kami

↓↓続編リンク↓↓

1: デスメタルなキチママ:追記1 2014-12-03 17:30:43
また懲りずに書けてきたので追記をば。

昨日、学校から帰ると弟が駆け寄り、
「またアレがかかってきたらしい、今度は何の曲かける!?」
…曲かけるのは決定なのね。

姉も「部屋の納戸から怖い曲のCD探しとく、あんたも怖いのネットで調べて近所のツ●ヤで借りてきて」
…ブルータス、お前もか。

当の母も「多分次は夜になるだろうし、デスメタル厳選しとくね?」
仕事で居ない父を除いた全員が怖い曲探しに没頭する、と言うなんともシュールな状況に。



スポンサーリンク

姉がすごい早さで降りてくると、「これ!!これよくない!?」と。
手に持っていたのは「神曲」と言うアルバム。
(以前の投稿のコメントにも書いてあった「あさき」という方のアルバムらしいですね)
そのアルバムに入った「この子の七つのお祝いに」と言う曲をセレクト。
一度聞いてみたんですがボーカルも禍々しいと言うか、全体的に怖い雰囲気でいいな…
歌詞カードを見て歌詞の怖さに卒倒しかけたのは姉には内緒です。

2: デスメタルなキチママ:追記2 00/00/00 10:10 ID:ID
姉が凄い速さで階段をかけ降りると、
「これ!!これよくない!?」とアルバムを指差し。
そこにあったのは「神曲」と言うアルバム。
(後で調べたんですが、「あさき」と言う方のアルバムらしいですね)
その中でも特に怖いらしい(姉談)
「この子の七つのお祝いに」と言う曲をチョイス。
歌詞を見て卒倒しかけた母を見て、「これは行ける」と三姉弟でガッツポーズ。

その夜、何も知らぬ父も加わりリビングに家族全員が集まり、
電話機を凝視するデジャヴ。
二回ほど電話が鳴るも、どちらもご近所さんから。
「よくわからんが、あの電話はもう来ないのか…」と少し肩を落とす父に、
「逆に来てほしいの?父さん…」と突っ込む弟が微笑ましかったです。

そして、遂に曲を流すときが。
受話器を取ると聞き覚えのある「ウヘヘヘェwww」が。
ゆっくりとCDプレイヤーの前に受話器を置くと再生ボタンをぽちっ。
5分50秒程、あさきワールドに身を委ねました。
(何も知らない父は曲を聞きガクガクしてました。)
受話器を取ると咽び泣くような声が。そこで母が受話器を取ると、
「次かけてきたらデスメタルどころじゃ無いんで。」とガチャ切り。
次の瞬間、皆で「やったあああああ」と祝杯のコーラを掲げましたよ。
多分次からはかけてこないと期待してますが、個人的にはちょっとがっかり(←おい)

ツ●ヤで借りてきたのに使わなかった「ASAーCHANG&巡礼」のアルバムを聞きながらカキコ。

引用元:キチネタ募集!
http://kitimonogatari.com/archives/35272781.html


スポンサーリンク