motenai

1: キチママ 2014-09-21 22:33:34
大学生の頃、バイト仲間に派手な女が1人いた。俺と同い年で、スタイルは間違いなく良かったけど、とにかく顔が派手だった。で、暇さえあれば自分の男関係を自慢していた。
今まで何人と付き合った、歴代彼氏は皆このキョニューにデレデレだった、私は本当にモテる。仕事中だろうが、事あるごとにそんな話ばっか喋ってる。
まあシフトやら仕事内容やらの都合で、俺とはあんまり一緒に仕事しなかったから、そんなに気にしてなかったんだけど、ある時2人組まされて仕事することになった。



スポンサーリンク

2: キチママ 2014-09-21 22:34:05
あんまり喋った事のない俺と組まされたもんだから、ここぞとばかりに自慢話をしてきた。俺は適当に相槌打ってたんだけど、終わる気配が無いので、心底呆れた顔して「つまりそれだけ大勢に振られてきたって事ですよねぇ。自慢のスタイルがありながら振られ続けるってことは、よっぽどなんか問題あるんじゃないですか?病気持ってるとか」と言ったら、いかにもモテなさそうな俺にそんな事を言われるとは思ってなかったのか「振られたんじゃなく振ったの!全員私から捨ててやったの!」と叫びやがった。
で、「つまり捨てたくなるほどろくでもない男とばっか付き合ってきたって事ですね。男を見る目が無いって言いふらしてるようなもんですな」と言ってやったら、もうほんと真っ赤になって「私にそんな偉そうなこと言うなら、あんたはよっぽど良い女と付き合ってるんでしょうね?私より美人なんでしょその人!?」とほざいた。
だから「死別してます」とだけ答えて作業を続けた。ポカンとなってたね、あいつ。
奴がそのまま喋りも仕事もしないもんだから、「轢き逃げでしたよ、もう脳味噌からグチャグチャで。まあ僕と付き合ってたばかりに轢かれたんですけどね、彼女」と続けて、「僕が殺したようなもんですな」と言ってニィッ…っと笑って見せた。

それ以来、そいつは男自慢をしなくなった。それどころか仕事中にお喋り自体をあんまりしなくなり、真面目っちゃあ真面目に働くようになったよ。もっとも、俺の事も敬遠するようにはなったけどね。

引用元:キチネタ募集!
http://kitimonogatari.com/archives/35272781.html


スポンサーリンク