kyoui

870: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 08:59:44
ある平日の朝、とある始発駅にて。私はホームの電車待ちの列の3列目に
立っていた。最前列に女子大生風の女性が一人。すると、その子の友達が
通り掛かり、二人は話しながら先頭に並び出した。良くある光景だと思う。
やがて空の列車が来て、ドアが開いた瞬間、2列目にいたオッサンが凄い
勢いで二人を突き飛ばしながら我先にと乗り込んだ。



スポンサーリンク

二人は転倒しかけ、
遅れて私の隣に座りながら「いたーい」「ひどい」と小声でぼそぼそ話を
していると、向かいのシートに座っていたそのオッサンは、「何を!お前ら
がマナーを守らないのが悪いんや」と一喝。割り込みされたような格好に
なった事がそんなに腹に据えかねたのか、それからも1分くらいクドクドと
説教を続けた。周りの乗客は呆れ果て、当の女子大生達は青ざめ、少し
半泣きになりながら黙りこくっていた。

871: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:04:57
(続き)
そして次の駅に到着。ふと見ると、腰が見事に曲がったお婆ちゃんが
オッサンの前に立っている。オッサンは目を開けて見ているが、自分の
座ったシルバーシートを明け渡す気はさらさらないらしい。
私は立ち上がり、シートの上に鞄を置いて、向かいのシートへ。
お婆ちゃんを促して自分の席を譲った。ふと振り返るとオッサンと目が
合った。私は、(よせばいいのに)「お前が他人のマナーをどうのこうの
言える人間かい!」と大声で言ってしまった。言われて、オッサンは
顔を赤くしたり、青くしたりしながらも、口をパクパクするばかり。女子
大生相手なら強気なオッサンも、身長180cm、胸囲110cmの私には
何も言い返す事が出来ないらしかった。前に向き直ると、先ほどのお婆
ちゃんが吃驚したような顔で私を見ていたので、私はにっこり笑って
「なんでもないです。大きい声出して済みません」と言った。事情を察し
たのか、お婆ちゃんも笑ってくれた。その隣の女子大生とも目が合った。
彼女らは、微笑みを溜めて会釈してきた。二人とも溜飲が下がったのだろう。
いい一日だった。
で、帰って嫁に話すと、「それはね、今後、ホームから突き落とされない
ように気を付けなさい」と言われてしまった。w

874: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:14:09
>>871
GJ!

でも奥さんの言う通り、背後に気を付けた方がよいよ。
武勇が祟って怪我でもしたら洒落にならん。

875: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:15:12
>>871
GJ!
最後の2行があるのにも関わらず>>873でついドデカい女を想像してしまいました。

876: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:18:04
>>871
GJ!
俺もマッチョな女性を想像してたw

877: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:22:13
そりゃ言い返せないなぁ

879: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:34:37
>>871
事の発端は割り込みをした女にあると思うので
素直にGJと言えないのは自分だけか?

880: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:37:05
嫁という字を読むまでイカツイ女性だと勘違いしていたw

883: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/24(土) 09:58:30
>>871
GJ!
自分も女だと思って読んでたw

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(47)
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1171248952/


スポンサーリンク