381: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 02:31:04.66 ID:k/x3rbx1O
高校の頃、精神的に弱っていたオレに「オレだけはお前の味方だから」と言っていたA。
大学に入り、Aは大阪へ。オレは心機一転と思ったものの、友達や幼なじみが立て続けに3人タヒに、元々体が丈夫じゃないが体調も芳しくなく、不安になってAに連絡を取ろうとしたが、ほとんど反応がなくなった。

そして高校の部活の仲間で集まった飲み会。Aは「サークルめっちゃ楽しいし、彼女できたんだ。今めっちゃ幸せだよ」と言う。
自分の中で何かが壊れた音がした。

Aはサークルでオレのことを話していたらしく、サークルの人はみんなオレを知っているらしい。オレはそのサークルの面々に会いたいと言い、その場で遊びに行く日取りを取り付けた。



スポンサーリンク

382: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 02:43:36.96 ID:k/x3rbx1O
サークルの人たちは本当に暖かい人たちで、Aの生活は本当に充実してるんだなと思った。

それからオレは何度かAの下宿先を訪ねては、サークルに一緒に顔を出した。オレはひたすら「いい人」になり、みんなに好かれていった。Aは「ちょっと疎遠になってたけど、ここんとこよく来てくれるから頻繁に会えて嬉しいよ」と言う。

1年ほど経ち、すっからみんなと打ち解けたある日、Aの彼女がオレに聞いた。
彼女「Aって前はどんな人と付き合ってたの?知ってる?」
オレ「知ってるよ。いい子だったよ。」
彼女「じゃあなんで別れたの?」
オレ「それはプライベートに関わるからさ(笑)」
彼女「え、いいじゃん、教えてよ!」

一瞬間をおく。
オレ「Aとうまくいってる?」

383: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 02:52:26.83 ID:k/x3rbx1O
彼女「え…いってるつもりだけど…なんで?」
オレ「…」
彼女「え、なに、どうしたんよ?」
オレ「これ、言おうか迷ったんだけど…」
彼女「うん」
オレ「前の彼女と付き合ってた時ね、こう…グーでガツンと…」
彼女「え…?×った…?え、ウソでしょ…」
オレ「そんなことするようには見えないよね」
オレはバツが悪そうに言う。
彼女は、失望したような表情をする。

オレはニヤッとしそうなのを耐えた。
オレ「それで色々こじれちゃってね…」
彼女「そりゃこじれるよ!それは最低だよ…」
彼女はAの素行にショックを受けた様子でうつむく。―バカな女。
オレ「で、でもね、今は平気なんでしょ、きっと大人になったんだよ、アイツも」
彼女「そうだけど…少しだけ怖いかな(苦笑)」

オレ「もし不安になったり、万が一手を出されたりするようなことがあったら、いつでも連絡してきて。何とかしてあげるから」

384: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 03:09:36.50 ID:k/x3rbx1O
その後、しばらくAの彼女と頻繁にメールを交わす日々が続いた。Aの愚痴、進路の相談など。オレはあくまでいい人で居続けた。

一方で、サークルの方に顔を出すと飲みに誘われたりもするようになり、Aがバイトの日にサークルの人たちと飲みに行く機会があった。
「なあ、Aってさ、高校時代からあんな感じなん?」
オレ「そうだね、まっすぐでピュアな感じかな」
「A、お前のこと親友って言ってたよ。仲良いんだな」
その言葉に虫唾が走った。
オレ「仲良いよ、とっても」
「よく連絡とるの?ぶっちゃけ嫌いなとことこないん?」
オレ「連絡はね…してもあんまり返ってこないんだよね(笑)強いて言えばそれが難点かな」
「それダメだろ!お前が相談したいことあって連絡しても返ってこないんだろ?」
オレ「まあね(笑)でも、オレ高校の頃から結構Aに頼ってたし、仕方ないかな。多分めんどくさいんだよ(笑)」
「そこ付き合うのが親友だろ!アイツひどいな~!」
オレ「もう慣れたから平気だよ(笑)」
「お前優しすぎるだろ~。いいヤツは損するなぁ。Aがそんな薄情とは知らなかったなぁ」
オレ「めんどくさがりなだけじゃない?」
「それを薄情って言うんだよ!」
その場にいる人がみんな同意した。その場にいなかったメンバーにも後日伝わったようだ。
大阪人て本当おしゃべりだから、都合がいい。

