♀。スナック勤務。
A君=893をやっている人。私の事をかわいがってくれた人
B、C=職場の同僚。



スポンサーリンク

エネ男はとにかく無理物件だった。浮気性、ギャンブル大好き、仕事をしない、マザコン、DV気質。
・自分の思惑通りに行かないと私を殴る、最悪首を絞めてくる←これで二回救急車に運ばれた。
それでも悪びれる様子はなく、色々な人に「俺は○子(私)を殴ったぞ。」どドヤ顔で言いふらしていた(別れてから知った)
・私と何かあると必ずトメとコウトに頼る。コウトが我が家に乗り込んできてエネと一緒になって私をボッコしていたことも
・毎日仕事をせず、私のお金を許可なく勝手にギャンブルに貢ぎこむ。
・色々な女に手を出していた。そのせいで私は二回病気にかかる。それと2人妊娠させていた。(これも別れてから知った)
・別れを告げるもまた殴られる。トメやコトメに監禁される。
・トメはエネ男と同じくギャンブル大好き。嫌味ったらしい。

2: エネ夫を〆た話② 2014-02-22 16:01:10
さすがに私もこれではマズイ!と思いAとBちゃんとCちゃんに連絡をして、
Aとその下っ端とBちゃんとCちゃんがが家に来て速攻エネ男とその家族を囲んでもらったよ。

私と何かあるたびにコウトとエネ男は「893呼ぶぞ!ぶっくらしてもらうけんな!」って脅してたくせに
Aとその下っ端らが来たときはアワアワ。

A「俺の大事な私子に何しよると?しかもお前らは893呼ぶとか言いがかりつけて私子を脅してたんやって?」
B「脅してたと?それは知らんやったけど、なかなかいい度胸しよるね。」
C「あ、そうそう!A君に頼んで本物の893見せてやろうか?」
エネ夫とその家族はさらにアワアワ。デモデモダッテばっかり。

A「私子はこいつらをどうしたいとや?」
私「もうこの人たちにうんざりです。二度と関わりたくないです。」
A「おk、とりあえずこいつら(エネ男、コウト)を引き取るわ!」
と言ってAとその下っ端らがコウトとエネ男を引き取り帰って行った。

もうここに居てはならないと思った私はすぐ荷物をまとめて実家へ。
翌日にエネ男から電話が来て

エネ男「私子!今まで悪かった、許してくれ。俺とやり直そう?」
私「もう一度A君を呼んで〆てもらいたいんですか?」
エネ男「いや、ちゃんと話がしたいけん呼ばないで。」
私「はい、今ちゃんと話をしますね。何かしらあるたびに私を殴り入院までさせておいて謝罪なし。
浮気を何度も許すも浮気癖治らず。
私にまた手を出そうとか考えているのであれば
もう一度〆てもらうように頼んでおきます。
それが嫌ならもう二度と私に関わらないこと。」
棒読みして電話を切りました。

それからもロミオメールが来ていましたが安定のヌルー。
そして先月に私が電話番号を変えてエネから連絡が来なくなりました。
もう二度と連絡してくるんじゃねえ!

引用元:キチネタ募集!
http://kitimonogatari.com/archives/35272781.html


スポンサーリンク