enzai

76: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/06(月) 19:11:28 ID:tiP6Y4zK
変人といえば

小学生の3~4年生のころ、
変人と呼ばれるAという男の子が居た。
昼休みにひとり教室で本を読んでいる事が多いAは、
犬みたいに走り回るのがデフォルトな男子の中でやや浮いてた。

ある日、昼休みも半ばを過ぎて、
犬みたいに(ryしてた俺たちが早めに教室に戻ると、
AとB子が数人の女子に囲まれてた。



スポンサーリンク

Aが何かを盗んだと疑われて、女子学級員のB子が弁護。
ヒートアップした女子数人に責められていた模様。

反射的にAの側に付いて、証拠はあるのか云々と反撃したが、
口じゃ女子に勝てるはずもなく、劣勢に。
しまいにゃ
B子はAが好きなんじゃないかだの、俺がB子に惚れてるだの
関係ない事まで言われ出した。
気が付けば、一緒に居た友達もやや離れ、
こちらの陣営は泣きそうなAと悔し泣き寸前のB子と俺だけ。

そのとき、男子学級委員のCが颯爽と現れてカッコヨク言い放った。
「おい、やめろよ!Aだって悪気があってやった訳じゃないだろ!」

77: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/06(月) 19:12:15 ID:tiP6Y4zK
「おい、やめろよ!Aだって悪気があってやった訳じゃないだろ!」
途中から入って来て、Aがやったと決めつけてくれたC。
カッとなってCの胸ぐらを掴む俺。
胸ぐら掴まれて引っ張られたCの顔面に、
スカート翻してカウンター気味に回し蹴りをぶちこむB子。
もんどりうって倒れるCに
「証拠も無いのに決めつけるな!」
とタンカを切る、隠れ空手少女B子。
唖然とする俺とAとその他大勢。

直後、先生が介入して「暴力はいけない」とぎっちり怒られた。
結局、盗られた云々についてAは関与してなかった。

それから以降、Cは男子内での評価を下げ、
男子は学級委員B子の言う事を良く聞く様になり、
俺とAとB子は友達になり、
Aは平穏な昼休みを取り戻した。

79: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/06(月) 19:21:40 ID:4lvdOtry
>>77
乙。てかCの無意識下での偏見が露呈しちまったって感じか。
多分言った直後は自分ではこの場を収める一言言ってやったって思ってたんだろうなぁ。

88: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/06(月) 21:32:12 ID:/PmdDBcu
>>77
見事なコンビネーションだなw
いろんな意味でw
とにかくGJ!スッとしたぞ!

91: おさかなくわえた名無しさん 2007/08/06(月) 21:57:40 ID:H7/A/cB8
>>77
お前とB子はタッグの素質があるよ

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(56)
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1186152580/


スポンサーリンク