ijime

117: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/16(土) 06:58:19
小学生の頃の話なんだけど、当時小学3年生だった私は家の近くにある大きな公園で遊んでいた。
そしたら砂場の方から聞き覚えのある声がしたので振り返ると、幼稚園児だった弟が学校で評判の悪餓鬼B太(小4)に泣かされていた。
B太は体型も太っていたし、体も大きくて女の子にも平気で手を出す奴だったので、うちの学年の女子達も被害にあっていた。いつもは見て見ぬフリ。



スポンサーリンク

でも弟が目の前で殴られているのを見て頭にきた私は、
一目散にB太の方へ走って言った。
『弟に何するんじゃあぁあぁ!』
B太は少しびっくりしたようだけど、相手は年下の女だと馬鹿にしたのか
へらへら笑いながら、
『うるさい、俺の前にいるコイツが悪いんじゃ。』
と意味の分からん発言。
私は内心びびってはいたがとにかく日頃の口の悪さを生かしwハッタリでB太を罵倒し続けた。
『ほんなら中学生の人が前にいても同じ事できんのか?あぁ!?
お前なんか年下いじめるしかできひんくせに!』
かなり罵倒してやった記憶がある。するとB太は
『お前女のクセに調子のんなよ。』
と顔を近づけて脅してきた。
『女でも自分の弟がイジメられてたらなぁ!体張ってでも助けに行くんが姉貴なんや。かかって来いやぁ!』
今考えると恥ずかしいセリフだ…。
でも何故か完全に頭が切れていた私にはB太は全く怖くなかった。
極道さながらのハッタリにビビったらしく、B太は逃走。めでたしめでたし。

で終わるだけじゃ納得いかなかったので、『待てやゴルァ』
と後を追ってやった。
私がB太を追って走っていると学校の子達が『どうした?』と聞いてくる。
走りながら事情を説明すると『俺も手伝うわ』と一緒に走ってくれた。
走って行く度に仲間は増えて10人くらいでB太の足取りを追った。
そして最終的には弟に謝罪させる事に成功。
窮地に立たされた人間の底力を身を持って体験したB太は、少しだけおとなしくなり、それ以降私のあだ名は中学まで『女番長』でした。長くてスマソ。

119: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/16(土) 07:20:40
>>117
死ねよw

121: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/16(土) 08:09:49
>>117
キモ

123: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/16(土) 08:35:07
>>117

オモシロス

125: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/16(土) 09:05:48
>>117
なんか地方の言葉が出ると新鮮だな。
>>119お前が死ねば?

129: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/16(土) 09:52:52
>>117
最後が漫画みたいな展開でワロスww

889: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/29(金) 21:34:16
>>117
こいつ垣添じゃね?

↓↓垣添↓↓
悪ガキが年下生徒に草を食わせたり女子のパンツを脱がせてイジメていた。すると別の子がきて…

890: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/29(金) 22:49:56
>>889
似てるからかw
不覚にもワロタw

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(38)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1158186426/


スポンサーリンク