385: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 03:24:38.78 ID:k/x3rbx1O
地元に戻り、家にあったMDウォークマンを取り出す。以前、オレのMDウォークマンが壊れた時、「オレiPodだから、もういらないんだ。あげる」とAがくれたもの。それを手に、Aの実家へ。

A母「どちら様?」
オレ「あ、A君の友達の○○という者です」
A母「あー!Aによく話聞いてるわよ!」
オレ「え、やだなあ、A君どんな話してるんですか?」
A母「別にそんな悪口みたいなこと言ってないわよ(笑)で、どうしたの?」
オレ「ちょっとA君にお返ししたいものがあって…」
A母「そうなの。ちょっと上がってく?」
オレ「あ…じゃあ…ちょっとだけ(笑)」

家に上がり込み、MDウォークマンを差し出し、経緯を説明。
A母「やだ、ご丁寧にどうも。捨てちゃってもよかったのに」
オレ「いえ、こうしてお母さんにもお会いできてよかったです」
A母「やだ、うまいわね~!ところでAったら最近全然帰ってこないのよ、どうしてかしら?」
オレ「忙しいんじゃないですか?」
A母「あの子実家が嫌いなのかしら…何か聞いてない?」
オレ「んー…」
A母「やっぱり実家嫌いって?」
オレ「……」

その頃、メールを続けいたAの彼女から遂に誘いがくる。
「2人で神戸観光しない?案内してあげる」

386: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 03:33:20.55 ID:k/x3rbx1O
A彼女の地元、神戸を1日かけて観光する。そして夕食。

彼女「なんか浮気みたいだね(笑)」
オレ「見る人が見ればね(笑)でも楽しかったよ」
彼女「私も。なんか…Aといるとあの話思い出しちゃって…」

完全にAの乱暴の件について洗脳されている。

オレ「手…出されたりした?」
彼女「してない。してないけど不安で…」
オレ「ねえ…その不安さ…」
彼女「うん」
オレ「オレじゃ解消してあげられないかな?」
彼女「それって…」
オレ「わかってるよ。いけないってわかってるけど…でも君がそんな不安な日々を過ごしてるなんて、オレも心苦しい。決して軽い気持ちじゃない。オレは真剣だよ」

その夜、オレはA彼女と一夜をともに過ごした。

387: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 03:45:37.07 ID:k/x3rbx1O
彼女が起きる前に、オレは彼女の携帯から、Aにメールを送る。

「神戸観光楽しかったね♪Aといるよりずっと!今度はどこに行こうか?」
送信メールを削除する。

彼女と別れた後、オレは神戸から大阪のA宅へと向かい、サークルに顔を出す。
周りの人たちのAを見る目が、少しよそよそしかった。笑いをこらえるのに必タヒだった。

Aの家に戻ると、Aに「彼女が浮気してる」と告げられる。ひどく落ち込んでいた。
オレは慰めつつ言う。「きちんと話し合えよ。オレはちょっと明日は用事があるから早々に帰るけど」と。
Aは頷き、翌朝オレは学校の前までAを見送り、帰るフリをした。もちろん、本当に帰るのではなく、見守るために後からひとりで中に入る。

Aは彼女を呼び出し、廊下で2人で話をしていた。

388: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 03:58:20.35 ID:k/x3rbx1O
A「なあ…オレ以外に誰かいるのか?」
彼女「いないよ」
A「なあ、怒らないから正直に言えよ!」
Aが彼女の肩をつかもうとすると、彼女は怯えたように振り払い、サークルのみんなの元へ逃げ出した。乱暴の件、こんなに簡単に信じるとは。

