tumetate

906: おさかなくわえた名無しさん 2006/11/07(火) 08:40:59
>>890
私も彼氏(現在の夫)との待ち合わせ場所に向かう途中、
人気のない地下鉄出口で露出狂(50代くらいの汚いホームレス)にあった。
むかついたので局所にパンチ食らわそうとしたら手でガードされたので
なめられた怒りとパンチ外した怒りで逆上、



スポンサーリンク

局所をガードし続けるその男の腕を掴んで地下鉄駅事務所へ向かおうとしたが、
事務所は遠く、隙を見てその男が私の胸を触ったので
怒りはMAXに。
「あなたねえ!」と叫びながら思い切り爪を立てて耳を引っ張った。
さすがに耳は千切れなかったが爪の中に分厚い皮膚がぎっちり詰まり、血がついた。
男はちょっとおびえた顔をしたので、もう捨ててその場を去った。
今思えば手ぬるかった。
そのときボールペンの一本でも持っていればもっと、死ぬほど後悔させてやったのに。

その後、手を何度も消毒し、
彼に「あなたもあいつも同じ『男』!この同類どもが!!絶滅してしまえ! キイィィ!!!」と当り散らした。

そんな女を妻にした夫の武勇伝でした。

886: おさかなくわえた名無しさん 2006/11/07(火) 00:26:03
aa

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(40)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1161557436/


スポンサーリンク