Pick Upされた人気記事

ずっと避けていたAは障害者様。結婚後、偶然Aと再会すると……A「私さんが部屋余ってるから住まわせてくれるって言ったのに」→「何様よ!障害者を見殺しにする気?!」

カテゴリ:キチ:友人・知人 コメント(0)
631: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 12:37:02.70 ID:9lz+QTRq

流れを読まずに悪いが報告したいから書くね。
長いし障害のこと言うから
若干胸糞かもしれんけど障害をかみした上で
神経わからんってやついるから報告させてもらう。
小学校からの付き合いで障害持った子がいる。Aとしよう。
障害は聞く限り、筋肉の発達障害、病名は知らん。
しかしそいつがまぁ横暴なのよ。
障害者って案外小学校の先生に怒られないし先生も起こりづらいそもそもあまり怒るようなことできないのに、
一ヶ月に一回はAが悪いと判決が出る問題を起こす。


スポンサーリンク


あまり関わりたくなかったので
一つ一つ問題を覚えてる訳では無いが
1番多かったのは班で発表する時に
自分の思い通りの話し合いに進まなかったら癇癪を起こし、
注意されたら癇癪を起こし
(注意と言っても静かにして、や、ここやってなどの小学生にありがちな注意、
その手の障害もち以外は普通にできること、
その手の障害を持ってるってことは
聞かされてないので普通に注意する)その度に怒られていた。

中学に入っても変わらず、グループワークが中心だった中学ではだいぶ浮いてた。
そして、日に日に増える体重を支えるほど筋肉はゆっくりだが発達してるんじゃないかという噂もあり、怒られる度に障害だからと言い訳するAは完全に似非障害者扱いだった。
(ちなみにAは小学校から豚のように太ってた。
筋肉が発達しないから
脂肪を吸収しないらしい、それもただ運動してないだけと捉えられていた)
更には空気を全く読まない。
私が同じ部活の子と帰っていると割り込んでくる。しかも私が話してる子との間に。
さらには、オタク部活の私らと、
未だにアニメはネコ型ロボットと春日部の話のやつしか見てないAとでは話が合うはずがなく、4人2列で丁度の歩道を歩いていて、
Aが私の間を割って入って来るので私がハブれて後ろで1人無言で歩くことに、1回無視して話し続けたら癇癪起こしたので面倒なのでもう何も言わないことにしてた。
私がひとりで帰ろうとした時はどんだけ遠回りしても着いてくるので1時間かけて撒いて帰ったことがあるくらい嫌いだ。
何にしたって興味のない話ばかりだからだ。
高校で別れるまでずっとAを避けてきた。
634: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 13:18:48.13 ID:9lz+QTRq

さっきまでが前提。
今わたしは26、新婚で、なかなかいい旦那が出来た。
高層ではないが念願だったマンションに住んでいて、最上階を旦那が買ってくれた。
北側には自分のマンションよりも高いビルやマンションがあるので景色はあまり見えないが、南側のベランダからは高い建物はないのでいい景色が見えて洗濯物も乾きやすい。
3LDKで若干広すぎると思ったことあったが、土地が安いところで育った旦那はもっと若干狭く感じてるらしい、
っと若干自慢が入ってすまそ
そんな幸せな日々を送ってるとある日スーパーでAにあった。
変わらず豚でうげってなりながら、捕まってしまったのでAの話に適当に相槌打ちながら逃げるタイミングを探っていた
話によると、高校は中退した、
私は障害者なのに全然優しくしてくれない、人としてクズばかりの学校だった。
(進学したのは支援学校ではなく普通の私立。公立はともかく私立なんか障害者の対応なんてしてない、
姉が障害者で私立行って辛い思いをしたので、助言したのにそのまま行って今まで障害者だからと甘く見られていたときでさえ耐えれなかったのに、
急に厳しくなって耐えれるはずがない。)
いまは工場で働いてるけど男ばかりでモテて困る(本当か知らん)
私の指輪を見て、結婚してるの?
旦那さん紹介して、あ、家も紹介して、もちろん最上階のマンションか一軒家ね。
といろんな要求されてさすがに無理だと思い、無理やり逃げ、歩いてきてたので走って家に向かった。
小中の時ように何度も迂回して
撒いたと思ってマンションのロビーに入ってったところを見たようで、
その日からずっとマンションの周りをうろちょろされて、
50部屋以上あるマンションのインターホン(部屋番押したらそこに繋がるアレ)
を一つ一つ押して言って、ついに仲良くしてた奥様が私の部屋番をこぼしてしまい、
私のところのインターホンが鳴った。
その時は誰かわからず普通に出てしまったが、帰ってきた声で誰かわかり、
すぐにきってしまった。

