koi

279: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/28(水) 21:02:20
 中学の頃、部活の後輩にトッポイ奴がいて、こちらが真剣になってルールや技術を
教えても覚えようとしなかった。



スポンサーリンク

 ある日、学校のトイレでションベンしていると、そいつが「なにしてんだよ~」とか
言いながら軽く尻に蹴りを入れてきやがったので、横目で睨みながらションベンを
終わらせ「ションベンひっかけるぞ」と言ってみたが、ヘラヘラ笑っていたので、トッポ君
の袖を掴んで小内刈りをかましてみたら、見事にすっ転んだ。ベタンっ!。我ながら
うまいこと入ったので、大笑いしてトイレから出て授業へ向かっていたら、うしろから
トイレ用の柄付モップを持って追いかけてきやがる。
 うお、ヤバイ。
 必死で逃げて、既に授業が始まっている教室に素早く入室。
 トッポ君は教室の外でゼイゼイ言っている気配。
 先生にちょっと叱られたが、そんな事は重要じゃなかった。
 入ってこれるもんなら入ってこい、と思いながら、どう対処しようか考えてたら、
トッポ君はいなくなった。

 さてどうしたもんか、と思い、色々と策をめぐらして、こうすることにした。

280: おさかなくわえた名無しさん 2007/02/28(水) 21:02:55
 トッポ君には、彼とは別のクラスに仲の良くないドキュソ君が居て、いつか
やり合ってくれんかなーとか思っていたんだが、なかなかそうはならないでいた。
 なので一筆書いて、ドキュソ君の下駄箱に放り込んでおいた。
 「今日の放課後ぶっ潰してやるから、武器でもなんでも持って来いや。場所は
六芝印刷の野球場裏。来なかったらお前へタレな。トッポ。」
 さらにもう一筆を親友に書いてもらい、トッポ君の下駄箱にも放り込んでおいた。
 「今日の放課後、タイマンやろうぜ。場所は六芝印刷の野球場裏。来なかったら
お前の事いいふらす。ドキュソ。」

 その日、恐る恐る部活をのぞいてみると、トッポ君は来てない。うひょー。
 ウキウキ気分で部活を終えて帰って、どうなるか楽しみで仕方が無かったんだが、
次の日からトッポ君とドキュソ君は学校に来ない・・・。

 三日後、全校集会があって、何があったか説明された。トッポ君は全治1ヶ月で
入院。ドキュソ君は警察のお世話に。
 「二度とこんな事が起こらないようにうんぬんかんぬん・・・」とか校長が言ってる。

 親友と二人で学校の帰り「バカと頭は使いよう、やなー」とか言いながら、まあ
俺たちのことは内緒でヨロ、みたいな確認を取りつつ帰った。
 とりあえず、トッポ君の視点はドキュソ君に移ったのか、俺の事は最重要課題では
なくなったんだろう。学校に戻ってきてもこっちにはちょっかい出さなくなった。
 良かった良かった。

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(48)
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1172410701/


スポンサーリンク



タグ: 修羅場