irezumi

857: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/03(日) 20:34:01 ID:wLH12HIM
今から20年以上前、教師の言う事は絶対でPTAが今ほど強くなかった頃の話

当時小学生だった俺はいじめに遭っていた。級友(?)からの罵倒、ボウ力。上履きや筆箱などの持ち物を隠されるのも日常茶飯事。
勉強も運動も出来ず決して出来のいい生徒でなかった俺を教師も快く思っていなかったらしく、毎日のように叱られ、体罰を受けた。
しかし当時の俺はそれを疑問に思っていなかった。嫌ではあったが自分はこういう星の下に生まれた人間なのだと妙に納得していた。

ある夏の日、廊下ですれ違いざまに俺の制服のシャツの背中に習字で使う墨汁でラクガキをした奴がいた。墨汁なので洗っても落ちる訳がない。



スポンサーリンク

服を汚した事で親に怒られる事を覚悟しながらそのまま家に帰ると、自営業でいつも家にいる親父に「誰にやられた!!」と問い詰められた。
誰か分からないと告げると親父は俺の首根っこを捕まえて車に押し込むと、社員のKさんに運転させ学校へ向かった。

小学校に着くや職員室に引っ張って行かれ、俺の背中を教員連中に見せ付けながら烈火の如き勢いで怒鳴り始めた。
教員連中はあっけに取られながら、いきなりの珍入者に当惑してる様子だった。俺は子供心に恥ずかしくてしょうがなかった。
無理もない、俺へのいじめは今に始まった事ではないのだ。今更なにを言ってるんだいう空気がひしひしと感じ取れた。

やがて俺を目の仇にしていた大柄の男性教諭がやれやれといった顔で親父の前に歩み出た。話は分かりました、今日は引き取ってくれと。
あからさまにやっかい払いをしようとする態度は親父の怒りに油をそそぎ、教師につかみかかろうとした。教師は待ってましたとばかりに身構えた。
その時、間に割って入った人がいた。社員のKさんだ。真面目で無口、いつも黙々と仕事をこなし怒った所など見た事も無い。

男性教諭は完全に臨戦態勢、息もかかるほどつめ寄ると上から細身のKさんの身体をにらみ付けた。
その時、Kさんはやおら上着を脱ぎ始めた。どんなに暑い日でも上着を脱がなかったKさんが。俺は大喧嘩が始まると思い心臓が止まりそうだった。
なんとか止めてもらうようにすがる思いで親父を見たが親父は何も言わずにその光景を見ていた。その顔にもはや怒りの表情は無かった。

結果として、喧嘩は起らなかった。その日以来俺に対するいじめはぱったりと止んだ。

871: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/03(日) 22:23:55 ID:eEdX55RA
>>857
オヤジさんの部下でマジメで上着を着てると細身、ここぞと言う時に上着を脱ぐKさん。
完全にロボット刑事Kだっていうオチだと思った俺は・・・

876: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/03(日) 22:59:03 ID:UzuSy/IE
>>871
ハンチングかぶってんのな

880: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/04(月) 00:06:13 ID:8WJa/f8W
>>871
おっさん年いくつ?

859: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/03(日) 20:39:38 ID:3643HpZG
え、ごめん、意味がわからない。
kさんが一体どうしたんだ

861: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/03(日) 20:41:16 ID:BJtoCiLT
Kさんは全身に刺青を入れていた、つまり893の組員

862: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/03(日) 20:42:27 ID:wLH12HIM
上着を脱ぎ、シャツを脱ぎ、上半身裸になったKさんの背中に現れたのは、見事な彫り物。
当時の俺はその意味も分からず、またKさんの身体にそんなものがあるとは知りもしなかった。
ただ、職員室内の空気が一瞬にして変わった事だけは分かった。

後退る男性教諭にKさんは何か一言二言つぶやいたようだった。その声は聞き取れなかった。
俺は親父にやおら背中を叩かれ、「お前は帰れ」と言われた。その声は低く、はっきりと聞き取れた。
いたたまれなかった俺はその言葉に従い一人で帰った。その日、親父とKさんは帰って来なかった。

ほどなくしてその男性教諭は突然いなくなった。別の学校に移ったとの事だが朝礼等での挨拶も無く、
はっきりした説明は最後まで無かった。俺をいじめていた連中は集められて学校に親を呼び出され、
何かの話し合いをしていた。会議室から出てきた連中の中には目を真っ赤に腫らした奴が何人もいた。

何年か後、彫り物の意味が分かるようになった頃、Kさんの事を親父に訊いてみた。
元々はどうしようもないワルだった事。極道の事務所に出入りしていた事。何度も警察のご厄介になっていた事。
そんなKさんを心配したご両親が親交のある親父にKさんを預け、カタギとしての道を歩ませようとしていた事。

その後Kさんは不慮の事故で若くして亡くなった。あの時何があったのか、その口から語られる事は最後まで無かった。

875: おさかなくわえた名無しさん 2008/02/03(日) 22:36:54 ID:CdGsaLGd
何で昔ワルだった人って、更正したぐらいで褒められるんだろうね。
他人様に迷惑掛けずに生きてきた人の方がよっぽど偉いのに。

引用元:胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(63)
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1200377564/


スポンサーリンク