長くてごめんよまとめるの下手なんだ

635: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 13:20:49.22 ID:9lz+QTRq

そのあと何度もインターホンがなり無視し続けていました。すると旦那が奥から出てきて、インターホンに出て対応し始めました。
「どちら様ですか?」
「私さんの昔からの友達のAです。
旦那さんですか?私さんが部屋余ってるから住まわせてくれるって言ったのになかなか出てくれなくてぇ、
家賃とか決めたい(お前が決めるもんじゃねぇだろ)し、
実家から持ってくるものも決めなきゃなんで開けてください。」
旦那は振り返って私の方を向いて私が全力で首振ってるのを察して、
「妻はそのつもりは無いようですし、
そんなにインターホン鳴らして出ない入れないということは拒否してる事だと分かってください、
近所迷惑でもありますのでお帰りください。帰られないのであれば警察に通報します。」
「何様よ!障害者を見殺しにする気?!
人としてクズだ!お金がなくて困ってるのに助け合いの心もないのか!」
「私も身体的障害を患っています、
後天的なものですが今までできていたものが出来なくなる苦しさを知っています。
他にもたくさんの障害を持ってる方を見てきました、
でもあなたのように障害を理由に誰かに助けてもらおう、
優先されて当然と言っている方は見た事ありません。人の嫌がることをしても許されて当然という人を見た事ありません。
あなたは人を殺しても障害者だからと言い訳する人ですか?そう出ないならお帰りください。」
インターホンの向こうから返事はなかったし、私がAに会うことはなかった。
旦那は事故で片足の膝から下がない、義足付けていて長ズボンをはけば普通の人に見えるが、走れないし、屈むのも一苦労、しかし1度も障害者だからと言い訳したことは無かった。
Aも旦那を見習って欲しいよ

636: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 13:24:30.78 ID:9lz+QTRq

めっちゃ長いな、嫌な人はスルーしてください。書き捨てなので

632: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 12:55:42.14 ID:MSgE/zPY

さすがにこれは長い

637: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 13:27:42.34 ID:m2R8fhRq

>>636
時間返せ

641: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 14:21:26.77 ID:MSgE/zPY

誰か2文字でまとめて

642: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 14:22:48.22 ID:AcM6f2WC

>>641
馬鹿

643: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 14:26:13.66 ID:+RjsJrlm

中学の同級生障害者様で空気読めずにウザー
大人になってばったり再会したら新居嗅ぎ回られて突き止められて、私も一緒に住むから部屋貸してとマンションに突撃
断ると障害者に優しくない!と激怒やばい
でも私の素晴らしいだんな様が、友達が障害者様になってることを説教
旦那様も実は足片方ない障害者なのでした
私っていい旦那とマンション最上階の住まい持ってて幸せ!

二文字はムリでした

644: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 14:31:40.32 ID:MSgE/zPY

>>643
おー、よく分かりましたありがとう!

645: おさかなくわえた名無しさん 2019/03/09(土) 14:34:38.63 ID:sq3Mx6mX

すごいな

引用元: ・その神経が分からん!part441





管理人おすすめ記事!
※アンテナサイト経由で記事にジャンプします





韓国人の違法露天にコンビニで買った50連発式の打ち上げ花火を発射した結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

入学後一度も体を洗ってない悪臭を放つ801ヲタ!職員会議でヲタがプールの授業に参加することが決定し、キレた女子が暴れるヲタの頭を掴み洗面所の石鹸でゴシゴシ洗い始めた!

闇金「お前が勝ったら借金チャラ。負けたら保険入って死ね」親父は負けて走行中のバイクの前に飛び出した!それを聞いた俺は喧嘩友達30人とその怖い人たちの事務所に行った・・

偽物ヤクザの客が「今までワシを裏切った飲み屋のネーチャン、何人灰皿で頭割られたかな」と私を脅してきたので知り合いの本物のヤクザを呼んだwwwwwwwwwwwwwwwwww

オーナー「明日出勤時に1千万用意しろお前がいらん心配かけさせるから俺はストレスで借家を買った!お前にも責任がある」

哀川翔「男のクセにチマチマ騒ぐんじゃねぇよ」ヤクザ「何っ!」新幹線の中で一般人に絡む迷惑なヤクザを哀川翔が撃退!





この記事へのコメント