haigo

761: 2006/09/28(木) 22:27:48
厨二の時、隣の学区の塾の夏期講習に行った帰り、もう随分暗くて親に迎えに来てもらうことになった。
家からその塾まで車で15分くらい。
待っている間、暇だったので直ぐ近くにある中古本屋でに物色に行った。



スポンサーリンク

適当に本を手に取ってパラパラめくっていると、なんか背面が生暖かい。
そっと後ろをうかがうと、帽子にサングラスの青年とおっさんの間くらいの歳の男が。
私と彼の距離はもう1?あるかないかって程に近い。
近!近~い!!何だろう、私がいるせいで本が取れないのかな、と思って少し場所をズレた。
ズレたが、距離が開かない。
あれ?あれれ?戸惑う私。
なんかそのうち耳元で、ハァハァやらスンスンやら鼻息とかが聞こえ始めた。

762: 2006/09/28(木) 22:28:30
そこで新手の痴漢か!!とやっと気付いた。
でもまだ触られたわけでもなかったし、痴漢だ!と大声を挙げるのには戸惑いがあった。
思わず考えて込んで固まってしまったが、とりあえず本を置いて逃げてみることに。
すると意外にも痴漢はあっさりと見逃してくれた。
足がぷるぷる震えてしまったが足早に場所を変える。(親が迎えに来るまでまだまだ時間があった)
痴漢のことを店員に言おうかどうか迷っていると、なんと痴漢が新しいターゲットをロックオン

( ゚д゚)ポカーン

一瞬放心してしまった。

764: 2006/09/28(木) 22:31:49
新しく痴漢されている女の人は仕事帰りのOLっぽいスーツを着た綺麗な女性
気が弱そうで、なんかプルプルして逃げるのも出来なさそう。
それを見て、私の中で何かが切れた。
「ちょ、ちょちょ、ちょっとぉ…やめてくださいぃぃい!」
手足が震えるわ口の中が渇くわで、吃りながらも痴漢に怒鳴った。
OLは半泣きで私を見るし、痴漢は無表情&無言で私を見るし、もうなんだかわからない。
そんなよくわからない空気のなか、「おっさん、キモいよ。」と男の子が出て来た。
よく見たら小学生のとき入っていたテニスクラブの友達(本屋の近所に住んでた)
「痴漢とかさー、恥ずかしくねーの?」
と言いながらOLと痴漢を引きはがす友人
「おいT(私の名前)!店員呼んでこい!!」の声にハッとして走ってレジへ。

765: 2006/09/28(木) 22:32:46
その後、痴漢の「触っていない」の主張虚しく24
迎えに来た親「な、何ばしたつ?え?なんもしとらんと?よね?(何をしたの?何もしてないの?よね?)」
警官と話している私とパトカーに動揺w事の顛末を説明。
褒められると同時に立ち読みスンナ!と説教をうける。
OLのお姉さんにも御礼を言われ、友人とハイタッチ。
何か御礼がしたい、と言われたが二人でカッコつけて「いやいや、それほどのものでもw」と言った。

今でもその友人と飲みに行ったりする時はその話が出る。
酔っ払っているのでかなり誇張されるが(゚ε゚)キニシナイ!!

と、無駄に長いうえに下手な文章でスマン
しかもほとんど友人の武勇伝ですなw

766: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/28(木) 22:38:44
>>765
GJ!勇気があるね。

その友達が、今時分の隣にいる彼氏です。なんてオチはないわな。

775: 2006/09/28(木) 22:54:31
>>766
そう、その友達が今自分の隣にいる彼氏です…

とでも言えたら素敵なんでしょうが、
二十歳になった今でも悪友?親友?な関係ですw

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(38)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1158186426/


スポンサーリンク