「A、あんた今つかみかかってたようだけど、まさかこの子×ったんじゃないでしょうね?聞いたわよ」
A「×ったりするわけないじゃん!聞いたって何を!」

「しらばっくれるのか?最低だぞお前」
サークルのリーダーが言う。
どうやらA彼女はAの乱暴の件についてみんなにベラベラ喋っていたようだ。嬉しい誤算だ。

A「でもこいつ浮気したんだ!」
「浮気した?そんな言いがかりつけて×ったの!?」
リーダー格の女が強い口調で言った。
A「いや、だから×ってなんかないって!」
男リーダー「ちょっとがっかりしたな…」
A「待ってって!!意味わかんねえよ!!」
Aはやけでも起こしたのか、男リーダーの胸ぐらにつかみかかった。
他の男子たちがAを押さえつけるのが見えた。

それを見届けて、オレは帰路についた。
阪急線支線のガラガラの車両に乗った時、おかしくて笑いが止まらなかった。

A、お前にもやっと、オレと同じ景色を見せてやれるよ。

389: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 04:06:08.62 ID:k/x3rbx1O
その数日後、Aからメールが届いた。彼女とは別れ、サークルは辞めることにしたらしい。気分転換に何日か実家に帰ろうと思ったら、親には「嫌ならわざわざ予定空けて帰ってこなくていいよ」と言われたそうだ。
居場所がない、助けてほしい、話を聞いてほしいと言っていた。

我ながらこんなに上手くいくとは驚きだ。まあ、Aが単純だからこそできた所業か。

今日から4日後に、オレは再びA宅を訪ねる。一通り話を聞いて慰めたら、全てを打ち明けよう。
最後の砦を失って、どん底に落ちたAが、一体どんな絶望の表情を見せてくれるのか、楽しみで仕方ない。

390: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 04:39:24.57 ID:aDq/fCpf0
「Aに連絡を取ろうとしたが、ほとんど反応がなくなった」というのが、復讐の動機なんですか? それだたら、Aに対する復讐は過酷過ぎたね。
391: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 05:47:25.23 ID:GipnuZ4Z0
Aの彼女の股緩すぎワロタw
394: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 07:49:52.80 ID:UZXXSBAO0
Aに嫉妬しただけじゃないか
400: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 21:51:25.12 ID:PPYmkmFeO
自分もタヒぬほど憎い奴がいて復讐したい。人1人不登校にしといて反省もなにもない。
でも相手に復讐したら自分にかえってきそうで恐くてできない。かといってやられっぱなしはくやしすぎる。
出来れば卒業式あたりに盛大に復讐してやりたいんだけどいい方法ないかな?
401: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 21:58:41.22 ID:UbJpVQnFO
>>400 
時間はかかるが、お前が幸せに生きていくのが一番の復讐だ。
402: 本当にあった怖い名無し 2011/03/03(木) 22:03:43.52 ID:vhouLiBvO
んだ。>>401に賛成。 
412: 本当にあった怖い名無し 2011/03/06(日) 19:16:51.63 ID:oInPS9Hl0
>>389
妄想乙としか…
人間ってそんなに単純じゃないでしょ
リアルの友達いない子なのかな。

復讐とは違うけど、中学のとき自分の事いじめてた同級生に成人式で会ったときに、
自分の近況を話すだけで見返してやった気になれた。
幸せの物差しなんて人によりけりだけど、自分の方が幸せだって自信持って言えるから良いや。
まさに>>401の言うとおり、自分が幸せに生きるのが一番の復讐。

416: 本当にあった怖い名無し 2011/03/10(木) 02:58:13.40 ID:hXBRDDcc0
>>412
学生時代いじめられっこだったティムバートンが、
イジメ首謀者だったジョックスをヲチしてニヤニヤするためだけに
同窓会には欠かさず出席するって話を思い出した。
417: 本当にあった怖い名無し 2011/03/10(木) 13:48:39.65 ID:Pb+HbV8N0
成功者にだけ許された復讐方法だな

引用元:本当にやった復讐 3
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1291031307/

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪
女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】


スポンサーリンク