tukemen

1: 神奈川県中部での出来事です 2014-06-04 10:19:28
(1/3)
「つけ麺の麺をよこせと迫られた」という話を見て
似たような?経験をしたことがあったので投稿させてもらいます。

昨年(2013年)の11月か12月にちょっと遠出をして、以前から気になっていたラーメン屋に行ったときのことです。



スポンサーリンク

時刻が昼のピークタイム過ぎだったせいか、店内に客は自分と、あとカウンターに1人、ボックス席に1組いただけだったと思います。
ランチタイム大盛無料に惹かれて好物の塩ラーメン大盛を頼もうかと思ったのですが、食券機の横に「オススメ」POP付でつけ麺の写真が掲示されているのが目に入りました。
どうにも美味そうだったのでそちらに切り替え、店員に食券を渡し、カウンター席のはしっこに腰をかけました。

携帯でなんJまとめなど見ながら待っていると、いくらもしないうちに大盛りつけ麺が運ばれてきました。
さあ食べよう、と思いましたが手元にお冷がないことに気づきました。
セルフ冷水機で氷水を入れて席に戻ると、席にあったのはつけだれだけで、麺の入った大鉢が消えていたのです。

『あれ?店員さんが引っ込めたのかな?』と思い、厨房(カウンター真正面)の店員さんに『すいません、麺下げられました?』と聞くと、「いいえ?」とお返事。
「水取り行ったら麺の鉢がなくなってるんですけど…」と聞いたその時、どん、と空っぽのお鉢が自分の目の前に置かれました。
えっ?と思ったら、カウンター席に座っていたもう一人の客のおばはんが、あふれるほど麺がたっぷり入ったラーメン丼が置いてある席に戻ろうとしておりました。

2: 神奈川県中部での出来事です 2014-06-04 10:21:18
(2/3)
このババア、人の麺かっぱらってオカワリしやがった!
何をされたのか頭では理解しつつも理性では理解できず、「えっ、ちょっ」とおろおろして店員さんに目をやると、すぐに「お客さん何してんですか、それはこちらのお客さんの注文されたものですよ!」と大喝
するとそのおばはん(引越しおばさんと葉加瀬太郎を足して2で割ったような顔)は、目をちらっとこちらに向けただけで、ラーメンの残り汁に大盛つけ麺をぶちこんだ残飯めいたアトモスフィアをかもし出すドンブリに、ざぶざぶと酢をかけて喰らいはじめていました。

店員さんが「お客さん!ちょっと!」と大声をあげつつ厨房を飛び出し、そのおばはんの箸を持った手を掴んだあたりでようやく喰うのをやめ、こう叫んだのです。
「なに!そいつ(投稿者のこと)席から離れたでしょ!だったらいいじゃない!」

「何言ってんだババア、頭おかしいのかてめえ」
ようやくオロオロ状態を脱してそのおばはんに自分も一言言うと、おばはんは顔をこっちに向けて、口の中のものを飛ばしながらこう喚いたのです。
「あんた席から離れたでしょうが!
 じゃあいらないってことでしょ!
 行列から離れたら並びなおすのは常識でしょ!
 食べたきゃもう一回買えよバカ野郎!
 席から離れて生意気言うんじゃないよ!
 警察呼ぶよ!」
何を言ってるのかわからないと思いますが、実際何を言われてるのか自分もわかりませんでした。

3: 神奈川県中部での出来事です 2014-06-04 10:21:42
(3/3)
それから1分もしないうちにそのおばはんは店員さん(今にして思えば店長さんだったんでしょうか)に「二度と来るな!」と店から叩き出されまして、「頼まれたって二度と来てやらねえよ!キチガイーーー!!」と叫び、ドアに唾を吐きかけて去ってゆきました。
店員さんは「もう一回作り直します、御代もお返しします」と言ってくださったのですが、食欲が消えうせてしまったので、御代だけ返して戴き、辞去することにしました。
結局何も喰えず、おばはんに何かリベンジできるでもなく、ただただ無意味にガソリンを消費しただけで終わっただけという結末。
世の中、どこに物狂いが潜んでいるかわからない、と実感した一日でした。
あの糞ババアと、ボックス席からこっちの騒動を「やばくね?やばくね?」とくすくす笑いながら写メを撮りまくっていた高校生(中学生かも)のカップルに天罰が下ることを願ってやみません。

引用元:キチネタ募集!
http://kitimonogatari.com/archives/35272781.html


スポンサーリンク