Pick Upされた人気記事

取引先の息子さんが要介護状態になってしまい、しかもその奥さんが子どもと金目の物を持って実家に逃亡してしまった、と言う話を彼女にしたら・・・

カテゴリ:冷めた コメント(0)
260: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/26(金) 16:12:31.31 ID:OBGlYsBE

取引先の跡取り息子さんか突然心停止して、一命は取り留めたんだけど脳機能に障害が。
会話も出来ないしほぼ寝たきりで回復の見込みも無く、氏ぬまで要介護状態になってしまった。
するとその奥さんが子供と金目の物を全て持って実家に逃亡してしまい、婚姻費用や離婚、慰謝料、養育費を要求してきてると、社長が怒り狂ってる。


スポンサーリンク



という話を彼女にしたら「でも奥さんはまだ若いんだし、やり直しきく内に解放してあげた方が良いよねー」と。
えー…じゃあ奥さん側が倒れた時、旦那側が金持って子供連れて逃げても良いって事?って聞いたら
「そんなの扶養義務があるんだから許される訳無いでしょw」だって。

自分でもビックリするくらいにドン引きして、別れ告げて逃げてきたよ。
結婚考えてたけど、しなくて良かったー。
265: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/26(金) 20:11:17.05 ID:LN+o6LtL

>>260
子供いるなら逃げるのはしょーがないと思うわ
もちろん嫁が倒れたときも、嫁だけ嫁実家に返品して当たり前

回復の見込みない&しかも高額な医療費はかかり続けるって、支えられるの親だけだろう
昔みたいに金持ちがいっぱいいる&一つの家族の子供が大勢いる時代なら
支えるのも可能だろうけどさーこのご時世だもの、無理だ

274: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/27(土) 18:27:13.48 ID:16SJJBLj

>>265
子供いるから、金は援助してもらってそのままでいればいいのに。
孫可愛さで何とでもなるし、金もひきだせると思う。
後遺症残って働けない人にカネカネ言ってもなあ。
そんな状態だと離婚も時間かかるだろうね。
子供いないなら、人生やり直しでいいけどね。

275: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/27(土) 20:11:22.28 ID:6EBdE5ON

>>274
そんなになった途端出てったんなら、それまでの夫婦関係が既に破綻してたんじゃないかな
子供の為に離婚は我慢してたとかね

270: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/27(土) 03:41:16.27 ID:vlLRvV6f

>>260
離婚は仕方ないし、体が不自由なら子育てできないから連れて行かれても仕方ないし
もしお金があるなら養育費は子供の権利なんだから払えと思うけど(でも多分お金は無いよね)
慰謝料取るのは違うだろって思うしむしろ払う方では
障害持ったのが妻でも夫でもね
それは前提で、気持ちの上で離婚が気の毒だと思うのは別問題で両立する

266: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/26(金) 20:24:55.57 ID:s976oGVY

これ離婚して生活保護と障がい者手当てで旦那を施設で面倒見てもらって
嫁は知人として面会が正しいと思う
自宅に引き取ったり
医療費が全部個人にのってきたら破綻する
男女逆でも配偶者に資産持たせて偽装離婚一卓

263: おさかなくわえた名無しさん 2019/04/26(金) 18:37:50.45 ID:doKv/+u6

稼ぎ手かどうかってところの違いじゃない?
知らんけど

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬問!205年目





管理人おすすめ記事!
※アンテナサイト経由で記事にジャンプします





韓国人の違法露天にコンビニで買った50連発式の打ち上げ花火を発射した結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

入学後一度も体を洗ってない悪臭を放つ801ヲタ!職員会議でヲタがプールの授業に参加することが決定し、キレた女子が暴れるヲタの頭を掴み洗面所の石鹸でゴシゴシ洗い始めた!

闇金「お前が勝ったら借金チャラ。負けたら保険入って死ね」親父は負けて走行中のバイクの前に飛び出した!それを聞いた俺は喧嘩友達30人とその怖い人たちの事務所に行った・・

偽物ヤクザの客が「今までワシを裏切った飲み屋のネーチャン、何人灰皿で頭割られたかな」と私を脅してきたので知り合いの本物のヤクザを呼んだwwwwwwwwwwwwwwwwww

オーナー「明日出勤時に1千万用意しろお前がいらん心配かけさせるから俺はストレスで借家を買った!お前にも責任がある」

哀川翔「男のクセにチマチマ騒ぐんじゃねぇよ」ヤクザ「何っ!」新幹線の中で一般人に絡む迷惑なヤクザを哀川翔が撃退!





この記事へのコメント