haneda

1: 酒乱娘の母 2014-07-03 13:05:46
「親なら、まず大丈夫と心配すべきだ。」と、何年も何回も長女から謝罪求められてますが、無視してます。

長女は、DV亭主から離婚できたのに、なんだか病んでいて、だから孫の世話したり、県外の娘宅に何度かもいったり、金銭的にもこちらの身を削る思いをして、援助した。
ところが、どんどん言動がおかしくなり、弟である長男が結婚するころには、絶縁に近い状態だった。
息子は大学から東京暮らし、そこで見つけたお嫁さんとの結婚式は、もちろん東京で、いきさつは聞いていたけど、姉である長女も招待した。



スポンサーリンク

結婚式は、友人が中心なカジュアルだったからいいけど、途中で予定にない長女がスピーチし始めた。
どれだけ自分が苦労して大変な思いをして、弟を育てかみたいな、3歳しか違わないのに、ちょこまか動く弟と通学したのが、それほど立派かと内容で、おかしかった。
そのあとも、強くないのに誰も勧めないのに、酒を飲み、泥酔状態、6歳の孫は泣きそうだった。
長女は関西在住、帰りの飛行機の切符も持っているというので、タクシーをとめ、一万円を渡し、羽田空港へ送っていてと頼み、長女と孫を見送りほっとしたら・・・・。
2: 酒乱娘の母 2014-07-03 13:16:44
羽田空港の医務室から電話がきた。
長女は空港で倒れ、とても飛行機にはのせれない、一緒にいるのは孫娘だけだから、迎えに来てほしい。
仕方がないので、タクシーで亭主と羽田空港へ行き、医務室へ行くと、孫は泣きそうな顔をし、長女は点滴うけていた。
泊るところがないので、自分たちが宿泊予定のビジネスホテルに頼むと、キャンセルがあり一部屋あるとなり、皆でまたタクシーにの、ホテルに、往復2万円近くかかり、息子の式の後、東京のおいしいものでも食べたいと思っていたお金は、長女の宿泊代も払ったので、すっかりなくなった。
孫とは、コンビニのサンドイッチで夕食をすませ、昼間ごちそう食べたから、まあいいかと慰めた。
孫の世話ももちろんした。
孫はアトピーがひどいのに、化繊のドレスを下着もなしに着せられ、痒いのと寒いので困っていたので、下着もコンビニで買ってやった。
翌日、礼の一つも言ってほしいと思ったが、促すと逆切れし、帰って行った。
3: 酒乱娘の母 2014-07-03 13:27:04
それからの長女、
時折電話してきては、
「娘が倒れているのに、心配しなかった。
心配するような言葉がなかった。親として謝罪しろ。」と何度も言ってきます。
謝罪しないから、いやがらせして、とうとう二度と孫に会わせないとなりました。
許してほしかったら、私たち親子の面倒を見ろとか、言ってくます。
初めは孫可愛さに、かなり折れていた亭主まで、他っておけとなり、今は放置。
孫も中学生だが、いつかは自分の母親がおかしいとわかる日が来るだろうし、このままでいいと思っています。

引用元:キチネタ募集!
http://kitimonogatari.com/archives/35272781.html


スポンサーリンク