keepout

1: ニアミス 2014-08-06 22:13:09
皆さんの修羅場話に比べるとすっごくしょぼく感じるのですが、自分が学生時代に体験した一人修羅場?を話させてください。

当時、ある大学の2年生だった私は、大学指定の民間寮に住んでいました。その地域はゴミ出しが夜に行われるので、いつものようにゴミ出しに行くと、寮の隣のアパートの二階から「うぐぅ」みたいな一言が聞こえたのですが、その時は「なんだ?気色悪い。」位の感じで寮に戻って寝ました。



スポンサーリンク

その次の日、洗面所で歯を磨いていると、そこから見える隣のアパートの周りに、ドラマなどで見る
「keep out」の文字がはいった帯が何本も見えたのです。

物取りでも出たんか(いくつかの男子、女子寮が固まっている地区だったので、ちょくちょくこのようなことはありました)と思いながら登校のために寮を出ると、玄関出てすぐに新聞記者の人2人に声をかけられました。

私は、その時始めて裏のアパートで○人事件がその晩にあったことを知りました。
しかもまだ犯人は捕まっておらず、もしかしたら近くのアパートなり寮なりに潜んでいるかもしれないとのことで、その時一気に血の気が引いたのを覚えています。そしてその日だけは通学路のいたるところに警察が立っていて、かなりの緊張感の中での投稿でした。

ただ、幸いにも犯人はその日の夕方にはつかまり、帰り大丈夫かなぁと思っていたのでそこは一安心でした。
が、後で知った内容としては、
一緒に住んでいた兄弟の弟が、兄貴が寝ているあいだに・・・とのことだったそうですが、その事件発生推定時刻が、ちょうど自分がゴミを捨てに行ったときの時間でした。

犯人が捕まったので、事情聴取などは来なかったのですが、○人事件にニアミスしてしまった。というのは当時としては本当に恐ろしかったと思っています。

引用元:キチネタ募集!
http://kitimonogatari.com/archives/35272781.html


スポンサーリンク